« 「アメリカン・スナイパー」を観た。 | トップページ | 「単騎,千里を走る」を観て がっかりしたこと。 »

2015年2月26日 (木)

「ジャベツ・クリフ」が倒産していた。

Jabez Cliff’(ジャベツ・クリフ)は英国王室御用達の馬具メーカーで,日本では 「ベルト」で有名です。この 「ジャベツ・クリフ」が 去年(2014年)倒産していたことを,最近 ホームページを検索していて知りました。

英国 West Midlands の地方経済 電子ニュース ‘THE BUSINESS DESK.com’が 2014年6月18日付けで 次のように報じていました。

*************************************

Historic Walsall saddle maker Jabez Cliff enters administration’「歴史ある,ウォルサルの馬具メーカー/ ジャベツ・クリフが破産申請」

Working_aWALSALL saddle maker Jabez Cliff has entered administration with the loss of 26 jobs. The move brings to an end 200 years of saddle making tradition in the town.

ウォルサルの馬具メーカー 「ジャベツ・クリフ」 が破産申請し,26人の従業員が職を失った。これにより,200年以上続いた この町の馬具製作の伝統は途絶えることになった。

The company, best known for its Barnsby brand, had tried to secure its future with a restructuring of the business but ultimately this failed and Andy McGill, partner at the Birmingham office of Smith & Williamson, has been appointed as administrator for the 221 year old company.

Barnsy’ブランドでよく知られたこの会社は,経営の再構築による存続の努力をしてきたが,最終的に うまくいかず,共同経営者の‘スミス アンド ウィリアムスン’のバーミンガム事務所 アンディ・マクギル氏が 221年続いた会社の管財人に指名された。

All the saddles made by the company, which held a Royal Warrant as a supplier to the Queen, were hand-made. Barnsby saddles are used by The King’s Troop Royal Horse Artillery, The Household Cavalry and many elite equestrian riders.

女王への納入業者として,王室御用達であったこの会社の全ての馬具(鞍)は手造りだった。‘Barnsby’の鞍は 「王立騎馬砲兵・国王中隊」,「王室騎兵隊」 そして多くの選ばれた騎手が使用している。

(中略)

The firm had moved from its traditional home in Lower Forster Street, close to Walsall town centre to a new site in Aldridge Road some years ago. The old factory was burned down in a suspected arson attack three years ago.

同社は 数年前,ロワー・フォースター通りの伝統的な建物から ウォルサルの中心地近くのオールドリッジ通りの新しい場所に移っていた。
古い工場は,3年前(2011年),放火の疑いがある失火で焼失した。

*************************************

Jabez_cliff_factory2014年10月に 「‘Jabez Cliff’の ‘IP assets’ (‘Intellectual Property Assets’,知的財産権)は ‘The Sports HQ’が購入した。」との報道がありました。

又,火災にあった古い工場の建物は 焼け残った煉瓦が倒壊する恐れがあって 完全撤去する(した?)そうです。

6年前,偶々 ‘Jabez Cliff’の鞄(‘Weekend Traveller’ もしくは ‘Flight Bag’という名前)を知って欲しくなりましたが,当時,日本では 約16万円と高額で 二の足を踏み,それではと,円高・ポンド安だったので,ベルトと共に 直接 ‘Jabez Cliff’に発注しました。(その後,すぐに日本からの直接注文はできなくなった。) この時,「現在 ‘out of stock’。クリスマス休暇をはさんで 1ヶ月かかるが,それでいいか。」と言う意味のメールがきて,今から 作り始めるのだ,と楽しみに待ったことを思い出します。
輸入代理店を通して日本で売られている価格より 約60% 安く入手できました。

BeltWeekend_traveller

ベルトの孔に,鞍を締めるベルトに倣って数字が刻印されているのが特徴です。

歴史ある馬具メーカーが倒産するということは,競合メーカーの出現は考えにくいし,消耗品ではないので,新たに乗馬を始める人が少なくなった背景があるのでしょうか。英国においてさえ,王室御用達や 騎馬兵への供給だけでは,221年の歴史がある手造り馬具メーカーの経営が成り立たない時代になったようです。

| |

« 「アメリカン・スナイパー」を観た。 | トップページ | 「単騎,千里を走る」を観て がっかりしたこと。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「アメリカン・スナイパー」を観た。 | トップページ | 「単騎,千里を走る」を観て がっかりしたこと。 »