« 見出しに見る「勘違い」(その24) | トップページ | 学生相撲の「マンガみたいな取組」が凄かった。(その2) »

2014年6月30日 (月)

学生相撲の「マンガみたいな取組」が凄かった。(その1)

「マツコ&有吉の怒り新党」というTV番組に,「日本人が知っておくべき 『新・3大 xxxx』」というコーナーがあり,毎回 そのマイナーでありながら斬新な選択に感心しています。

6月25日放送のこのコーナーは 「新・3大 宇良和輝のマンガみたいな取組」と題して,関西学院大学4年,相撲部の宇良和輝選手の取組(試合)を紹介していました。

3大・・・ というくらいなので 3番の取り組みが紹介されましたが,大相撲では ほとんど見ることがない,感動的な技は,録画で何度見ても飽きることがないほどです。

まず,宇良和輝(うらかずき)選手のプロフィールを紹介するとー
  ・身長 171cm,体重 85kg。入学したときは 65kgしかなかったが,筋トレと1日 5.5合の米飯によって体重を増やした。しかし,学生相撲でも小柄である。
  ・幼いころから 相撲と併行して レスリングをやっていた。
  ・並外れた身体能力・バランス感覚を有している。

Img_7387Img_7388

バク宙を軽々とこなす相撲部員は珍しいのでは・・・。

その1は,2013年 「全国選抜大学・実業団対抗相撲」での アマチュア相撲最強と言われる 松永六十四選手との取組です。

Img_7370Img_7371

Img_7372Img_7373

Img_7375Img_7376

Img_7369低いしきりから,もぐり込み
相手にマワシを取る暇も与えず,5秒で投げとばしました。

一瞬の技で,松永選手は 何が起こったか分らなかったのではないでしょうか。

Img_7378決まり手は 「伝え反り」で,2001年(Wikipedia では 2000年とある)に決まり手に制定されて以降,大相撲・幕内で披露されたのは 2002年9月場所で 朝青龍が貴ノ浪に決めた一回のみです。

Img_7384Img_7367


この大会で 宇良選手は準優勝しています。

Img_7382解説に出演した式秀親方(北桜)は絶賛し, 「ほしい」と本音をもらしており,各部屋も狙っているようです。

もし,力士になれば,大相撲ダイジェストを観るのが楽しみだった, 「平成の牛若丸」,「技のデパート」と言われた舞の海の現役時代の再来を期待できるのですが,現在4年の彼は 小学校の教員志望とのことです。

まだ 紹介された取組が残っています。
つづきは (その2)で - 。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その24) | トップページ | 学生相撲の「マンガみたいな取組」が凄かった。(その2) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その24) | トップページ | 学生相撲の「マンガみたいな取組」が凄かった。(その2) »