« 18年前,デノミ前のルーブル紙幣 | トップページ | 新しい年の初めにー »

2014年12月31日 (水)

内閣府 「竹島に関する世論調査」結果の概要

2014年12月25日,下記要領による ‘「竹島に関する世論調査」の概要’として 政府広報室による発表がありました。http://survey.gov-online.go.jp/tokubetu/h26/h26-takeshima.pdf

Photo
調査項目から 2項目の結果を紹介します。

下図は 「3. 竹島に関して知っていること」 の割合です。

A
竹島が日本の領土であること」を知っている人が 77%,「韓国が不法占拠を続けていること」を知っている人がが 63.7% と,予想より 少ない結果です。

特に,「韓国が 『李承晩ライン』 を国際法に反して 一方的に設定し,そのライン内に竹島を取り込んだこと」を知っているのが 34% で,3人に1人しか知らないことに驚きました。
1952年から1965年にかけて 存在し,日本の漁船に対する 「抑留者数:3929人,拿捕船舶数:328隻,死傷者数:44人」の国際犯罪の元凶であった李承晩ラインを知り,韓国(人)の本質を理解しておくことは 今後の彼等との付き合い方を誤らないために重要です。

下図は 「竹島への関心度」です。

Photo_2
関心がある人が 2013年の71.1%から 66.9% に減少しています。

結果からすると,政府はさらに「竹島」に関する広報に力を入れる必要がある,ということでしょう。

|

« 18年前,デノミ前のルーブル紙幣 | トップページ | 新しい年の初めにー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 18年前,デノミ前のルーブル紙幣 | トップページ | 新しい年の初めにー »