« 「ホキ美術館」に行った。 | トップページ | まだ使える Ralph Lauren の眼鏡ケース »

2014年5月29日 (木)

悪意はないが,わからないだけ?

先日,東京からの帰り,広島駅で新幹線を降りて 20時過ぎに呉線に乗り換えました。

首都圏の電車と違って それほど混んではいませんでしたが,立っている乗客はいました。
私は 電車の端のボックス席の車内を見渡せる位置に座ることができました。

車内を眺めると,ドア傍の二人掛けシートに,スポーツ・バッグを横に置いて一人で座っている男子高校生が目に入りました。
私の位置から かなり離れているので 「バッグを床か,網棚に置いて 席を空けなさい。」と注意はしませんでした。

高校生の前に立っている乗客も それが当たり前のように注意しないし,シートはバッグを置くところだと思っている高校生は,自分の前に立っている乗客のために席を空けることを犯罪と思っているかのように座っていました。

30分後,高校生が電車を降りました。
その時,シート上に転がしていた,飲み終わって空になったペットボトルを,彼の常識レベルからすると,一顧だにせず降りるのだろうと見ていると,驚くべきことに 空のペットボトルを手にして降りたのです。

勿論,幼稚園に入る前の幼児でも 親から躾けられれば このくらいのことはできるでしょうから 褒めるほどのことではありません。

この高校生は,ペットボトルの始末ができることからして,決して善悪の判断能力の発達が遅れているわけではないと思われます。
ただ,社会生活を送るために必要な常識を身につけることが,遅れているだけでしょう,今後 良い出会いがなければ 永遠に遅れたまま人生を終える可能性が強いのですが。

呉駅からバスに乗りました。

途中のバス停で,ステップを上るのに苦労する老人が乗ってきました。
乗って通路側の席に座ったその老人は,脚を組んで 通路上に足を出しました。
身体を横向きにせず,鞄を持って そのまま通路を歩けば足にあたります。

降りるとき,後ろから 老人の耳元で 「足が邪魔だから引っ込めてー」とお願いしました。
老人は,予想もしない突然のお願いに驚いたのか,もつれるように バタバタと脚をほどいて 引っ込めてくれました。

浮世の暮らしは大変です。

|

« 「ホキ美術館」に行った。 | トップページ | まだ使える Ralph Lauren の眼鏡ケース »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ホキ美術館」に行った。 | トップページ | まだ使える Ralph Lauren の眼鏡ケース »