« “Black Friday” には Mailが飛び込む。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その56) »

2014年11月29日 (土)

見出しに見る「勘違い」(その55)

「インスタントラーメン消費量,韓国人が世界トップ 予想はしたが… 」  2014/9/11 中央日報・日本語版
   誇っているのか,恥じているのか,よく分らない見出しです。
   もし,誇っているなら 勘違いです。
  ‘最近世界インスタントラーメン協会が調査した結果,韓国人は昨年1人あたり 74.1個のインスタントラーメンを食べ,世界で最も多かった。5日に1個のペースでインスタントラーメンを食べたということだ。2番目に多いのはインドネシア人で,1人あたり 60.3個だった。’とあり,後半で,健康面の問題を記述しています米ハーバード大研究チームは,インスタントラーメンを1週間に2回以上食べる女性の場合,高血圧,高血糖,高脂血症,肥満を誘発する各種メタボリックシンドロームになる危険が68%高まると警告した。特に,筋肉量が少ない女性が男性より成人病に脆弱だという。’
   「何でもいいから 世界一になりたい」 という気持ちがありながら,健康によくない,と矛盾した気持ちで報じています。
   インスタントはあくまで 「本物の代用」でしょうが,韓国では ラーメンと言えば 「インスタントラーメン」を指すようです。
   因みに 「世界インスタントラーメン協会」とは何だ,と思いながら調べると,次の記述がありました。
   
「世界ラーメン協会(WINA)は,即席めんの品質の改善および消費拡大を図り業界発展と世界の食生活に貢献することを目的に,IRMA(International Ramen Manufacturers Association)として1997年3月に設立されました。2006年に即席めんの国際基準CODEXが採択されたことを受け,CODEXのカテゴリー名称である ‘Instant Noodles’に準拠すべく,会の英語名称を 2007年2月より WINA(World Instant Noodles Association)に変更致しました。当協会では 『食の安全』確保のための研究や情報共有、および災害時の即席めん支援など精力的な活動をしております。」
 
WINAの会員(会社)は世界 20か国以上に分布しており,日本は11社,中国は14社,そして韓国は 1社が会員です。

「東海=East Sea of Koreaに」  2014/10/14 中央日報・日本語版
  大胆な見出しです。
   ‘韓国セヌリ党の李相逸議員は10月13日,東北アジア歴史財団などを対象にした国会の教育文化体育観光委員会国政監査で東海(トンへ,日本名・日本海)の英文表記を「East Sea of Korea」にすることを主張した。
   李議員は「政府機関はホームページなどに『East Sea』と表記するが,このようにすれば外国人はどこの国の東海なのかよく分からない」とし「中国の東側の海は東シナ海(East China Sea)など,海の名前に国名を付けるのが国際慣例」と述べた。’
そうです。
   韓国が朝鮮名,英語名で日本海を何と呼ぼうと関知しませんが,国際慣例を持ち出すことは無意味です。日本海は,国際慣例に拘らず,日本名ではなく国際会議の決定による国際名です。
   国内だけの呼称に国際慣例は不要です。

「【社説】恥ずかしい『整形大国』韓国,医療界の自省が必要だ」  2014/10/14 中央日報・日本語版
   ‘世界医師協会(WMA)が,未成年者に対する美容整形手術をしてはならないというガイドラインを発表した。WMAは定例総会で「子供たちは身体が完全に成熟していないために,整形手術が危険なこともある」として未成年者対象の整形手術の広告・マーケティングの禁止を提案した。
   WMAのガイドラインが最も至急に適用されなければならない国は,まさに韓国だ。未成年者の美容整形が盛んに行われているからだ。高校3年の生徒が修能(日本の大学入試センター試験に相当)を終えた後いわゆる「修能整形」を受けるのは主流になり,中学3年生の生徒たちが「休暇整形」を受ける事例もよくある・・・
   だがインターネットでは,中3の生徒たちが長期休暇の時に二重まぶた・鼻の整形手術を受けた経験談を簡単に見ることができる。一部の整形外科は「休暇割引」,「学生割引」などの文面を前面に出して未成年者の整形をあおっている。両親の同意を代わりに受けてくれるという代行業者まで登場したほどだ。
  ・・・
  韓国も昨年1月,セヌリ党が未成年者の部位別整形を制限する医療法の改正案を提出した。だが大韓医師協会は反対意見を明らかにした。医師の診療決定権と未成年者の幸福追及権を侵害するという理由であった。政府も消極的だ。・・・ この法案は2年が過ぎようとするのにいまだ国会常任委で議論にさえなっていない。
   韓国の医療界は集団利益にとらわれて国際的な流れに逆行していないか振り返るべきだ。医師の権利侵害をいう前に,青少年に及ぼす悪影響を最小化するために自浄の努力を傾けなければならないということだ。’
との報道です。
   社説として尤もな見解ですが,医師にとっては,医療の目的,患者の利益より 自身の利益が優先するようです。

おそろしい国です。

|

« “Black Friday” には Mailが飛び込む。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その56) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Black Friday” には Mailが飛び込む。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その56) »