« 「こゝろノート」 | トップページ | 国家競争力 2014 »

2014年5月23日 (金)

中国ネットユーザーのコメント(その41)

世界の電子掲示板(BBS)を日本語に訳して紹介するサイトがあり,中でも中国のネット・ユーザーの各テーマに対する皮肉がきいたコメントに感心します。(その41)です。

‘西洋人とは比較にならない「日本人の民度」’ に対して
(日本人の民度の高さを目の当たりにして非常に驚いたという経験を紹介している。大学で「ヒマワリの種を食べながら」の座談会で日本人留学生とさまざまな話をしたという。スレ主が日本人の民度の高さに驚いたのは座談会の終了後のこと。日本人留学生が床に散らばったヒマワリの種の殻をしゃがんで1つずつ拾い始め,その光景に「恥ずかしい思いをした」という。)
    「確かに日本人の民度は高い。それに責任感がある。何よりも辛抱強い。」
    「単純に民度やマナーだけを語れば,日本はアジアで1,2を争う国だ。」
    「低く見積もりすぎだ。民度が高いと思い込んでいる西洋人は,実はその民度はわれわれとさほど変わらない。日本人は比べ物にならないほど民度が高い。」
    「日本人は融通が利かないという点を除けば,民度については何も言うことはない。日本人自身は別に民度が高いとかは思っていないようだ。」
    → 中国人が中国でどのように振舞っても関係ありませんが,他国にあって その国のマナーレベルに合わせることができるように努めてほしいものです。

‘日本の道路も綺麗だけど,わが道路もこんなに綺麗だ’  に対してー
(「日本の道路も綺麗だけど,中国の道路もこんなに綺麗だ!」と 中国広東省の深圳市で撮影したという写真が紹介された。)
    「大都市は綺麗だろうが,小都市は汚いことこのうえない。」
    「中国の小都市へ来てごらんよ。見るに堪えないというのがどういうことか,よく分かるよ。」
    「単に道路清掃員のおかげじゃないか。日本は多くの市民の自覚によって清潔さが保たれている。」
    「毎日どれだけの清掃員が掃除をしていることか。」
    「写真の道路は清潔だが,空は鉛色をしてるけどね。」
    「どうせ中央から偉い人が来て会議をするからだろ。」
    → 自嘲的なコメントです。   

‘日中は兄弟のような関係になれるか?「現状は無理」’  に対してー
    「日本製品のボイコットをして日本に罪を認めさせる。」
    「日中友好は極めて難しい。」
    「中国人は日本人を骨の髄まで憎んでいるから無理。」
    「日本の若者が歴史を正しく理解することが日中友好の助けになると思う。歴史を知る人は中国に対して比較的友好的だ。」
    「日本は過去の過ちを認め,中国の領土を返還すれば友好を実現できる。」
    「安倍首相が辞めるのを待つしかない。」
    「中国が今の党のままだと見込みはないね。中国は国内の矛盾から国民の目を背けさせる必要があるから。」
    → 最後のコメントが正解だと日本人も思っています。

‘韓国は10年以内に世界最強の国家になっている?’  に対してー
    「韓国はすでに宇宙一の国なのにまだ満足しないのか?」
    「どの方面が最強なんだ? 妄想力が最強ってこと?」
    「韓国は凄いよ。韓国軍は自衛隊から弾丸を援助してもらってるし。結局韓国は情勢を見て風向きの良いほうにつくだけなんだよな。」
    「国防の指揮権もない国がどうやって強くなると? 重工業の生産能力もない国がどうやって強大になると言うんだ?」
    → 10年では無理でしょう。まずは劣等感を克服するところから始める必要があります。
        戦時作戦統制権の,米国からの移管が延期されて2015年末となったようですが,更に延期されるという話がありますね。

|

« 「こゝろノート」 | トップページ | 国家競争力 2014 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「こゝろノート」 | トップページ | 国家競争力 2014 »