« 日本の高齢者は,世界標準からみて 幸せか? | トップページ | 「96時間/レクイエム」を観た。 »

2015年1月 9日 (金)

L.A.Times への反論

慰安婦問題をめぐり,米紙ロサンゼルス・タイムズが 2014年12月11日付社説で「日本のナショナリストが慰安婦に関して,歴史を修正しようとしている」(Japanese Nationalists Attempt to Revise History on “Comfort Women”と報じ(弊ブログ 2014/12/27 掲載),これに対して堀之内秀久駐ロサンゼルス総領事が同紙への反論文を投稿して,12月24日付の同紙に掲載されたので 拙訳と共に紹介します。
ニューヨーク・タイムズ紙の社説 ‘Whitewashing History in Japan’に対しては,草賀純男駐ニューヨーク総領事の反論が 12月14日に掲載されています。(弊ブログ 2014/12/26 掲載)

*************************************

L.A.Times 2014/12/24

Japan is honest on history and 'comfort women'

「日本は 歴史と『慰安婦』に対して 誠実です」

To the editor: The notion that the Japanese government denies or downplays history is misleading. Following the stance of the past administrations, Prime Minister Shinzo Abe has expressed his sincere commitment to face history with humility on numerous occasions. ("Japanese nationalists attempt to revise history on 'comfort women,'" Editorial, Dec. 11)

エディタ殿:
日本政府が歴史を否定しているとか,軽視しているという考えは,誤解である。
過去の政権の姿勢を継承し,安倍晋三首相は,多数の出来事に対して謙虚さを伴って誠実に歴史を直視してきた。
(「日本の国家主義者は 『慰安婦』に関する歴史を修正しようとしている」 12月11日)

On the issue of "comfort women," the Abe administration made clear on June 20 that it will uphold the Kono Statement of 1993 and expressed that we are deeply pained to think of all those who suffered immeasurable pain. This government position remains unchanged.

「慰安婦」の問題に関して,安倍政権は 1993年の河野談話の支持を6月20日に明確にし,計り知れない痛みで苦しんだすべて人々のことを思うことへの深い痛みを表明している。この政府の立場は変わってない。

On the other hand, I strongly oppose the installation of "comfort women statues" in California, where very diverse populations from many backgrounds coexist peacefully. Such installations will bring about unnecessary resentment and friction into local communities, break up sister city relations and marginalize very important parts of the community.

他方,私は 多くの背景を持つ 非常に多様な人々が平和的に共存しているカリフォルニアでの「慰安婦像」の設置に強く反対する。
このような設置は 地元のコミュニティに,不必要な憤りと摩擦をもたらし,姉妹都市関係を壊し,コミュニティの非常に重要な部分を軽んじることになる。

Japan's recent effort to reevaluate its national security policy has nothing to do with the history issue. It is a direct response to the recent fundamental changes in the Asia Pacific security environment. By strengthening Japan's deterrence capability, our ultimate goal is to better protect the lives of Japanese citizens and enhance world peace.

日本の国家的安全保障方針を再評価する最近の努力は,歴史問題とは無関係である。これは,アジア太平洋安全環境の最近の根本的変化に対する直接的な反応である。
日本の戦争抑止力を強化することによる我々の最終的なゴールは,日本国民の生命を守り,世界平和を強化することにある。

Japan's commitment as a peace-loving nation remains unchanged.

平和を愛する国としての日本の公約は不変である。

Harry H. Horinouchi, Los Angeles

The writer is consul general of Japan in Los Angeles.

*************************************

あとは ワシントンポストに対する反論ですね。

|

« 日本の高齢者は,世界標準からみて 幸せか? | トップページ | 「96時間/レクイエム」を観た。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の高齢者は,世界標準からみて 幸せか? | トップページ | 「96時間/レクイエム」を観た。 »