« 小雪の中で蝋梅と梅。 | トップページ | 雪の朝 »

2014年2月 8日 (土)

今のところ 乗る予定はありませんが・・・。

去年10月に運行を開始した JR九州(九州旅客鉄道(株))の クルーズ列車 「ななつ星 in 九州」 は 日本では最も豪華な寝台列車と言われています。

運行開始後,何度か TVの紹介番組を見て興味を持ちましたが,料金も豪華なので簡単に乗ってみようと言う気にはなれませんが,試しに 資料を送ってもらいました。

Img_6476Img_6477

・3泊4日コース
   スタンダード(パンフレットではスイート):\430,000~\465,000 ×2
   スイート(パンフレットではDXスイート):\600,000 or \700,000×2

・2泊3日コース
   スタンダード(パンフレットではスイート):\180,000×2
   スイート(パンフレットではDXスイート):\240,000 or \280,000×2

夫婦で3泊4日,DXスイートに乗れば 最高 \1,400,000 です。
コストパフォーマンスとしてバランスしているのかとの疑問があります。

Img_6479列車の編成は パンフレットを見ると,7車両で,1号車と2号車が 「ラウンジカー」と 「ダイニングカー」,他の5両が客室で スタンダードが3室/両×4両,スイートが 2室/両×1両 で合計 14室 で,全室に シャワー と トイレが付いています。

配置図では 乗務員の控室,調理室の所在が不明です。

 

Img_6480

7号車701号室(DXスイート)の後壁,パノラマヴューが魅力的ですが,説明書の「ご注意」を見逃してはいけません。

「途中,車両の方向転換を行いますので,DXスイート(7号車)が 必ず最後尾になるとは限りません。」

例えば 長崎本線の終着駅である長崎に着いた列車は,機関車(何故か ディーゼル機関車)のみ付け替えますが,編成をひっくり返すことはできないということですね。

又,「列車内は全て禁煙です。」 喫煙者は注意が必要です。

|

« 小雪の中で蝋梅と梅。 | トップページ | 雪の朝 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小雪の中で蝋梅と梅。 | トップページ | 雪の朝 »