« 鋭い ペーパーナイフ | トップページ | 記憶に残る青春映画 »

2014年8月 9日 (土)

見出しに見る「勘違い」(その30)

「【社説】世界1000大銀行,韓国はわずか10行」  2014/7/2 朝鮮日報・日本語版
   ‘英国の金融誌『ザ・バンカー』が昨年末時点での自己資本を元に発表した世界1000大銀行ランキングに,韓国の銀行はわずか10行しかランクインしなかった。国別では米国が149行と最も多く,中国が110行,日本が91行,スイス35行,インド32行,ドイツ28行の順だったが,10行の韓国は13行のマレーシアをも下回った。世界1000大銀行の国ごとの保有数で韓国は22位にとどまった。’という内容です。
   ‘・・・ をも下回った。’が気になります。
   更に ‘韓国政府が「北東アジアの金融ハブ」を目標に掲げた金融成長戦略を発表してからすでに10年以上が過ぎた。ところが韓国における銀行の競争力は日本やシンガポール,香港などアジアの金融先進国に追いつくどころか,中国やインド,オーストラリアにも見劣りしているのが実情だ。’とあります。
   ‘・・・・ にも見劣りしている・・・ ’も気になります
  日本語が 正しく使われているとするなら,強い「驕り」があり,「謙遜・謙譲の美徳」が存在しない文化の国であることがよく分る社説です。

「『慰安婦振り返ってこそ未来に進む』 朝日新聞,右翼に反撃」  2014/8/6 中央日報・日本語版
   8月5日に 朝日新聞が,32年前の記事(慰安婦の強制連行)が誤報であることを 認めましたが,これらの記事を発端,あるいは根拠とする日韓関係の悪化,更には 国際的な非難,日本と日本人への評価の失墜と不利益などへの反省,国と国民への謝罪はありませんでした。更に,誤報の原因が 「専門家による研究の遅れ」などと言い訳し,この20年間に何度もあった誤りを認める機会を無視し,いつでもできた(再?)調査・検証を怠った意図的としか思えない失態を反省しているようすは見えません。
   そして,この記事に対する韓国紙の見出しと記事です。
   ‘・・・ 慰安婦関連報道の先駆者な役割をしてきた朝日新聞は,この日過去の一部記事の誤りについては率直に認めながらも「慰安婦として自由を剥奪されて女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質」としながら日本国内の保守勢力の「責任否定論」に警告した。・・・  杉浦編集担当役員は「過去の一部の不正確な報道が,慰安婦問題に対する理解を惑わしているという指摘もあるが,それを理由に『慰安婦問題はねつ造』,『元慰安婦に謝罪する理由はない』 などの主張をするには決して同意できない」 として「被害者を『売春婦』などとさげすんで自国の名誉を守ろうとする一部の論調が,韓日両国のナショナリズムを刺激して問題をこじれさせる原因を作っているため」と指摘した。’
   
朝日新聞を 「慰安婦関連問題の先駆的役割をしてきた・・・」 と褒めています。朝日新聞にとっては名誉なことなのでしょうか。 まさか 日本の名誉を傷つけること,あるいは 日本に汚名を着せることを社是とする新聞社ではないとは思いますが,勘違いしそうです。
一面トップで 「強制連行は誤報だった」と素直に訂正・謝罪記事を出すべきところを,「慰安婦問題の本質直視を」と題する声明文を一面に掲載し,直視すべきは 目的・原因の如何を問わず 虚報を流した自らであることを棚に上げ,「私たちはこれからも変わらない姿勢でこの問題を報じ続けていきます。」 とくれば,今後も道を誤り続けることを宣言しているようなものです。まことに残念でした,最後の機を逸しました。

「ホテルの自衛隊式典拒否 大使公邸に会場変更」  2014/7/11 聯合ニュース・日本語版
   ‘在韓日本大使館が主催する自衛隊の発足60年記念行事が行われる予定だったロッテホテル(ソウル市小公洞)が,開催前日に大使館側に行事の中止を通告したことにつについて,日本大使館関係者は11日,「ホテル側の一方的な通告を非常に遺憾に思う。行事は別所浩郎大使の公邸で開く」と話した。
 大使館は当初,11日 ロッテホテルで自衛隊発足記念行事を開く予定だったが,ホテル側は急きょ中止を通告。「国民の情緒を考慮して,日本大使館が予定していた行事を中止した」と説明した。また行事に対する正確な確認をせず業務を進め,国民に心配をかけたと謝罪した。・・・ ’
と報道しています。
   前年からの予約を前日になって 「貸さない」というのは非常識ですが,報道の中で 「ホテルが中止を通告した」とあるのは 日本語として間違いです。「契約を破棄した」 が正解です。中止するのは主催者です。朝鮮語との関係は分りませんが,日本語版を出すなら,まず 日本語の勉強が必要です。
   それにしても 民間会社の,他国(大使館)に対する無礼に韓国政府は一言もないのでしょうか? ウィーン条約違反である,大使館前の毎週のデモ・集会を放置する国ですから期待する方が無理というものでしょうか?
   こんな国際的非常識に韓国駐在の外交団もあきれたらしく,急遽会場となった日本大使公邸には例年になく各国大使が多く出席し,日本を激励し,オーストラリアの武官などはわざわざ胸に旭日旗バッジをつけてやってきたとのことです。

日本語が分ってないのかどうかわかりませんが,不可解な表現が多いようです。
朝鮮語を日本語に訳すことに無理があるのかも知れません。

|

« 鋭い ペーパーナイフ | トップページ | 記憶に残る青春映画 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鋭い ペーパーナイフ | トップページ | 記憶に残る青春映画 »