« “Waning ranks at law schools”の意味は? | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その31) »

2014年8月15日 (金)

中国ネットユーザーのコメント(その43)

世界の電子掲示板(BBS)を日本語に訳して紹介するサイトがあり,中でも中国のネット・ユーザーの各テーマに対する皮肉がきいたコメントに感心します。(その43)です。

‘日本と韓国,中国よりも民度が高いのはどっちか’に対してー
    「日本人の民度の高さは間違いないが,韓国人は高くない。」
    「中国人の民度も酷いものだが,韓国人だってそんなに変わらない。」
    「日本人の民度は本当に高い。つまり,日本と中韓両国を比較して論じることは日本を侮辱するに等しい。韓国人の民度は中国人とたいして変わらない。」
    「日本人の民度が高いというのはよく聞くけど,韓国人の民度が高いなんて聞いたこともない。」
    「うちの学校の韓国人留学生は,いつも自分はスゴイとか言っていて,サッカーなどスポーツをする時もギャアギャアうるさい。民度がずいぶん低いように感じる。」

    → わかったいるようです。

‘日本人が怖かった・・・幼少期の「洗脳」が原因?’  に対してー
    「子どものころ,周りにいた人で日本人を良く言う人はいなかった。」
    「大部分の中国人たちは自分と同じような幼少期を過ごしたのではないだろうか。」
    「中国共産党の中国人に対する洗脳は幼少のころから始まる。そして洗脳に終わりはない。」
    「今は洗脳が効きにくい。インターネットによって情報封鎖は解かれた。インターネットから遮断しない限り,情報統制は技術的に不可能になった。」
    「日本のことが好きな中国人はどんどん増えている。」
    「現実の世界では 日本のことが好きな中国人を1人も,見かけたことがない。」
    「なぜ日本と中国はここまで違うのだろうか。」
    「文化大革命のせいだろう。」
    「共産党の犬は自国の発展の話では建国から60年しか経っていないと言うくせに,文化の話になると中国には 5000年の歴史があると主張する。」

    → 中国共産党も大変です。時間の問題かも知れません。

‘日中関係は大切’ に対してー
(人民日報の国際版・環球時報(電子版)はこのほど,中国は日本から学ぶことが数多く存在し,日中関係は大切にすべきだという専門家による寄稿を掲載した。)
    「これは関係が改善する前兆だな。」
    「日中友好になるのか?これは良かった。」
    「ついに騒いでも無駄だと気付いたか。」
    「中日関係の改善が必要だからだろ。日本からの投資は4割も減ったそうじゃないか。」
    「どうやら中国のほうが日本よりも焦っているように見える。」
    「この専門家は愛国者たちに罵られるに違いない。」
    「頭がキレる専門家だ。」
    「指導者たちの考えは一般人よりも明晰だから,われわれが心配する必要はないのだ。」

    → どこまで信用できるか・・・。

‘反日愛国青年なんて相手にするな’に対してー
( 「日本へ留学に行きたいとの夢を語ったところ,愛国青年たちから“売国奴”と罵られた」とのこと。)
    「愛国青年たちなんか,いちいち相手にしてはいけない。」
    「わが国にはそういう輩が多いから無視したほうがいいよ。よくあることだ,オレは一言ごとに反論しているけどな。」
    「愛国青年たちは教養がないからな。そんな奴らを相手に理屈を述べるとスレ主の品位が下がってしまうぞ。」
    「愛国青年たちは単にスレ主が羨ましいのだろう。」

    → ‘過激な反日愛国を叫ぶ中国人たちは教養のない人が多い’とのイメージが 中国国内で定着しているようです。

|

« “Waning ranks at law schools”の意味は? | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その31) »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Waning ranks at law schools”の意味は? | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その31) »