« 何でもない「白い半袖シャツ」 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その25) »

2014年7月 4日 (金)

初めて 「号泣」 をTVで見た。

兵庫県民の皆さんは 今,さぞかし恥ずかしい思いをしていることと 同情いたします。

記憶にある限り,TVで初めて 大人が号泣するところを見ました。
そして,TVが 初めて 「号泣」 を正しい表現として伝えていました。

涙が流れてないところ(出そうと努力している雰囲気はあった)を除けば,正しい 「号泣」のパフォーマンスでした。
「号泣」は 涙ではなく 大きな泣き声です。

兵庫県議会 野々村議員の記者会見でした。

それにしても 年間195回の政務活動交通費を,独身でありながら(?) 訪問先の東京,福岡を含め 全て 「日帰り」として請求する神経,交通費がJRのみで訪問先での地下鉄もバスもタクシー費用も請求してない神経など,常人のそれを越えています。
「政務活動費」として 宿泊費は請求できない?もしくは ホテルの領収書がない,との言い訳が通用しないから?

Photo
活動報告も領収書もない政務活動費使用を3年間 野放しにした,税金で運営される組織とは?監査がない?

自ら開いた会見は何が言いたいのか 理解困難な内容でしたが,善意に推測して 要約して代弁するにー
「県民・国民のことを考えた大きな仕事をしているのだ。高が交通費をごまかしたくらいの小さいことで俺を責めるな。」 となるのでしょうか。
この思いを伝えるのに 号泣パフォーマンスを含めて 3時間を費やす能力の議員を3年間 居座らせた県議会は大丈夫でしょうか。
それ以前に,関係者の皆さん,これが業務上横領罪の可能性大であることが分っているのでしょうね,返金すれば済むと考えているなら大間違いです。
兵庫県警,神戸地方検察庁は動き始めたでしょうか。

本人は会見後,県政記者クラブに加盟する報道各社に対して,「会見で全て答え,質問が出尽くしたのを確認した」とした上で,「心身ともに疲れ果て,自殺に追い込まれるのではないかと不安で一杯」などと訴え,取材自粛を求める申し入れ書を配布したそうですが,世間は,あるいは 本人の他は 「質問が出尽くしたかも知れないが,全て答えてない」と考えています。訪問の行程,乗車した駅すら満足に答えないでいて,「全て答えた」はないでしょう。

因みに,この事件は 海外でも報道されており,
英国 ‘the guardian’紙 電子版は ‘Footage of Japanese politician crying at press conference becomes internet hit’という見出しで,記者会見の動画付きで報じています。
ほとんど日本人でも分らない,日本語になってない部分の動画なので 日本語が分らない外国人でも 状況認識は十分可能です。
この動画は世界に拡散し,「こんな赤ん坊のような政治家がいるのか!」 と,東京都議会に次いで 又,日本の評判を落とすことになりそうです。

因みに,CBS News の見出しは ‘Japanese politician melts down on camera’でした。
うまい表現です。この場合,‘melt down’は 「溶解する」ではなく, 「崩壊する」が適当でしょうか。

|

« 何でもない「白い半袖シャツ」 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その25) »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何でもない「白い半袖シャツ」 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その25) »