« “Paper or plastic?” | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その84) »

2015年3月26日 (木)

見出しに見る「勘違い」(その83)

「独島沖でカンボジア船舶遭難 韓日当局の協力で乗員救助」  2015/3/12 聯合ニュース・日本語版
   ‘独島沖で遭難したカンボジア船籍のばら積み貨物船(2900トン)に乗っていた船員14人が,韓国の海洋警察の救助協力要請に応じた自衛隊のヘリコプターにより,全員救助された。
 3月11日午前6時27分ごろ,独島の北東302kmの海域でカンボジア船籍のバルク船が浸水しているとの遭難信号が韓国・東海海洋警察に入った。海洋警察は遭難信号確認後,警備艦艇や航空機などを出動させ,韓国海軍と日本の海上保安庁,事故海域を航海中だったロシア船舶などに救助協力を要請した。
 同船には中国人8人とベトナム人6人が乗船していたが,午後12時15分ごろ自衛隊のヘリコプターによって全員救助された。健康状態は良好だという。
 同船は石炭4661トンを積載して状態で,同日午後12時45分ごろ,事故海域で沈没した。’
と報道しています。
   他方,朝日新聞は 「11日午前5時10分ごろ,石川県輪島市の猿山岬の北西約280kmの海上で,カンボジア船籍の貨物船『TONG YUAN HAI』(2958トン)の船体が傾いて浸水し,救助を求めていると,中国の海難救助調整センターから海上保安庁に連絡があった。
 第9管区海上保安本部(新潟市)などによると,正午過ぎ,航空自衛隊小松救難隊のヘリコプターで,乗員14人(中国人8人,ベトナム人6人)が救助された。貨物船は石炭を積んでロシアから韓国に向かう途中だったという。
」 と,韓国の海洋警察,海軍には一切 触れておらず,「韓日当局の協力」の姿は見えません。
   実態は 「中国・海難救助調整センター」→「海上保安庁」→「第9管区海上保安部」→「航空自衛隊第6航空団(小松)」というルートでの救助だったのでしょう。韓国がこの救助活動の何に関わったか不明です。どうしても日本と協力したいのでしょうか。

「メルケル独首相 『日本,慰安婦問題を確実に解決すべき』」  2015/3/11 中央日報・日本語版
   ‘日本を訪問中のドイツのメルケル首相が日本の野党代表に軍慰安婦問題の解決を要求した。メルケル首相は訪日最終日の10日,民主党の岡田克也代表と会った席で,「韓国と日本は価値観を共有している。軍慰安婦問題を確実に解決するのが望ましい」と述べたと,時事通信が報じた。
  またメルケル首相は,「終戦70周年を迎えるが,中国・韓国と和解していない」という岡田代表の発言に対し,「過去と完全に断ち切ることは不可能だ。しかし時代が変われば新しい見方が出てくるため,常に過去を直視しなければいけない」と述べた。メルケル首相の「軍慰安婦問題解決」発言は前日の「歴史直視」発言とともに,「韓日請求権協定で軍慰安婦問題は法的に終結した」という安倍政権の態度に変化を促すものと分析される。
・・・ ’
と報道しています。
   ところが,「【ベルリン共同】ドイツ政府のザイベルト報道官は13日の記者会見で,ドイツのメルケル首相が民主党の岡田克也代表との会談で従軍慰安婦問題の解決を促したとの報道について『正しくない』と否定。
   ザイベルト氏はメルケル氏が日本で質問に答える形でドイツがナチス時代の過去とどう向き合ってきたかについて発言したと説明。日本での記者会見で『(過去との向き合い方を)助言するために日本に来た訳ではない』との立場を表明したとし岡田代表との会談でも同じ『表現を用いた』と強調。
   菅義偉官房長官は同日の記者会見でこの報道に関しドイツ政府が否定する見解を伝えてきたことを明らかにした。」
とのことです。
   都合のいいように解釈されては,ドイツも迷惑なことでしょう。
   岡田さんは 「メルケル氏が慰安婦問題を取り上げたことは紛れもない事実だ。」と言い張っていますが,それが嘘でなければ,通訳が間違えた,ということにしておきましょう。

「親日人名辞典の配置率20%,歴史教育どうなる?」  2015/3/14 朝鮮日報・日本語版
   ‘・・・ 3月13日の忠清北道議会第338回臨時会の第2回本会議で,新政治民主連合のチャン・ソンベ議員は「光復70周年を迎えるに当たり,若い世代に正しい歴史を教えなければならないのに,親日の人物を把握する人名辞書を見つけられず残念だ」と述べた。
 チャン議員は「忠清北道教育庁から受け取った資料を見ると,11市・郡と教育庁が管理する41の公共図書館で,親日人名辞典を置いている所は10カ所,配置率は24%だった」と話した。
 また「中学・高校の図書館でも全212校中41校しか親日人名辞典がなく,配置率が19%に過ぎない。学校でも正しい歴史教育をおろそかにしていることを如実に物語っている」と批判した。
 さらに「公共図書館配置率が20%に過ぎない状況を見て,『韓国人には果たして親日清算の意志があるのかどうか,振り返らなければならない』という考えを抱くようになった。日本が歴史問題を反省するどころか軍国主義復活を画策しているのに,若い世代の歴史認識は徐々に鈍くなっている。これを軽く考えてはならない」と力説した。・・・ 」
と言う報道です。
   親日人名辞典とは韓国の民間団体・親日人名辞典編纂委員会が「日本統治時代に親日活動を行なった人物」の名簿を書籍として編纂発表したもので,2009年発行,全3巻セット。辞典には親日派4,398人の親日行跡が収録されています。
   国民に反日感情を植え付ける動きは絶えることがなく,時が解決することはありません。

理解は困難です。

|

« “Paper or plastic?” | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その84) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Paper or plastic?” | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その84) »