« 見出しに見る「勘違い」(その69) | トップページ | 「エクソダス:神と王」を観た。 »

2015年1月30日 (金)

見出しに見る「勘違い」(その70)

「現代経済研究院 『韓国1人当たりのGDP,2年後には日本追い越す』」  2014/12/22 中央日報・日本語版
   ‘来年(2015年),韓国の購買力基準による1人当たりの国内総生産(GDP)が日本と対等な水準に成長し,2016年には日本を上回るとの展望が出た。
  現代経済研究院が12月21日発表した「報告書2015年国内トレンド10+1」によると,来年(2015年)韓国の1人当たりの購買力基準のGDPは 3万8760ドルで3万9180ドルの日本に接近し,2016年には 3万9828ドルで 3万9669ドルの日本を追い越すと報告書は分析している。
  購買力基準のGDPは,所得を単にドルで表示した一般のGDPとは違い,該当国家の物価水準を反映して実質所得と生活水準まで計れるようにした経済指標だ。
  報告書は「日本の潜在成長率が 0%台である半面,韓国は3%台を維持しているため格差は更に大きくなる見通し」としながら「日本のように長期景気沈滞に陥ることがないように成長潜在力を拡充して経済体質を改善し,国民生活の質も向上させなければならない」と指摘した。’
そうです。
   健闘を祈ります。

「『韓国に親しみ感じない』日本人66%,過去最高」  2014/12/22 中央日報・日本語版
   ‘日本人3人に2人は韓国に親しみを感じていないことが調査で分かった。
  日本内閣府が10月,全国20歳以上の男女1801人を対象に行った例年の国民意識調査で,韓国に「親しみを感じない」と回答した人は 66.4%と,1975年に調査を始めて以来最も高かったと,日本メディアが 21日報じた。これは昨年の同じ調査と比べ 8.4ポイント高く,日本国内の反韓感情がますます深刻になっていることを見せる結果と解釈される。
  今年の調査で韓国に「親しみを感じる」という回答は昨年より 9.2ポイント減少した31.5%にとどまり,過去最低だった。韓流ブームの真っ最中だった2009年,好感度が63%を超えたが,現在「親韓派」は半減している。
   NHKをはじめとする日本メディアは「李明博大統領が 2012年8月に独島(日本名・竹島))を訪問した後、親しみを感じるという回答が3年連続で低下している」とし「今年も軍慰安婦問題などをめぐる従来の外交葛藤に加え,朴槿恵大統領の私生活関連記事を書いた産経新聞の記者が韓国の検察に起訴されたことが良くない影響を及ぼしたはず」と分析した。  ・・・  ’
と報道しています。
   NHKの分析のみしかありません。社として,あるいは韓国人としての分析と感想がほしいところです。

「【BOOK】日帝が朝鮮人の科学教育を妨げた理由は」 2014/12/25 中央日報・日本語版
   チョン・インギョン著 『ニュートンの無情な世界』の紹介です。
   ‘「朝鮮の人に何よりもまず科学を与えなければならない。知識を与えなければならない」。イ・グァンスの『無情』(1918)に出てくる開化論者ヒョンシクの誓いだ。植民地朝鮮の多くの知識人は,抑圧的な帝国主義と封建の残滓のもとで疲弊した民衆の人生を救う方法を科学に求めた。西洋の圧倒的な軍事力に清がひざまずくのを見て,朝鮮人は科学の恐ろしさを痛感した。
     ・・・・   
  日本の科学の発展も,西欧の後を追っていち早く固めた土壌の上で可能だった。アジア帝国を熱望した日本は、軍需産業の発展のために科学研究に拍車を加えた。人的ネットワークが不足していたためにアインシュタイン・ボーア・ハイゼンベルクなど当代最高の科学者を日本に招いた。同時に数多くの若い科学者を世界の有数の研究機関に送った。このような努力は1949年に湯川秀樹が日本で初めてノーベル物理学賞を受賞する成果としてあらわれた。
  一方,科学文明を夢見た日帝の朝鮮人らの努力は凄惨に踏みにじられた。日帝は朝鮮人の科学技術教育と高等教育を徹底的に押さえ込んだ。日帝時代に科学教育に努めたキム・ヨングァンは日帝の弾圧の中で獄中生活を経験した後,寂しい余生を送った。1946年,日本物理学会創立当時の登録会員数は 2293人である一方,解放前に物理学論文を発表した朝鮮人は4人に過ぎなかった。科学は少なくとも朝鮮人にとっては,無情な存在だった。’
とのことですが・・・。
   「日帝が朝鮮人の科学教育を妨げた」の根拠は何でしょうか?
  朝鮮総督府は漢字偏重で使われてなかったハングルの普及に努め,日韓併合前の朝鮮人の識字率 3割を 敗戦時には8割程度と 教育の基礎を固めました。
  1924年には,大阪帝大,名古屋帝大より早く 京城帝大を設立し,初期は 「法文学部」と「医学部」,1938年には 「理工学部」の予科を設置しました。日本人学生の方が多かったとはいえ,末期には4割が朝鮮人学生でした。これを植民地支配,高等教育の抑え込みと呼ぶのは如何なものでしょう。
  尚,記事における 「科学」が 「自然科学」のみを指しているようですが,「科学」とは 「自然科学」,「人文科学」,「社会科学」の総称であると同時に 「体系化された知識・経験」の総称であり,「科学」とは 合理的思考に基づくものです。
   朝鮮において 「物理学」のみが遅れていたような書き方,さらにそれを日本のせいにするのは大きな勘違いです。

劣等感を拭い去るのはいつのことでしょう。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その69) | トップページ | 「エクソダス:神と王」を観た。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その69) | トップページ | 「エクソダス:神と王」を観た。 »