« 朝日新聞の小さな(?)失敗 | トップページ | 直径 30cm近い 「クリスプブレッド」 »

2014年11月19日 (水)

久し振りの 「とっくりセーター」

30年近く 「とっくりセーター」(Turtlel Neck Sweater)を着たことがありませんでしたが,ツイードのスポーツコートの下に着ようと思って この5,6年探していました。

最近の 「とっくりセーター」 は薄手やカシミヤのもの,更に 装飾的な編み模様のものが多く,ラムズ・ウール や メリノ・ウールのやや厚手で シンプルなものがありません。
ツイードのスポーツコートに合わすには,ある程度の厚さ(糸の太さ)がほしいところです。
又,できれば ネックは「三つ折り」が望ましいのですが,「二つ折り」ばかりです。

Model先日,三軒茶屋にあるセレクト・ショップのホーム・ページで それらしいセーターを見つけました。
写真のモデルは「二つ折り」で着ていますが,私の首の長さを考慮すれば 「三つ折り」がちょうどよさそうな長さに見えました。ひょっとすると 「三つ折り」用として作られているのかも知れません。
シンプルな編み方で 糸もある程度の太さがありそうです。

実物を確認したいところでしたが,東京都世田谷区では そうもいかず,もっと詳細な写真を見ようと スコットランド製というブランド名から 検索しましたが見つからず,やや迷いましたが,この機会を逃すと もう条件を満たすものが見つかりそうもないと考え,発注しました。

Img_8016_2Img_8017_2

Img_8019_3期待通りの品物が届きました。

色は ‘Jet Black’(漆黒)です。

袖口,裾,首回りは 「リブ編み」で,ボディーは ごく普通の「メリヤス編み」(?)です。
ネックの長さは,「三つ折り」に十分な長さでした。

糸は太過ぎず,細過ぎず,ブレザーの下には やや厚すぎる感がありますが,ツイードのスポーツコートの下には ちょうどよい厚さです。

Img_8013_4Glengair’という初めて知るブランドでした。
ネットで調べても 製品を示した英国のサイトはヒットしませんでした。

この何でもない 「デザイン,編み方,糸」 のセーターが 今まで見つからなかったのが不思議です。

ここで問題になるのが,このセーターの下に着る下着です。
セーターが直に肌に触れるのは避けねばなりません。
冬でも 半袖の下着しか着ないので,「ユニクロで長袖のTシャツを買わないとー」 と言うと,「ある。長袖の下着はある。」と家人に返され,2枚の下着が出てきました。

18年ほど前,零下30℃が普通の,真冬のサンクトペテルブルクに,5週間 出張する際に準備した下着で,以来,一度も着てなかったものでした。
ANGLE のエアメリー’(メリヤスの二重構造 - 袋編み),温かそうです。
これに 「とっくりセーター」,「ハリス・ツイード・スポーツコート」を着れば,真冬でもコートなしでいけそうです。

「同じ生地の『モモヒキ』もあります。」と言われましたが,これは別途,考慮します。

|

« 朝日新聞の小さな(?)失敗 | トップページ | 直径 30cm近い 「クリスプブレッド」 »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝日新聞の小さな(?)失敗 | トップページ | 直径 30cm近い 「クリスプブレッド」 »