« 見出しに見る「勘違い」(その43) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その44) »

2014年10月12日 (日)

‘Nobelprize.org’で ノーベル物理学賞 授章理由を読む。

ノーベル賞の公式ホームページ ‘Nobelprize.org’に 10月7日に掲載された 2014年 物理学賞発表のプレスリリースを読んでみました。

New light to illuminates the world’「世界を照らす新しい光」というタイトルで授章理由が述べられています。

This year’s Nobel Laureates are rewarded for having invented a new energy-efficient and environment-friendly light source – the blue light-emitting diode (LED). In the spirit of Alfred Nobel the Prize rewards an invention of greatest benefit to mankind; using blue LEDs, white light can be created in a new way. With the advent of LED lamps we now have more long-lasting and more efficient alternatives to older light sources.

今年のノーベル賞受賞者は,新しい,エネルギー効率が良く,環境にやさしい光源 “青色発光ダイオード(LED)” を発明したことに対して与えられる。
アルフレッド・ノーベルの精神に則り,賞は人類に対する最大の恩恵となる発明に報いるもものであり,青色LEDは 白色光を 新しい方法で,創り出しことができる。
LEDランプの出現で,私たちは今,古い光源に比べて,より長寿命で効率的な選択肢を持てるようになった。

When Isamu Akasaki, Hiroshi Amano and Shuji Nakamura produced bright blue light beams from their semi-conductors in the early 1990s, they triggered a fundamental transformation of lighting technology. Red and green diodes had been around for a long time but without blue light, white lamps could not be created. Despite considerable efforts, both in the scientific community and in industry, the blue LED had remained a challenge for three decades.

赤崎勇、天野浩 および中村修二が1990年代の初めに半導体により明るい青いビームを作りだし,照明技術の根本的変革を引き起こした。
赤と緑のダイオードはずっと前からあったが,青い光なしでは,白色電球を作ることができなかった。多くの試みにもかかわらず,青色LEDは 科学界および産業界において,30年間 課題のままだった。

They succeeded where everyone else had failed. Akasaki worked together with Amano at the University of Nagoya, while Nakamura was employed at Nichia Chemicals, a small company in Tokushima. Their inventions were revolutionary. Incandescent light bulbs lit the 20th century; the 21st century will be lit by LED lamps.

他の人すべてが失敗し,彼らは成功した。
赤崎は天野と一緒に名古屋大学で研究し,他方,中村は日亜化学工業(株)(徳島の小さな会社)の社員だった。かれらの発明は革命的だった。
白熱電球が20世紀を照らした,21世紀はLEDランプで照らされる。

White LED lamps emit a bright white light, are long-lasting and energy-efficient. They are constantly improved, getting more efficient with higher luminous flux (measured in lumen) per unit electrical input power (measured in watt). The most recent record is just over 300 lm/W, which can be compared to 16 for regular light bulbs and close to 70 for fluorescent lamps. As about one fourth of world electricity consumption is used for lighting purposes, the LEDs contribute to saving the Earth’s resources. Materials consumption is also diminished as LEDs last up to 100,000 hours, compared to 1,000 for incandescent bulbs and 10,000 hours for fluorescent lights.

明るい白色光を発する白いLEDランプは,長寿命で エネルギー効率が高い。
さらに,単位電力(W)当たりの 光束(lm :ルーメン)がより大きくなるように絶え間なく改善されている。通常の電球の16 lm/W,蛍光灯の約70 lm/W と比べ,最近の性能レコードはちょうど300lm/W以上になっている。
世界電力消費のおよそ4分の1が照明のために使用されるので,LEDは地球資源の節約に寄与する。寿命も 白熱電球の1,000時間,蛍光灯の 10,000時間に対して 100,000時間なので,省資源にも貢献できる。

The LED lamp holds great promise for increasing the quality of life for over 1.5 billion people around the world who lack access to electricity grids: due to low power requirements it can be powered by cheap local solar power.

電力網を備えておらず,電灯がつかなかった発展途上国の15億人も,消費電力が少ないLEDのおかげで,安いローカルのソーラーパワーによって光を獲得でき,生活の質が高まるだろう。

The invention of the blue LED is just twenty years old, but it has already contributed to create white light in an entirely new manner to the benefit of us all.

青色LEDの発明から ちょうど20年しか経ってないが,完全に新しいやり方で 私たちすべての役に立つ白色光を創り出して 既に貢献している。

*日本語らしくないところは 英語力・日本語力不足のせいです。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その43) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その44) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その43) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その44) »