« TVでの面白い発言(その6) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その116) »

2015年8月 5日 (水)

見出しに見る「勘違い」(その115)

「米スミソニアン博物館アジア芸術館,『日本海』単独表記」  2015/7/15 朝鮮日報・日本語版
   ‘米ワシントンのスミソニアン博物館にも「東海(日本名:日本海)」はなかった。
 米ニューヨークのメトロポリタン美術館で韓国の歴史の重大な歪曲を指摘したサイバー民間外交使節団「VANK」(パク・キテ団長)が,今度はワシントンD.C.にある世界的に有名な博物館「スミソニアン博物館」で「東海」が「日本海」と単独表記されているのを発見した。
 パク団長とVANKの研究者らからなる「21世紀新ハーグ特使(日本での呼称:ハーグ密使)団」は14日,フリーア&サックラー・ギャラリー(Freer and Sackler Gallery)で東海が日本海と単独表記されていると報告した。同ギャラリーは米国最大の総合博物館であるスミソニアンにある博物館群の中でもアジアの美術品を専門に展示する博物館だ。
 しかも,さらに問題なのは,同ギャラリー中国館の地図には「南シナ海」という中国側が広報している海の名称があり,日本館には「日本海」と単独表記されているのに対し,韓国館には「東海」という表記が見当たらないことだ。
 ・・・
 VANKは「スミソニアン博物館のような世界的な博物館の韓国館でさえ日本海と単独表記されているのは,日本海表記を全世界に大々的に広めようとする日本政府の海外広報によるものだと考えられる。スミソニアン博物館のアジア関連ギャラリー側に日本海単独表記を東海表記に是正するよう求める抗議の書簡を送る」と明らかにした。’
と報道しています。
  「南シナ海」(South China Sea)も「日本海」(Sea of Japan)も 国際水路機関(International Hydrographic Organization,IHO)によって定められた国際標準名であって,中国や日本が広報している名称ではありません。「東海」は韓国が広報している韓国名です。船が安全に航行する目的のため,海図はIHOによって定められ,単独表記が原則です。それが気に入らず,世界中で韓国名の広報活動をしたいなら,その前に IHOを脱退するのが筋です。
  どこでも異常さと愚かさを発揮します。

「【コラム】安倍の謝罪? 望みもしない」  2015/7/15 中央日報・日本語版
   キム・ジュンヒョン経済部門記者によるコラムです。
   他国の首相を呼び捨てにした見出しを掲載する報道機関とは どのような組織なのでしょう。

「長崎・対馬の仏像1体 日本側に返還へ=韓国検察」  2015/7/15 聯合ニュース・日本語版
   ‘韓国の検察当局は7月15日,長崎県対馬市の寺と神社から盗まれ韓国に持ち込まれた仏像2体のうち,日本の国指定重要文化財「銅造如来立像」を返還すると発表した。
  検察当局は銅造如来立像について,「日本に持ち出された経路が確認されないという文化財庁の調査結果や,国内で所有権を主張する寺や団体がない」として,刑事訴訟法に基づき日本側の権利者である海神神社に返還するとした。
ただ,長崎県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」の場合は日本の観音寺と韓国の浮石寺の双方が所有権を主張しているほか,2013年に韓国・大田地裁が正当な手段で同仏像を取得したことが証明されるまで日本側に返還してはならないとする仮処分決定を下したとして,現段階では返還できないとした。
 ・・・
 仏像2体は韓国人3人が2012年10月,海神神社と観音寺から盗み,韓国に持ち込んだ。主犯格の2人は文化財保護法違反の罪で懲役3~4年の実刑判決を受けた。・・・ 仏像は韓国国立文化財研究所に保管され,日本側は2体すべての返還を認めていた
。(「求めていた」の間違い?)  ・・・ ’との報道です。
   3年経って返還とは,何か思惑があるのでしょうか?
   「観世音菩薩坐像」も 「正当な手段で同仏像を取得したことが証明されないから返さない」ではなく 「日本に持ち出された経路が確認されないから返す」とならないのは何故でしょう。裁判所より検察の方がまともですね。

「【コラム】『品格ある被害者』になるには」  2013/11/24 朝鮮日報・日本語版
  ‘・・・
   日本企業は世界各地の美術館・博物館をこのように支援し続けてきた。韓国で日本は「文化財略奪国」という扱いだが,国際社会で日本は「文化支援国」という待遇を受けている。
 ・・・
   返還を認めない決定を出しながら,裁判所は一審で窃盗団に対し懲役3年から4年の実刑判決を出した。犯人たちには懲役刑を言い渡しながら,「盗品」は韓国が持っているのだ。
 状況をもう一度整理してみよう。韓国の仏像が日本に渡った理由は「略奪」である可能性が最も高い。傍証(間接的な証拠)はあるが,これといった文書上の「証拠」はまだ見つかっていない。一方,韓国に今ある仏像が日本の寺から盗まれたものであることは間違いない。
 目の前の真実と過去に対する推測のどちらを先に解決すべきか。文明と法治を信じるなら,盗んできた物は一度返して,あらためて取り戻すべきだろう。もちろん,そのプロセスは煩雑で労が多いはずだ。しかし,被害者も「正道」を守り,程度をわきまえて怒りを表さなければ尊重されない。
 ・・・ 「自己主張ばかりの被害者」と「品格はあるが根気強い被害者」のどちらが国際社会の気持ちをつかめるかは言うまでもなく明白だ。文化部=朴垠柱 部長 ’
という1年半前 掲載のコラムです。
   「『正道』を守り 程度をわきまえて・・・」と考えるのは結構なことですが,そもそも被害者意識を何とかしないといけません。

理解困難な状態は変わりません。

|

« TVでの面白い発言(その6) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その116) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TVでの面白い発言(その6) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その116) »