« シンガポールでの鞭打ち刑 | トップページ | “Paper or plastic?” »

2015年3月24日 (火)

呉市散歩,平原浄水場。

少し暖かくなったので 散歩に出かけました。

Img_8642_2目的地は,合計27年間 呉市に住みながら行ったことがなかった「平原浄水場」。
現在は 立ち入り禁止ですが,かつては桜の名所で開放されていました。

1918年(大正7年),呉市上水道創設時に「平原浄水場」として造られましたが,2013年に「浄水施設」は閉鎖,「配水池」も同時に運用を停止し,現在,新しい「配水池」を建設中です。
その「旧配水池」は 「呉市水道局平原浄水場低区配水池」として国の登録有形文化財になっています。

Img_8631自宅を出た後,「旧海軍墓地」(長迫公園)横を通りました。
呉海軍基地に所属した軍艦の慰霊碑が 各艦毎に建っており,映画,例えば 「男たちの大和」にも撮影に使われました。

この日も,公園正面の「大和」の慰霊碑前で 記念撮影をしているグループがいました。

本通り7丁目交差点から 長ノ木トンネル方面に北西に向かい,青蓮寺(北)交差点で右折して坂道を登り始めました。

Img_8632Img_8633_7

真っ直ぐな坂道を登っていくと,古い赤煉瓦塀などが見られます。

やがて 平原浄水場に着きました。

Img_8634Img_8636_7

Photo半地下式の低区配水池です。赤煉瓦の換気塔が2本立っています。(塀の網の目の間から撮影)

傾斜地にあるので 写真を撮った道路の反対側(低い方)は 右の写真のような煉瓦構造が見られるはず(これは拝借写真)ですが,敷地内に入る方法が分らず,これを見ることはできませんでした。
文化財としての価値が感じられます。

Google Earth’で確認すると次のような配置です。
Googleeartha
左上のテニス・コートのように見えるのは浄水場跡で,現在は 新しい配水池(おそらく)の工事中です。

Img_8637バス通りに出て,さらに進むと,「灰ケ峰登山歩道」の入り口がありました。

「灰ケ峰」は 標高737m。
かつて海軍基地と海軍工廠があり,帝国海軍の拠点だった時代,平地が狭い旧市内で人口40万人を超えていた(現在は合併によって面積は数倍になっているが人口は25万人)ので,旧市内では かなりの傾斜地まで家が建っており,この急な登山歩道の両側にも民家があります。

さらに進むと フランス料理店 ‘La Scherzo Mezzo’(ラ・スケルツォ・メッゾ)があります。

Img_8639Img_8640

この店は,市の中心から離れた不便な場所にありますが,リーズナブルな値段で立派な料理を提供していて,私の知る限り 少なくとも 35年前からこの場所で営業しています。
呉市の夜景を眺めながら食事ができるレストランです。
先日,家人が東京からの友人など2人と週日に夕食に行ったとき,他に客がおらず 帰宅後 「大丈夫かしら?」と心配していました。
家人が呉に来て以来,気に入ったフランス料理レストランが2店 閉店しています。
呉市でフランス料理レストランの営業を続けるのは簡単ではありません。

Img_8641かなり登ってきましたが,春霞のせいか,PM2.5の影響か 呉市街の見晴らしは 芳しくありませんでした。

この日の 歩数:9,955歩,歩行距離:5,973m,消費熱量:312kcalでした。

(追記 2015/11 :「ラ・スケルツォ・メッゾ」 は この2か月後,2015年5月に 閉店しました。)

|

« シンガポールでの鞭打ち刑 | トップページ | “Paper or plastic?” »

散歩・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シンガポールでの鞭打ち刑 | トップページ | “Paper or plastic?” »