« カヤジャム 「娘惹咖椰」 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その17) »

2014年5月 7日 (水)

「刑事マディガン」を観て・・・。

Img_7069Img_7070

先日,NHK BSプレミアムで 「刑事マディガン」(‘Madigan’,1968)を観ました。
初めて観るわけではありませんが,46年前,おそらく大学一年の公開時に観たかどうかの記憶はありません。

マディガンを リチャード・ウィドマーク(‘Richard Widmark’,1914~2008),警察委員長(‘Commissioner’)を ヘンリー・フォンダ(‘Henry Fonda’,1905~1982),マディガンの妻・ジュリアを インガー・スティーブンス(‘Inger Stevens’,1934~1970),マディガンの相棒のボナーロ刑事を ハリー・ガーディノ(‘Harry Guardino’,1925~1995)が演じています。

インガー・スティーブンスは 強く記憶に残っている女優ですが,何の作品で印象に残ったのか テレビを含む出演作品を調べてみましたが,さっぱり思い出せないのが不思議です。

リチャード・ウィドマークが ニューヨーク市警の刑事を渋く演じます。
映画の中で着ている2着のダーク・スーツは どちらも  ウェスト・ダーツ(絞り)のない ‘Sack Suit’で三つボタン中一つ掛け,パンツは ‘Without Pleats’で,この時代のアメリカでは 最も服装に拘らない,しかしスーツを着る人(刑事,高校教師・・・)の格好です。このスーツならボタンダウン・シャツの組み合わせが普通ですが,レギュラー・カラーのシャツを着ていて,それが又 服装への無頓着さを感じさせ クールです。

冒頭で 拳銃を盗まれて,署で報告書を作成した後,ボローナ刑事と捜査に出かけるシーンの会話を じっくり聴いてみました。

*************************************

Img_7075Img_7076

“They gatta be kidding with this 72 hours.  What are we,miracle workers?”

“From anyone but Russell,I'd call it rough. From him,it's sweet charity.”

Img_7077Img_7078

“Why are we important enough for the Commissioner's personal attention?”

“I know him well.”

Img_7079_2

“He used to be a cop, what's the matter with him?”

Img_7080Img_7081

“I'll tell you what the matter with him.  With him, everything's eiher right or wrong.
There's no in-between.”

************************************

sweet charity’,直訳すれば 「優しい思いやり」(皮肉?)が,「寛大な条件」と訳されています。

「中間」は ‘in-between’で,名詞として使われていますが,形容詞でもあります。学校では習ったことがない単語です。
「中間」と和英辞典で引くと ‘interlevel’,‘medium’,‘middle’,‘midterm’など馴染みのある単語が出てきますが ‘in-between’はありません。
「中間物」と引けば ‘in-between’が出ます。
「間食」は ‘in-between snacks’ です。

|

« カヤジャム 「娘惹咖椰」 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その17) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カヤジャム 「娘惹咖椰」 | トップページ | 見出しに見る勘違い(その17) »