« パン 三つ。 | トップページ | 「茹で卵」を箸で切れるか? »

2015年7月 2日 (木)

スペインの「奇跡の水道橋」遺跡

BSフジの 「ローマ街道物語 全6話」の 『第4話 辺境街道をゆく(フランス・スペイン・イギリス)』を観ました。

Img_9024

この中で,スペインのメリダにある 「ロス・ミラグロス水道橋(奇跡の水道橋)」(‘The Acueducto de los Milagros,English: ‘Miraculous Aqueduct’)が紹介されていて,初めて知りました。
ローマ帝国時代,AD1世紀~3世紀に作られたであろう水道橋で,高さ:25m,長さ:830m,38本の橋脚による花崗岩と煉瓦による構造です。

水道部は崩壊していますが 脚部が残っています。

Img_9025Img_9026

Img_9027Img_9028

Img_9029Img_9031

Img_9034Img_9035

Img_9036

見応えのある構造です。

高さに比べて 脚部の幅が小さいので,横方向の剛性が相対的に小さく,強度にやや不安を感じますが,2,000年近く残っているのだから,ローマ人の高度な土木技術を現代の素人が軽々しく評するに当たりません。

|

« パン 三つ。 | トップページ | 「茹で卵」を箸で切れるか? »

散歩・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パン 三つ。 | トップページ | 「茹で卵」を箸で切れるか? »