« 「オリーブおこわ」は どうだろう? | トップページ | 喫煙場所の案内があった。 »

2014年8月12日 (火)

呉市の歩道に立つ「幟旗」をどうする?

(写真は Google Street Viewから)

A

Photo

C

B

呉市,JR呉駅前交叉点ー駅から真っ直ぐ伸びる「今西通り」と JR線と平行に走る「国道31号」-の角,2013年10月の様子です。

呉駅の左側を北東に進み 国道31号を跨ぐ歩道橋を渡った場所の,3角形の植え込み付近の歩道スペースに「幟旗」が林立しています。
付近の 「パチンコ屋」,「不動産屋」,「学習塾」などのものです。
特に,4枚目の写真は 酷い風景です。
2枚目の写真には,幟旗を立ててない 置きっぱなしの基礎コンクリートもあります。
違法であることを知らないわけではなく,罰則がないのでやりたい放題,ということでしょう。

この状態に対して 「公道の不法占有物であるこれらの幟旗は,けしからん。これらを放置している呉市は観光都市を目指す気があるのか。」 などと言う前に,景観を汚す醜さが神経に障り,憂鬱になります。

市道と思われる今西通りにも接しているので 市役所のホームページから撤去指導依頼をしたところ,返事がありました。

・・・ 呉駅前の歩道橋付近の植え込みにつきましては,国道31号の管理区域のため,道路を管理する広島国道事務所へ情報を提供し,対応の検討をお願いしています。 

今後とも,道路を広く美しく安全にご利用いただけるよう,不法占用物件に対しましては,粘り強く指導を続けていきたいと考えていますので,引き続き,ご理解のほどよろしくお願いいたします。土木課」 とのことでした。

交叉点コーナー部は市土木課の管轄ではないようです。

市民が何を理解しないといけないのか(担当者が努力していること?),よく分りませんが,市民は 引き続き我慢しないといけないことは分りました。

それにしても,この状態が長期間放置されたままであることで思うのは,人々の,景観,敢えて言えば その「美醜」 に対する感受性に大きな差があり,少なくとも呉市においては,この状態を 許し難い醜さと感じる人が少ないのでは・・・ ということです。
今日も 幟旗がはためいていることでしょう。

諦めるか,我慢するか,この道を通らないようにするか,呉市民を辞めるか,難しいところです。

公道上の不当占有物はゴミと同じだろうと,市民がボランティア精神を発揮して撤去・廃棄などすると,違法行為になるので,公道上の違法物でも私有物には触れてはいけません。

*話は変わりますがー
台風11号が去ったあとの8月11日,「ツクツクボウシ」の鳴き声が聞こえて驚きました。まだ お盆が来ていません。子供の頃,「ツクツクボウシ」の鳴き声で 夏休みの終わりが近いことを知り,宿題の追い込みをかけました。
Wikipedia によれば ‘成虫は7月から発生するが,この頃はまだ数が少なく,鳴き声も他のセミにかき消されて目立たない。しかし他のセミが少なくなる8月下旬から9月上旬頃には鳴き声が際立つようになる。’です。
秋が早そうです。

|

« 「オリーブおこわ」は どうだろう? | トップページ | 喫煙場所の案内があった。 »

散歩・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「オリーブおこわ」は どうだろう? | トップページ | 喫煙場所の案内があった。 »