« 学生相撲の「マンガみたいな取組」が凄かった。(その1) | トップページ | 「ラストミッション」を観た。 »

2014年7月 1日 (火)

学生相撲の「マンガみたいな取組」が凄かった。(その2)

「マツコ&有吉の怒り新党」というTV番組に,「日本人が知っておくべき 『新・3大 xxxx』」というコーナーがあり,毎回 そのマイナーでありながら斬新な選択に感心しています。

6月25日放送のこのコーナーは 「新・3大 宇良和輝のマンガみたいな取組」と題して,関西学院大学4年,相撲部の宇良和輝選手の取組(試合)を紹介していました。 これは (その2)です。

Img_7385Img_7389

2番目の取組は 2012年 全国学生相撲選手権大会での日本体育大学との大将戦です。0勝4敗で 土俵に上がった関西学院大学チーム大将の宇良選手は滝田選手の攻撃(?)を搔い潜り,回転し,最後は脚をとりながら押し出しました。

そして,ハイライトは 3番目の取組,2013年 ロシアで開催された「ワールド・コンバット・ゲームズ」の相撲 85kgクラスでのロシア選手との一番です。

Img_7390Img_7392

違う方向からのカメラ映像を それぞれ左右に並べてみます。

Img_7394a1Img_7402b1

Img_7394a2Img_7403b2

Img_7395a3Img_7404b3

Img_7396a4Img_7406b4

Img_7397a5Img_7407b5

Img_7398a6_2Img_7411b6








白いマワシが 宇良選手です。

技が決まった瞬間,中継のアナウンサーが興奮して “Amazing!Unbelievable!”と叫びました。

レスリングと違って 自分の身体が先に土に付いたら負けなので,捨て身の技と言えるのでしょうか。

Img_7413Img_7416

この技を 「居反り」と言うそうです。

調べると,十両以上で もっとも近年 見られたのは 1993年1月場所で 十両・智ノ花が花ノ国に掛けた一番とのことです。
そして最も有名(?)なのは 1937年(昭和12年)1月場所で,大関 鏡岩が 横綱 男女ノ川をこの技で破った取組のようです。

宇良選手が 角界に入れば どうなるのだろうかと興味は尽きないのですが,本人が小学校教員志望なので 叶わぬ夢です。

|

« 学生相撲の「マンガみたいな取組」が凄かった。(その1) | トップページ | 「ラストミッション」を観た。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学生相撲の「マンガみたいな取組」が凄かった。(その1) | トップページ | 「ラストミッション」を観た。 »