« 「牛肉のフォー」が食べたくなってー | トップページ | フレデリック・フォーサイスの “The Negotiator” »

2015年7月 9日 (木)

‘CSI 2.0’は 世界のホテルでの食事値段

ホテル予約サイト ‘Hotels.com’(米国 テキサス)が6月25日,‘Club Sandwich Index 2.0 Uncovers Hotel Dining Costs Worldwide’を発表しました。

HotelsClubsandwich_2CoffeeWine_burgers
*************************************

DALLAS – June 25, 2015 – Hotels.com® continues to uncover the dining costs of hotels worldwide with its annual price barometer, the Club Sandwich Index (CSI). This year, the elevated report by Hotels.com – the CSI 2.0 – covers three additional hotel dining items to make the Index a more comprehensive indicator for travelers to understand the costs associated with a full day of dining at hotels worldwide.

ダラス,2015/6/25発ーHotels.com®は,世界中のホテルの食事の値段に対して毎年,バロメーターである‘Club Sandwich Index (CSI)’を発表し続けている。今年は,旅行者が世界中のホテルにおける1日分の食事代を知るために,3つの項目をカバーした,より進化した総合的な指標である‘CSI 2.0’を発表した。

The CSI 2.0 incorporates the average prices of four main dining options available at three-, four- and five-star hotel properties, including: a burger meal (burger, fries and soda) for lunch, a cup of coffee, a club sandwich and a glass of house red wine for dinner.

CSI 2.0’は,3つ星,4つ星,5つ星のホテルのメニューにある,4つの主要な食事選択肢の平均価格を取り入れている。すなわち,昼食用のハンバーガー,フライドポテトとソーダ,夕食のための コーヒー,クラブサンドイッチと グラス・ハウスワイン。
(その結果が 下表)

Average_price_table
Based on findings from the CSI 2.0, Geneva is not only the priciest city for a club sandwich ($30.59), but the Swiss city has also topped the charts as the most expensive destination to enjoy a full day hotel dining experience at $86.71. Bogota, Columbia is the most affordable destination to enjoy a full day of meals with an average price of $30.08, but Rio de Janeiro ($34.19) and Buenos Aires ($40.28) also give the Colombian capital a run for its money with affordable dining costs.

CSI 2.0’の調査結果に基づくと,ジュネーブはクラブサンドイッチ(30.59ドル)が最も高価な都市というだけでなく,1日のホテル・ダイニングを楽しむのに最も高価な 86.71ドルが必要で,チャートのトップに立った。
コロンビアのボゴタは 平均価格 30.08ドルで1日の食事が楽しめる最も安価な目的地であり,リオデジャネイロ(34.19ドル)とブエノスアイレス(40.28ドル)も 手頃な食事代でコロンビアの首都に続く。
・・・

Hotel guests in South Korea pay the most to get their caffeine fix, with Seoul dominating the list for the priciest cup of coffee at $9.72 on average. Guests at 5-star hotels in Paris pay more for a glass of house red wine ($23.03) than a club sandwich in 19 other cities, including New York, Dublin, Sydney and Berlin.

ソウルでは コーヒー1杯が平均 9.72ドルと最高価としてリストのトップにあり,韓国のホテル客はコーヒーを飲むために最高値を払うことになる。
パリの5つ星ホテルの客は,1杯のハウスワインに,ニューヨーク,ダブリン,シドニー そして ベルリンを含む19の都市のクラブサンドイッチより高い代金 23.03ドルを払う。

A supplementary poll within the U.S. found that New York’s average meal cost of $59.64 is also the most expensive among 10 major cities. The most affordable club sandwich among the additional U.S. cities surveyed can be found in San Diego, while Orlando and Las Vegas offer the most affordable coffee and wine, respectively. Orlando had the most affordable average meal cost at $41.93, yet that price exceeded eight major global city averages including Berlin, Toronto, Buenos Aires, Bangkok, Madrid, Rio de Janiero, Mexico City and Bogota.

米国内の補足調査では,ニューヨークの平均食事費用 59.64ドルが,10の主要都市でも最高価であるとわかった。
米国都市で最も手ごろなクラブサンドイッチはサンディエゴであり,オーランドとラスべガスが それぞれ最も手ごろな値段のコーヒーとワインを提供する。
オーランドでは平均的食事が41.93ドルで,最も手ごろであるが,それでも,その価格はベルリン,トロント,ブエノスアイレス,バンコク,マドリード,リオ・デ・ジャネイロ,メキシコシティーとボゴタの8つの主要な都市の平均価格を超える。

*************************************

昼食が「ハンバーガー」(フライドポテト,ソーダ付き),夕食が 「クラブサンドイッチ」(コーヒーとグラスワイン付き)というのが,お手軽です。

(蛇足)
「コーヒーを飲む」を ‘to get one's caffeine fix’と表わすのを初めて知りました。
   「カフェインを固定する」では 何のことかわかりません。
朝鮮日報は,このレポートに関する 「ソウルのコーヒー値段 世界一」という見出しの記事で 「・・・ こうした調査結果に対し,ソウルの,ある高級ホテルのスタッフは 『アメリカーノは1杯1万6000ウォン(約1700円),カフェラテは1万7000ウォン(約1900円)で提供している。食事やサービスの質,ホテルランクの差を無視して価格だけを比較し,順位付けするやり方には無理がある』 と話している。と,レポートの主旨を理解してない意味不明のことを書いています。
   それにしても カフェラテを1900円で提供するサービスの質とホテルのランクを知りたいものです。
   因みに 東京の五つ星クラスのホテル,例えば 「マンダリン オリエンタル東京」のカフェラテは 1500円,「パークハイアット東京」のカフェラテは 1400円,「シャングリ・ラ東京」のカフェラテは 1250円,「ザ・ペニンシュラ東京」のカフェラテは 1000円です。円安とはいえ,1900円は大したものです。

|

« 「牛肉のフォー」が食べたくなってー | トップページ | フレデリック・フォーサイスの “The Negotiator” »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「牛肉のフォー」が食べたくなってー | トップページ | フレデリック・フォーサイスの “The Negotiator” »