« NHKで 「ロング・グッドバイ」 | トップページ | 「オイスター・ランチ」をリバーサイド・カフェで-広島市をTyrell FXでポタリング »

2014年4月24日 (木)

見出しに見る「勘違い」(その14)

「書道に惹かれました,筆を持ったソウルの外交使節」  2014/4/11 中央日報・日本語版
   ‘万年筆の代わりに筆を握り画仙紙に向き合ったアンエル・オドノヒュー駐韓アイルランド大使と夫のピーター・ブルレン夫婦は筆で「花」という単語を書くために孤軍奮闘中だ。’で始まり, ‘・・・ カン作家(ハングル・カリグラファー=書道家)は 「ここにいらっしゃる多様な方々が集まり,ハングルと韓国文化の優秀性を広く知らせて下さるように願う」と話した。’ で結ばれる記事です。
   ほぼ 「発音記号」であるハングルで書道?
   韓国に行った外交官がこれを書道と思い込まされ 韓国文化の優秀性を語らせられるのは喜劇です。

「安倍,米国にリニア技術無償提供」  2014/4/14 中央日報・日本語版
   ‘日本の安倍晋三首相が今月24日に行われる米国のバラク・オバマ米大統領との首脳会談で,「超伝導リニア新幹線」技術を無償提供する計画を発表する予定だ。・・・’と伝えています。
   事実だけを伝えています。
   見出しでの 隣国の元首の呼び捨ては どうしたことでしょう。「礼節の国」とは思えません。

「安倍首相がお見舞いメッセージ『支援の用意』=韓国沈没事故」  2014/4/17 朝鮮日報・日本語版
   ‘・・・16日に起こった旅客船沈没事故で多数の死者や行方不明者が出ていることを受け,安倍晋三首相は17日,朴槿恵大統領にお悔やみとお見舞いの気持ちを伝えるとともに,必要な支援を行う用意があるとのメッセージを送った。・・・
   実務的には 事故が発生した当日(16日),海上保安庁が 韓国・海洋警察庁に救助活動支援の打診をしましたが,韓国は これを辞退したそうです。
   韓国が,日本の救援・支援の申し出を辞退したことを伝える韓国の報道は見当たりませんでした。

「【社説】どうして大韓民国で旅客船沈没のような惨事が起きるのか」 2014/4/17 中央日報・日本語版
   意味が理解しにくい見出しです。記事を読むとー
   ‘・・・どうして後進国でも起きないような惨事が大韓民国で起きるのか。・・・’とあり,先進国として恥ずかしい事故との意味のようです。
   ‘・・・朴槿恵政権は安全な社会を実際に作るのか行動で見せてほしい。それが,地域の特性上工場勤労者が多い安山檀園高の生徒の保護者が,汚れた作業服姿で学校の室内体育館に駆けつけ,必死に子どもの安否を確認する今日の私たちの悲しい自画像の前で投じる切実な注文だ。’で結ばれています。
   自らを先進国であると考えるのは驕りでしょう。
   それにしても 「・・・ 汚れた作業服姿で学校の室内体育館に駆けつけ・・・」の記述で何を言いたかったのか分りません。

「【社説】乗客を残してわれ先に逃げ出した船長と乗務員」    2014/4/18 朝鮮日報・日本語版
   ‘・・・ 今回のセウォル号沈没事故では,本来なら数百人の乗客の命に責任を持つべき船長や乗務員らが,その責任を自ら放棄し,われ先にと船から逃げ出した。船乗りとして彼らが持っていた使命感,責任感がここまでひどいものだったのかと誰もが嘆かざるを得ないが,これはこのセウォル号に限られた問題だろうか。・・・
   われわれはこれまで築き上げた目に見える成果にのみ酔いしれてきたが,人命や安全を重視するルールや規範については何か邪魔者のようにわずらわしく考え,目を背けてきたのではないか。今回のセウォル号沈没事故における乗組員らの恥ずべき行動など,まさにその典型的な結果に他ならない。政府や企業をはじめとする社会全般において,今こそ厳しい反省と覚醒が必要だ。
’とのことです。
   これが 韓国人の民族性に由来するものなのか,戦後の韓国社会を凝縮した風潮なのか,フェリー会社の教育によるものなのか,個人の資質なのか,じっくり考える必要があります。
   日本が,国家として体を成さない朝鮮(大韓帝国)を見るに見かねて日韓併合に乗り出した時代から何ら変わってないのでは?

起こったことと,その報道の仕方で 韓国人の特性が分ります。

|

« NHKで 「ロング・グッドバイ」 | トップページ | 「オイスター・ランチ」をリバーサイド・カフェで-広島市をTyrell FXでポタリング »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHKで 「ロング・グッドバイ」 | トップページ | 「オイスター・ランチ」をリバーサイド・カフェで-広島市をTyrell FXでポタリング »