« 見出しに見る「勘違い」(その51) | トップページ | 2014 Top 100 Global Innovators »

2014年11月14日 (金)

見出しに見る「勘違い」(その52)

「【グローバルアイ】「捏偽変創」は完全な排除対象か」  2014/10/4 中央日報・日本語版
  ‘今週NHKで始まった朝の連続ドラマ『マッサン』が大ヒットしている。・・・
   『マッサン』は日本のウイスキー会社「ニッカウイスキー」を創立した竹鶴政孝の愛称。ニッカとともに2大ウイスキー会社の「サントリーウイスキー」で初代工場長まで務めた「日本ウイスキーの父」だ。’
で始まる記事で 見出しとどのように関係するのだろうかと読み始めて驚きました。
   ‘・・・ これくらいになると立派な偉人伝だ。しかし,本当にそうだろうか。
   62年に日本を訪問したリチャード・バトラー英副首相は 「ある青年が万年筆とノートでウイスキー製造技術の秘密をすべて盗み出した」と述べた。竹鶴のことだ。言葉は「オンリーワン」だが,結局は「コピー」 だったという冗談性の抗議だ。・・・
   実際,会社名「ニッカ」も「大日本果汁」の略字。数年後,リンゴジュースの商売がうまくいかなくなると,在庫のリンゴを利用して蒸留酒を作り,“ついで”に少量のウイスキーを作り始めたというのが「隠れた定説」だ。
   日本の「成功神話」の多くはこのようにファクション(Faction)だ。ファクト(Fact)にフィクション(Fiction)が適切に加味されている。結果が良いため過程が美化され,このような「創造ストーリー」となる。誇張を少し混ぜて表現すれば「捏偽変創(捏造+偽造+変造=創造)」だ。ドラマ『マッサン』から中国のモバイル会社シャオミ(小米)が思い浮かぶ。iPhoneのデザイン模倣はもちろん、社長までがスティーブ・ジョブズの服装を真似た。しかし模倣力が競争力となった。シャオミはアップルだけでなくアマゾンなどすでに成功した数多くの事業モデルを組み合わせて完全に自分のものにした。中国式「新捏偽変創」だ。
   問題はその成功ストーリーが恐ろしい速度で増えているという点だ。なら,韓国はどれほど多くの「捏偽変創」を持っているだろうか。あまりにも高尚な「創造経済」ばかり叫んでいるのではないだろうか。世の中は速く動いている。中国の国慶節連休を迎え,中国人観光客で賑わう銀座の街で思ったことだ。’
という金玄基・東京総局長の書いた記事です。気は確かでしょうか。
   日本には 「捏偽変創」があり,韓国は 高尚な「創造経済」ばかり叫んでいるそうです。
   韓国に存在するものに 日本の遺構,日本や欧米などからの技術支援,コピー,窃取の結果ではないものを探すのは困難でしょう。「自動車」,「造船」,「製鉄」,「家電」,「高速鉄道」,「 IT 」,「食品」,「言葉」,「武道」 ・・・ 限がありません。 「創造」と誇れるのは,「キムチ」と「ハングル文字」と,あとは? せめて 人工衛星を自国で開発したロケットで打ち上げられる国になってから 他国の「捏偽変創」を語りましょう。
どの国もロケット技術流出にはガードが固く,お家芸のコピーも簡単にはできないでしょう。
尚,竹鶴さんは 1934年に 大日本果汁(株)を設立,1940年にウィスキーを発売しています。
準備期間,熟成期間を考えれば 設立時からの計画どおりだったことは自明でしょう。
又,バトラー英副首相の言葉は 「冗談性の賞賛」と受け取るのが文明人です。

「独島:島を守る最善の方法は『村』を作ること」  2014/10/5 朝鮮日報・日本語版
   ‘「独島(日本名:竹島)を守る最善の方法は,10世帯ほどが常時居住する『独島村』を作ること」 これは,10月10日に独島研究保全協会(会長:シン・ヨンハ・ソウル大学名誉教授)の学術討論会で発表を予定している,金晧東・嶺南大学独島研究所研究教授の提案だ。・・・ 金教授は,あらかじめ提出した「独島村政策強化案」と題する発表文で ・・・ 「10世帯ほどが居住する有人島にすることが,独島の実効的占有を完成させる最も効率的な方法」と主張した。
 金教授は,独島の住民が現地で観光業・漁業などに従事できるよう,総合的な対策を整備すべきだと主張した。金教授は「独島に居住する住民が2-3世代になったら国有地を私有地に払い下げるというのも『独島村』を維持するための方法」と語った。
 ・・・ シン・ヨンハ会長は「安倍晋三首相の就任後,日本は軍事大国化を推し進め,一層露骨に独島の領有権を主張している。韓国も,独島の領有主権をどう守るか真剣に検討し,対策を樹立すべき」と語った。’
と,真剣に報じています。
   不法占拠も手が込んできます。更に 強く,しつこく,明確に 日本が領有権を主張すれば,次々に馬脚を露わしそうです。

メディアも大学教授も,劣等感で一杯です。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その51) | トップページ | 2014 Top 100 Global Innovators »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その51) | トップページ | 2014 Top 100 Global Innovators »