« Highest Earning Actresses 2014,Top 10 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その93) »

2015年5月 8日 (金)

英国王室の 「出生届」

英国 ウィリアム王子の第二子が誕生し,出生届が公開されていました。

Birth Registration’もしくは ‘Birth Certificate’と言うのでしょうか。

届出人は父親とあり,‘William’のサインがあるので ウィリアム王子の直筆と思われます。

Birth_certificate
11.‘INFORMANT’(届け人)は ‘father’です。
6.  父親の‘Occupation’(職業)は ‘Prince of the United Kingdom’です。
7.  母親の名前の末尾に ‘The Duchess of Cambridge’とあります。ウィリアム王子の名前の末尾は ‘Duke of Cambridge’です。
   ‘Duchess’は ‘Duke’の女性名詞で 「公爵夫人」あるいは 「女公爵」の意味でしょうか。
   ‘Duke’には ‘The’がなく,‘Duchess’に‘The’があるのは 「ウィリアム王子の夫人」の意味?
2.  シャーロット王女の名前には ‘・・・ of Cambridge’が付いています。
15. ‘Date of registration’は 誕生3日後の5月5日です。
16. ‘Signature of registrar’欄にサインがあるので,登記済の書類です。英国では王女の出生届を役所が公にするということのようです。

下は 2013年のジョージ王子の出生届です。

Birth_certificate_george

シャーロット王女の出生届が生後3日後に提出されているのに対して,ジョージ王子の場合,生後 10日後です。エリザベス女王が承認を渋った,などという話は聞いていません。

|

« Highest Earning Actresses 2014,Top 10 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その93) »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Highest Earning Actresses 2014,Top 10 | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その93) »