« 東京からの質素な土産はー | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その78) »

2015年3月 2日 (月)

見出しに見る「勘違い」(その77)

「独島領有権主張の防衛白書韓国語版に抗議=韓国政府」  2015/1/21 聯合ニュース・日本語版
   ‘韓国国防部は1月21日,日本政府がこのほど独島を日本の領土であると明示した自国の防衛白書の韓国語版を配布したことを確認し,在韓日本大使館の駐在武官を呼び厳重に抗議したと明らかにした。
 同部関係者は同日,記者団に「日本政府が防衛白書の要約本を韓国語に翻訳し,日本国内で配布していることが確認された」と話した。
 これを受け,同部の朴哲均 国際政策次長は同日午前,日本大使館の山野正志武官を呼んで,不当な行為が二度と発生しないよう強く抗議した。
 同関係者によると,白書には独島の図があり日本の領土であると表示されているという。 
  日本政府は防衛白書を通じ,2014年度版まで10年連続で独島の領有権を主張してきた。
 国交正常化50年を迎える今年を韓日関係改善に向けた転換点にすべきだとの主張が提起される中,日本のこうした挑発行為が両国関係に悪影響を及ぼすことが懸念される。’
とのことです。
   挑発かどうかは主観的問題ですが,他国領土の不法占拠は客観的問題で,両国関係への悪影響以前の問題ーと日本は考えています。防衛省は国民と領土を守るためにあります。

「NYクリスティーズに日本の 『戦犯旗』」  2015/1/22 朝鮮日報・日本語版
   ‘米ニューヨークの中心部マンハッタンにある有名オークションハウス(競売会社)「クリスティーズ」で,日本の戦犯旗(旭日旗)に似たデザインの作品が展示されていることが分かった。
 ニューヨーク韓国日報が21日に報じたところによると,マンハッタンのロックフェラー・センターにあるクリスティーズでは日本の戦犯旗を連想させる作品を表通り沿いのショーウィンドーに展示,この一帯を歩く多くの市民や観光客の目に入るようになっているとのことだ。
 ・・・

Sunrise_2  問題の作品は,米国を代表するポップ・アーティスト,ロイ・リキテンスタイン(1923-97年)による65年の油絵作品「日の出(Sunrise)」で,赤い太陽を中心に7本の黄色い線が放射状に広がっており,その様子は戦犯旗を連想させる。
 さらに衝撃的なのは,この作品がすでに3ヶ月以上も展示されているということだ。この情報を提供した韓国系米国在住者は「マンハッタンのど真ん中に戦犯旗が登場するなんてあ然とした。韓国系コミュニティーはクリスティーズに日本の戦犯旗に関する問題点を伝え,展示を中止させなければ」と強調した。
 このため、「ニューヨーク韓国系保護者協会」(共同会長:チェ・ユンヒ、ラ・ジョンミ両氏)はクリスティーズ側に抗議の書簡を送り,すぐさま展示を中止するよう要請する予定だ。’
と報じています。
   さて,クリスティーズの対応は?
   韓国系米国人に,その愚かさをピシャリと指摘できるでしょうか。
   「太陽の絵を描くのは万人の自由だ。」が常識的回答と思います。
   無視するのもいいでしょう。

「嫌韓ムード拡散で韓国製即席めんも食べない日本人」  2015/1/26 中央日報・日本語版
   ‘日本で嫌韓ムードが拡散し,韓国製即席めんもそっぽを向かれている。これまで韓国製即席めんの最大の輸入国だった日本の輸入量が3年間で半分になった。
  業界と韓国農水産食品流通公社の農水産食品輸出支援情報によると,昨年の日本への即席めん輸出額は 2447万9000ドルとなった。これは 2013年の3200万1000ドルと比べ23.5%の減少となる。輸出量もこの期間に7474トンから5543トンに26%減少した。
  日本に輸出される即席めんは 2009年の7930トンから2010年に9490トンに増加し,2011年が1万1405トンでピークに達した。その後,2012年が8681トン,2013年が7474トンと減り始め,昨年は5543トンと 2011年の半分水準に落ちた。
  ・・・・
  業界は安倍晋三首相が就任した2012年12月を前後して日本で嫌韓ムードが広がった影響が大きいと分析した。
  ・・・・ ’
とのことです。
   即席めんの輸出量減少まで安倍さんのせいになりました。

どこまでも続きます。

|

« 東京からの質素な土産はー | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その78) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京からの質素な土産はー | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その78) »