« Brixton の Brimmed Hat,‘Floyd’にスペアをー | トップページ | 日本が「羊の皮を被った狼」!? »

2015年8月26日 (水)

今年の「まくわうり」

半世紀前まで,「まくわうり」は 庶民の夏の代表的果物でした。

いつの間にか 姿を消して 30余年,20年ほど前から ぼつぼつ復活し始め,最近は かつてほどではないにしろ,ほぼ,どの店にも置かれるようになりました。

ところが,去年からの年金・節約生活に慣れたせいか,今年の「まくわうり」は高く感じ,毎日の果物が欠かせない我々夫婦は,買うのを躊躇します。
需給の関係で 本当に高くなっているのかも知れません。
昔だったら売り物にならなかったのではないかと思われるような小さなものが 200~250円 です。

そんな状況下,これは立派な大きさで 200円でした。味も結構でした。

Img_9296Img_9303

|

« Brixton の Brimmed Hat,‘Floyd’にスペアをー | トップページ | 日本が「羊の皮を被った狼」!? »

」カテゴリの記事

コメント

motoshima-jin さん,コメントありがとうございます。
「まくわうり」(正式名)には多くの種類と呼び名があるようです。
呼び名については 「味瓜(アジウリ)」がポピュラーで 何故か 北海道・東北・中国地方で使われ,「マッカウリ」,「マッカ」は関西地方の呼び名だそうです。

投稿: 管理人 | 2015年8月29日 (土) 14時56分

30年以上前に、祖母からもらって食べて以来、見る事も食べる事もありません。確か祖母は、まくわうりをマッカと呼んでいました。懐かしい思い出です。

投稿: motoshima-jin | 2015年8月29日 (土) 14時16分

小生、今年のまくわうり(金俵ウリ)育成は失敗しました。実が熟成する前に軸が枯れました。

投稿: hirosuke | 2015年8月26日 (水) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Brixton の Brimmed Hat,‘Floyd’にスペアをー | トップページ | 日本が「羊の皮を被った狼」!? »