« 直径 30cm近い 「クリスプブレッド」 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その54) »

2014年11月21日 (金)

見出しに見る「勘違い」(その53)

「IKEA,東海を 『日本海』と表記…『近いうちに立場表明』」  2014/11/17 中央日報・日本語版
   ‘スウェーデンの家具会社 IKEAが日本海表記で物議をかもしている。
  最近開設されたIKEA Korea の公式サイトには 2013年の年間報告書が掲載されている。ところが IKEA の海外事業現況を示す世界地図を見ると,東海(East Sea)が日本海(Sea of Japan)と表記された地図が使われている。「東海/日本海」と併記されているのではなく 「日本海」と単独で書かれているのだ。また,北米・欧州国家を対象に販売されている装飾用壁掛けである超大型世界地図製品にも「Sea of Japan」と表記されていた。
  それだけでなく,IKEAのモバイルサイトにある「店舗位置検索サービス」にも東海が日本海と表記されている。
  IKEA Korea は日本海表記問題が起きると「IKEA本社とともにさまざまな対策を話し合っている状況で,近いうちに立場を表明する」と説明した。・・・ ’
と報道されています。
  国際企業の IKEA が,国際会議で決められた国際標準名 ‘Sea of Japan’と表記した世界地図を使うのは当たり前で,「立場を表明する」必要があるとも思えません。

「イケアに非難集中 商品などに 『日本海』 表記=韓国」  2014/11/18 聯合ニュース・日本語版
   上記と同様の内容を 聯合ニュースでは 次のように伝えています。
   ‘12月に韓国へ進出するスウェーデン家具大手イケアが,飾り物として販売する世界地図や同社ホームページの東海表記を「SEA OF JAPAN」とし,韓国人消費者から非難を受けている。
   イケアは聯合ニュースの報道があるまで表記のことを隠していたが,波紋が広がったことを受け,17日夜,「東海表記をめぐる事案について深く遺憾の意を表する。ご心配をかけた点をおわびする」と正式に表明した。
   ・・・
 問題は,イケアがこの商品を韓国での販売品目から外すことを早くから決めた一方,海外では販売を続けていることだ。米国や英国などでは今も同製品を販売している。この大型の壁掛け型の世界地図は米国製で,価格は129ドル。東海を「SEA OF JAPAN」と表記し,「East Sea」や「Sea of Korea」という併記はない。
 イケアは製品開発を担当するイケア・オブ・スウェーデンでもこの問題を検討しているとしたが,地図の修正や販売の一時中止などの具体的な対応に関しては言及しなかった。さらに一部の商品は日本など他国に比べ,韓国での販売価格が高く設定され,インターネット上では不買運動を呼びかける動きも出ている。’

   IKEA スェーデン本社では,「噂には聞いていたが,これほど異常な国とは思ってなかった。」と 実感し,進出した(しようとした)ことを後悔しているかも知れません。
   オープン前の撤退はあり得ないでしょうか?

「IKEAコリア,『日本海』表記を謝罪」  2014/11/18 朝鮮日報・日本語版
   そして朝鮮日報は 「謝罪」まで進んでいます。
  ‘「東海(日本名:日本海)表記関連事案について深い遺憾の意を表します」
  ・・・ 韓国1号店を来月オープンさせる「IKEAコリア」は17日,問題になっている製品の東海表記について正式にコメントした。
    IKEAコリアは「今回の事案により,ご心配をおかけしたことをおわび申し上げます。今回の事案をIKEAのグローバル次元で真摯に認知し,話し合っていることをご報告申し上げます」としている。
 さらに,「海外の一部店舗で販売されている装飾壁掛け製品の東海表記については既に認知しております。これに関する内容をIKEA製品の開発を担当しているIOS(IKEA of Sweden)に以前から要請しているところです」とも説明した。
 ・・・ IKEAコリアは「今回の事案は既にIKEAグローバル内で深く考慮し,話し合ってきました。IOSでもその内容を検討中です」と告知した。  ・・・ ’
と報道しています。
   国際標準を無視した理不尽かつ強圧的抗議で謝罪を求められる国であることが 1号店オープン前に分ったIKEAの今後の対応を注視しましょう。

「IKEAコリア 『日本海表記問題の地図はリコールしない』…理由は?」 2014/11/19 中央日報・日本語版
   ‘IKEA Koreaが “日本海表記” 地図の修正について議論しているものの,リコールはしないことを明らかにして顰蹙を買っている。
   IKEA Korea のリテールマネジャーであるシュミットガル氏は19日,IKEA光明店の事前公開イベントの会場で 「東海(日本名・日本海)表記問題に関連し,韓国消費者にお詫び申し上げる」と伝えた。
   また,シュミトゥガル氏は 「装飾用壁掛け地図に出ている表記を手直しする案があるか本社と継続して話し合っている」と明らかにした。あわせてこの問題が早く解決されるように最善を尽くしていると伝えた。しかし、リコールについては「安全性が疑われる時だけ行う」という原則を掲げて,リコールは行わないことを明確にした。
   これに先立ち,米国や英国などで販売している IKEAの大型世界地図で東海を日本海と単独表記されていることが明らかになって論議をかもしていた。
   一方,IKEAは来月18日,韓国第1号店の光明店をオープンさせる予定だ。’
と報道しています。
   「1号店のオープン取止め,韓国からの撤退」はしないようですが,国際標準名が気に入らないと リコールを求める国に進出する大変さが分ったことでしょう。
 
   相手を選ばぬ妄動の国であることが世界に広まっていきます。
今後,韓国に進出する企業は 社内に ‘正しい世界地図’を貼ることも,‘正しい地球儀’を置くこともできないことを知り,その覚悟で韓国に進出を決めることが必要のようです。
   「日本海は,かつて世界から 『朝鮮海』 や 『東海』 とも呼ばれたことがあった。現在,韓国は 『東海』と呼んでいる。だから,世界地図には 『東海』 あるいは 『朝鮮海』と示すべきだ。少なくとも併記すべきだ。」 という思考回路を理解できる人は,日本人でなくとも稀でしょう。

|

« 直径 30cm近い 「クリスプブレッド」 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その54) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 直径 30cm近い 「クリスプブレッド」 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その54) »