« ドアの位置が分らない。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その70) »

2015年1月29日 (木)

見出しに見る「勘違い」(その69)

「【社説】再信任の安倍首相,韓日和解協力の手を差し出せ」  2014/12/16 中央日報・日本語版
   社説本文は予想どおりの内容と思われるので省略します。朝鮮語をそのまま訳した見出しかも知れませんが,日本語の見出しとしては下品です。

「大韓航空前副社長 6年前に暴言で大学学長辞任か」  2014/12/16 聯合ニュース・日本語版
   ‘Nut Rage’で有名になった大韓航空前副社長・趙顕娥女史の過去の武勇伝(?)が明らかになっています。
   ‘・・・ 6年前に自身が理事を務める仁荷大で非礼な言動を取り,同大の学長が辞任したとの話が持ち上がった。
 同大教授や職員の話をまとめると,2008年に当時の洪承湧 学長が理事会出席後,突如辞任した。当時,大学側は辞任の理由を一身上の都合としていた。洪氏は・・・2010年2月まで1年2ヵ月の任期を残していた。
 洪氏は元海洋水産部次官で,趙氏の父親で大韓航空を傘下に持つ韓進グループの趙亮鎬 会長とは高校の同級生だった。
 理事会では教授の新規採用をめぐり,洪氏と趙氏の間で意見の衝突があったとされる。
 同大が人事委員会で決定した教授候補者を理事会に上げたが,趙氏は大学側の評価方法や内容に問題があるとして洪氏とぶつかったという。
 大学関係者は「趙氏が洪氏に書類を投げつけ,暴言を吐いたため洪氏は立腹した」と説明した。また,趙氏がほかの理事会出席者の面前で父親ほど年上の洪氏に暴言を吐いたことに,洪氏がショックを受けて辞任したと話した。
 同関係者によると,騒動後に趙会長が洪氏の元を訪れ謝罪したが,事態の収拾は難しかったという。
 ただ,同大を運営する仁荷学園側はこうした主張を強く否定している。’
とのことです。
   今回の行動と 40歳という年齢からすれば 同様の傍若無人な言動は この2件だけではなかったと考えられ,それらの機会に彼女を戒め,態度を改めさせる人間がいなかったことは本人にとって不幸なことでした。
   40歳になって,父親に 「私の教育が間違っていた。」と言われても 取り返しがつきません。

「米ブルックリンに 『戦犯旗』壁画,韓国系団体が抗議書簡」 2014/12/18 朝鮮日報・日本語版
   ‘米国ニューヨークのブルックリンに再び日本の「旭日戦犯旗」壁画が登場,韓国系コミュニティーを激怒させている。
 「ニューヨーク韓国系保護者協会」(共同会長:チェ・ユンヒ、ラ・ジョンミ両氏)は16日,ブルックリンのブッシュウィックにあるJPモルガン・チェース銀行ビル壁面に旭日戦犯旗を描いた壁画があるのを発見,即座に撤去を要求した。

2014121801354_0  チェ・ユンヒ会長は「前日に『グランド・ストリートに問題の壁画がある』と韓国系のブルックリン在住者から情報提供を受けた。色は黄色になっているが,はっきりと光の線が広がっている模様で,旭日戦犯旗を表現したデザインだった」と語った。
 同協会はこの日,同銀行の支店長に問題の壁画をすぐに削除するよう要求する抗議書簡を送った。
 ・・・
 ブルックリンでは昨年11月,トラウトマン・ストリートにある建物の壁全体に旭日戦犯旗を表現した壁画が発見され,物議を醸した。この時も同協会が壁画を制作したブッシュウィック・コレクティブ代表や,同地域のダイアナ・レイナ・ニューヨーク市議会議員に抗議書簡を発送,削除させた。・・・ ’
との報道です。
   米国社会における 韓国系米国人の評価が定まりつつあることでしょう。

民族の形質が変わることは難しいようです。

|

« ドアの位置が分らない。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その70) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドアの位置が分らない。 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その70) »