« 気持ちが悪い表現 「xxx ではある。」 | トップページ | 今年も 「かき氷」 »

2015年7月16日 (木)

フレデリック・フォーサイスの次は トム・クランシー?

フレデリック・フォーサイス(‘Frederick Forsyth’,1938~ )の小説のうち,呉市立図書館にある18作品を読み終わって,次は 誰の作品を読もうかと考え,第一候補として トム・クランシー(‘Thomas Leo “Tom” Clancy, Jr.’,1947~2013)のジャック・ライアン・シリーズを思いつきました。

二人の共通点は 処女作品がベストセラーになって 映画化されていることです。
フレデリック・フォーサイスは 「ジャッカルの日」(‘The Day of the Jackal’,出版:1971,映画公開:1973),
トム・クランシーは 「レッド・オクトーバーを追え」(‘The Hunt for Red October’,出版:1984,映画公開:1990)です。

ジャック・ライアン・シリーズに登場する,トム・クランシーが創りあげた「ジャック・ライアン」(1950年,ボルチモア生まれ)の職歴は次の通りです。

  ・アメリカ海兵隊少尉
  ・メリル・リンチ社ボルチモア支社証券仲買人
  ・米海軍士官学校教官
  ・CIA局外非常勤分析官
  ・CIA常勤分析官
  ・CIA上級情報分析官
  ・CIA
情報担当次官代行
  ・CIA
情報担当次官
  ・国家安全保障問題担当大統領補佐官
  ・合衆国副大統領
  ・合衆国大統領
  (前副大統領が女性問題スキャンダルで辞任した後,副大統領就任。就任した直後,大統領死亡により  大統領に昇格。前大統領の残り期間と再選1期在職後 退任。
   その後 就任した大統領に失望して,大統領選挙に出馬して再選。)
   メリル・リンチを退社後,ジョージタウン大学博士課程に入り,歴史学の博士号を取得しており,作品中では ‘Dr.Ryan’と呼ばれます。
   「今,そこにある危機」で コロンビアに飛んだ時,ハリソン・フォード演じるライアンは 「CIA情報担当次官代行」でした。

日本語に翻訳されているのは次の16作品のようです。

  • ①レッド・オクトーバーを追え(‘The Hunt for Red October’, 1984)
        (1990 映画化)
    ②愛国者のゲーム(‘Patriot Games’, 1987)
        (1992 映画化,邦題 「パトリオットゲーム」)
    ③クレムリンの枢機卿(‘Cardinal of the Kremlin’, 1988)
    ④いま,そこにある危機(‘Clear and Present Danger’, 1989)
        (1994 映画化。映画の邦題は「今そこにある危機」)
    ⑤恐怖の総和(‘The Sum of All Fears’, 1991)
        (2002 映画化,邦題 「トータル・フィアーズ」)
    ⑥容赦なく(‘Without Remorse’, 1993)
    ⑦日米開戦(‘Debt of Honor’, 1994)
    ⑧合衆国崩壊(‘Executive Orders’, 1996)
    ⑨レインボー・シックス(‘Rainbow Six’, 1996)
    ⑩大戦勃発(‘The Bear and the Dragon’, 2000)
    ⑪教皇暗殺(‘Red Rabbit’, 2002)
    ⑫国際テロ(‘The Teeth of the Tiger’, 2005)
    ⑬デッド・オア・アライヴ(‘Dead or Alive’, 2007)
    ⑭ライアンの代価 (‘Locked On’, 2011)
    ⑮米中開戦 (‘Threat Vector’, 2012)
    ⑯米露開戦 (‘Command Authority’,2013)
  • 映画化されたのは 上記に示すとおり4作品ですが,ジャック・ライアンを主人公とする,原作にはないストーリー(CIAで働くようになった経緯など)で作られた映画が 去年(2014年)公開されています。
    「エージェント:ライアン(‘Jack Ryan: Shadow Recruit’,2014)です。

    これらの作品は年代に沿った順番では書かれてはいません。

    Img_9139過去,読んだ作品を探して,文庫本の「レッドオクトーバーを追え」が見つかりました。

    読んだのは 日本でも評判になった30年前なので,これを含めて読もうと思います。

    さて,呉市立図書館にどの程度 揃っているでしょうか?

    調べた結果,上記 ①,②,⑤が無し,他はありました。
    但し,全て 文庫本のみだったのに ややがっかりしました。図書館で借りて読むなら ハードカバーで読みたかった。ひょっとして 「ジャック・ライアン シリーズ」のハードカバー翻訳本は出版されてないのかも知れません。

    ー ということで,まずは 手持ちの「レッドオクトーバーを追え」を読み直すところから始めることにします。

    |

    « 気持ちが悪い表現 「xxx ではある。」 | トップページ | 今年も 「かき氷」 »

    書籍・雑誌」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « 気持ちが悪い表現 「xxx ではある。」 | トップページ | 今年も 「かき氷」 »