« フレデリック・フォーサイスの “The Fourth Protocol” | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その75) »

2015年2月21日 (土)

1月の北九州で記憶に残った食べ物

1月下旬,施設に入っている母親の見舞いに北九州に行きました。

滞在期間中に,「ごみ回収日」がなかったので (生)ゴミが出ないように注意して食事を摂りました。

Img_8381Img_8384

ラーメン店で,「博多ラーメン」の代わりに 「久留米ラーメン」を食べてみました。
「久留米豚骨ラーメン」が 「博多豚骨ラーメン」の元祖と言われています。
「豚骨スープ」に 「細麺」で,どこが「博多ラーメン」と違うのか分らないまま 「紅生姜」を載せ 「久留米ラーメン」を初めて食べました。
味と脂の濃さに やや参りました。「背脂」追加オプションを頼んだらどうなっていたことでしょう。
それでも 魚介スープのラーメンをラーメンと認めてない家人はほぼ満足していたようです。

Img_8386スーパーマーケットの魚屋で 夕食用に 「1人前10貫×2人前」の鮨パックを買いました。

1000円程度の驚くべき安さでしたが,売り場を1周して戻ると,時刻の関係か,更に 200円ほど安くなっていました。
但し,2パックあったのが 1パックになっており,その前に立って思案している主婦がいましたが,下品にも素早く手を伸ばしました。

Img_8388Img_8389

去年11月に新発売された,森永乳業の ‘PARM’の ‘White Chocolate & Chocolate’です。
「‘PARM’は ‘Chocolate’に限る。」と思っていましたが,これを追加します。

|

« フレデリック・フォーサイスの “The Fourth Protocol” | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その75) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フレデリック・フォーサイスの “The Fourth Protocol” | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その75) »