« 韓国大統領の妹,朴槿令氏の発言 | トップページ | The attendees to China’s military parade: leaders of the world’s least-powerful countries »

2015年8月31日 (月)

ミッション:インポッシブル Ⅱ で英語の勉強。

「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」(‘Mission: Impossible - Rogue Nation’)の公開に合わせて,NHK BSプレミアムで 「ミッション:インポッシブル」シリーズの最初の2本が放映されました。

2本目の 「ミッション:インポッシブル 2」(‘Mission: Impossible II’,2000) で英語の台詞を聴いてみました。
3つのシーンを示します。

【シーン 1】 ハントが休暇先の岩の上で,お定まりの方法でミッションを受けます。

Img_9277Img_9278As always, should you or any member of your IM Force
be caught or killed, the secretary will disavow all knowledge of
your actions.

  「例によって」は ‘As always’です。
  ‘disavow’: 責任を否認する

Img_9279Img_9280And Mr. Hunt, the next time you go on holiday,
please be good enough to tell us where your going.

be good enough to’の言い回しはよく聞きます。

Img_9281_2
This message will self-destruct in five seconds.

「自動的に消滅する」は ‘self-destruct’です。

Img_9282Img_9283If I let you know where I'm going, I won't be on holiday.

【シーン 2】 相棒のスティッケルと ベアードがオーストラリアのアジトにヘリコプターで到着,歩き始めたスティッケルが 羊の糞を踏んでー

Img_9285Img_9286Shit!

Yes it is!

 第三者として笑っていい台詞ですがー

Img_9287Img_9288This ain't funny!
I paid eight hundred dollar
for these shoes.

【シーン 3】 ハントの援護をしていたヘリコプターの二人が車から撃たれます。


Img_9289Img_9290Are you alright, mate?

That punk put a hole in my Versace.

 mate’は,「友達」,「仲間」ですが,「相棒」,「兄貴」の意味の呼びかけで使われるのはオーストラリア英語のようです。
   ベアードを演じている ジョン・ポルソンはオーストラリア人なので 自然に 「メイト」ではなく「マイト」と言っています。

  ‘punk’:パンク・ロックのパンクです。スラングで 「青二才,若造」の意味があるようです。
   ヴェルサーチに孔を開けられましたが,NHKなので(?)ヴェルサーチとは言いません。
   (‘Versace’と言ったので 真面目に英語の台詞を聴いてみました。)
   直訳 「あの野郎,俺のヴェルサーチに孔を開けやがった。」が 「これ 高かったのに」と,シンプルかつ上品に翻訳されています。

|

« 韓国大統領の妹,朴槿令氏の発言 | トップページ | The attendees to China’s military parade: leaders of the world’s least-powerful countries »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国大統領の妹,朴槿令氏の発言 | トップページ | The attendees to China’s military parade: leaders of the world’s least-powerful countries »