« 基礎代謝量を上げるために・・・ | トップページ | 気になっていた幟旗がなくなっていた。 »

2014年9月29日 (月)

福岡市が10位

英国のグローバル情報誌 「MONOCLE(モノクル)」は 2006年(2007年?)の創刊以来,‘Liveable Cities’(住みやすい都市)を世界から選び,2008年からは そのリストを‘The Most Liveable Cities Index’と名付けて ‘Quality Life’のための トップ 25都市を発表しています。
(*英国の雑誌なので,
米国なら‘livable’となるところが ‘liveable’です。)

「この調査での重要な評価基準は,『安全性/犯罪』,『国際接続性』,『気候/陽光』,『建物の質』,『公共交通システム』,『寛容性』(原文は‘tolerance’),『環境』,『自然へのアクセス容易さ』,『アーバンデザイン』,『ビジネス環境』,『率先した政策の進展』,『医療』である。」 と示されています。

今年(2014年)も 6月17日に 「世界で最も住みやすい25の都市ランキング」(Monocle's Quality of Life Survey 2014) を発表しました。                                                          

   1

コペンハーゲン

  11  

シドニー   

   2  

東京

12

オークランド 

   3

メルボルン  

  13   香港   
   4   ストックホルム     14  ベルリン  
   5   ヘルシンキ     15  

バンクーバー

   6   ウィーン     16   シンガポール  
   7   チューリッヒ     17   マドリード   
   8  

ミュンヘン  

  18

パリ

   9  

京都   

  19   アムステルダム  
  10   福岡  

  20  

ハンブルグ   
       21 バルセロナ   
   

  22  

リスボン   
           23 ポートランド  
       24   オスロ 
           25   ブリスベン  

25都市の中に,東京,京都,福岡が入っています。
東京と京都には 何の違和感もありませんが,世界25都市に 「福岡」とくると,「何故だ」 と言うより先に,「よく福岡を知っていたね」 という感想が先にきます。

「福岡」の世界での知名度が,他の
24都市に比べて 同程度とは とても思えません。
選考理由に何の疑問もありませんが,選考者の博識ぶりに感心します。

福岡市に対する評価文章は次の通りです。

Public transport -Safe, clean and efficient. The metro connects the city centre and the airport (domestic and international) in 15 minutes.  

More than half of the city is covered in greenery; mountains, beaches and farms are not far away. 

Crime is low, small businesses are thriving and commuting by bicycle has become a popular option.

It's no surprise that Fukuoka is Japan's fastest-growing city. The city's recent designation as a national strategic economic zone should help its prospects too.

福岡市で学生時代の4年間を過ごし,今でも 宝くじが当たれば 福岡市に住みたいと思っています。
食べ物が加われば 私の評価と同じです。
ただ 「世界で10位」の評価は,25都市中 11都市にしか行ったことがない私には何とも言えません。

|

« 基礎代謝量を上げるために・・・ | トップページ | 気になっていた幟旗がなくなっていた。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 基礎代謝量を上げるために・・・ | トップページ | 気になっていた幟旗がなくなっていた。 »