« 時折りの欲しいものー‘庵治石のコーヒーミル’ | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その105) »

2015年6月25日 (木)

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を観た。

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(‘Mad Max:Fury Road’,2015)を観ました。
豪米合作映画で,映画の範疇としては‘Post-Apocalyptic Action Film’です。

Mad_max_fury_road_aapocalyptic’はー   
  1. 啓示の,黙示の,終末論的な   
  2. 黙示録さながらの,大破局の,世界滅亡の
と辞書にあり,
post-apocalyptic’は-
   「黙示録的な出来事の後の,世界滅亡後の ◆主にフィクション作品のジャンル名として用いられる表現。『現在の文明が滅んだ』という前提で,その後の世界(生存者の様子・新文明など)を描くもの。」
  とあります。

簡単に日本語に訳すのは難しく,「文明滅亡後世界アクション映画」?

Madmaxanthology_1740若きメル・ギブソン (‘Mel Gibson’, 1956~ )をスターにし,ハリウッドに進出させた近未来を描いた第一作 「マッドマックス(‘Mad Max’,1979)」 以後,何故か核戦争があって 「マッドマックス 2(‘Mad Max 2:The Road Worrier ’,1981)」,「マッドマックス/サンダードーム(‘Mad Max Beyond Thunderdome’,1985)」が作られ,30年経ての第四作目です。

この四作目が初めて企画されたのは10年以上前で,当初は メル・ギブソンへの出演オファーがあったそうですが,制作遅延等で流れたとのことでした。

新しくMaxを演じたのは トム・ハーディ(‘Tom Hardy 1977~ ),なぜか 「ウォーターワールド」(‘Waterworld’,1995)の ケビン・コスナー(‘Kevin Costner’1955~ )を思い出しました。

テーマやストーリーに感動する映画ではなく,アクションを楽しむ映画として よくできています。
第一作に比べれば 何でもありのアクション映画です。

Madmax_doofwagon故郷の「緑の地」(Green Place)に向かう シャーリーズ・セロン(‘Charlize Theron’,1975~ )演じる フュリオサ(Imperator Furiosa)に協力する,「ウォーボーイ」の‘Blood Bag’(輸血袋)にされていたMax,彼らを追う,‘Wasteland’を支配する「神」ー イモータン・ジョー率いる ウォーボーイズの一団,そして その一団には 火を噴くギターを演奏する男と太鼓を叩く男たちが乗った ‘Speaker Car’(Doof Wagon),とても文章では描けない世界でした。

Madmaxfuryroad_b
映画とは直接関係ない話ですがー

ウィークデイの昼前上映開始の回の観客は,どう見ても 前期高齢者である私より年長者がほとんどで,中には 自分の席を見つけられないお年寄りもいる状況でした。
座席も震える大音響が続いて,少々の「いびき」も気にならないこの映画を,皆さま,充分楽しめたのかどうか,やや気になりました。

Mad Max’を観る,あるいは観ようと思う権利は誰にもあります。
但し,どのような映画か 理解した上で観ることを決めた方がよろしいでしょう。
Mad Max’を知っていて 観たのなら,日本の高齢者も捨てたものではありません。

|

« 時折りの欲しいものー‘庵治石のコーヒーミル’ | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その105) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時折りの欲しいものー‘庵治石のコーヒーミル’ | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その105) »