« TVでの面白い発言(その2) | トップページ | 米国人が 日本を考えた時,最初に思いつくモノは? »

2015年4月18日 (土)

米国人は日本を信用しているか?

2015年4月7日,米国 ピュー・リサーチ(‘Pew Research Center’)が,‘Americans, Japanese:Mutual Respect 70 Years After the End of WWⅡ’(米国人,日本人:第二次世界大戦後 70年,相互尊重)というタイトルで,日米両国でのアンケートに基づく意識調査結果を発表しました。
調査は 18歳以上の成人,各1,000人に対して2015年2月に電話で実施され,統計誤差は米国が ±3.6%,日本が ±3.2% です。

調査結果を紹介します。

Trust_each_other“Generally speaking,how much do you think Japan/U.S.,can trust?A great deal,a fair amount,not too much,or not at all?” の質問に対して,米国人の68%,日本人の75% が相手国を ‘a great deal/a fair amount’に信用できると答えています。

同様の質問の対象を中国としたときの回答で,‘a great deal/a fair amount’に信用できるとしたのは 米国人が30%,日本人が 7% です。
米国人の3人に1人が中国を信用できると答えているのが,やや驚きです。

“Some people say that Japan should play a more active military role in helping to maintain peace and stability in the Asia-Pacific region. Other people say that,given its history,Japan should limit its military role in regional affairs. Which view is closer to your own?”の質問に対して,米国人の 47%,日本人の23%が,アジア・太平洋地域の平和と安定の確保のために,より積極的に軍事的役割を果たすべきと答え,(上図にはありませんが) 米国人の43%,日本人の68% が 軍事的役割を制限すべきと答えました。

Us_japan_trust因みに,信用できるかどうかの対象国に 「オーストラリア」と 「韓国」を加えて 日米両国人が ‘a great deal/a fair amount’に信用できるとした割合は左図のとおりです。

両国人とも オーストラリアを最も信用できる国としています。
韓国を信用できるとしたのは,米国人は 2人に1人,日本人は 5人に1人です。米国人は 中国よりは韓国の方が信用できると思っています。
米国人が日本と韓国のどちらを信用しているかについては,68% と 49% で明確な差があります。

American_trust_in_japan右図は日本を‘a great deal/a fair amount’に信用できると答えた 68% の内訳です。

信用できると答えた人の傾向はー

  ・性別差:男性の方が女性より多い。
  ・人種差:白人の方が非白人より多い。
  ・学歴差:大学卒以上の方が高校卒以下より多い。
  ・支持政党差:「支持政党なし」→「共和党」→「民主党」の順に多い。
  ・年齢差:「18歳~29歳の若年層」が最も多い。
              30歳以上は 年齢層が高くなるにつれて多くなる。

興味深い結果です。
「男女」,「白人・非白人」,「学歴」による差は,有意とみられます。

知識・情報量の違い,人種差別などの感覚(育ち・教育)の違いなどによるものでしょうか?

Apologies_4“Overall, do you think that Japan has apologized sufficiently for its actions during World War Ⅱ,that Japan has not apologized sufficiently,or do you think no apology is necessary?” の質問に対する日米の回答です。

第二次世界大戦中の行為に対して,米国人の61%,日本人の63% が 「日本は充分謝罪した」もしくは「謝罪は不要」と考えています。

「謝罪は不充分」と考えている米国人が 4人に1人 います。
しかし,「謝罪は不要」と考える米国人が4人に1人,日本人以上の割合でいるのが興味深いところです。

同じ質問を ドイツを対象に米国人に実施しています。
その結果を ドイツ と日本を並べて下図に示します。

「謝罪は不充分」と考える米国人は ドイツに対して 37%,日本に対して 29% と差があります。

韓国の新聞では いつも,日本はドイツを見倣って謝罪せよ,と喧伝していますが,米国人の見方は逆のようです。

Apology_by_japan_germany
Major_asisn_issues右図は アジアの主要な問題について どの程度聞いたことがあるか,という米国人への質問結果です。

質問は “How much,if anything,have you heard about xxxx? A lot,a little,or nothing at all?”で,xxxx に入る “issue”は 「北朝鮮の核問題」,「中国と周辺国の領土問題」,「太平洋戦争中の‘慰安婦’による日本と韓国間の緊張関係」 の三つです。

「慰安婦」による日韓の緊張関係を全く聞いたことがない人が57% います。想像より少ない割合です。
韓国系米国人による慰安婦像設置を野放しにすると,この割合が減ることになるかも知れません。

| |

« TVでの面白い発言(その2) | トップページ | 米国人が 日本を考えた時,最初に思いつくモノは? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TVでの面白い発言(その2) | トップページ | 米国人が 日本を考えた時,最初に思いつくモノは? »