« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月の32件の記事

2015年9月30日 (水)

‘Volkswagen Diesel Emission Scandal’の伝えられ方

フォルクス・ワーゲンが信じられない大事件を起こしました。

排ガス浄化装置を機能させると 「馬力」と「燃費」性能が低下するため,排ガステスト時にのみ機能させ,ドライバーは 「馬力」と「燃費」は分っても 「排ガス」の成分は分らないので 公道を走るときは浄化装置を機能させないソフトを搭載していたーと,初めは理解しました。

しばらくして,これは間違いで,排ガス規制は 200,000km走行後もクリアする必要があり,搭載している「浄化装置」(触媒型?)は 200,000km動かし続けると機能が低下して 200,000km走行後は規制値を満足しなくなるため,テスト時のみ機能させるというソフトを搭載していたというものでした。
テスト中であることは 「ハンドルが動かない」ことで認識するソフトのようです。

マツダの SKYACTIV-D は触媒型ではなく燃焼行程の工夫によるもので 上記とは関係ないのではと思いますが,詳しくはわかりません。

この事件の各国の報道のうち目立った見出しを紹介します。

Volkswagen plays dirty with “clean diesel”: Our view’,USA TODAY - Sep 21, 2015
    「VWの,‘クリーン・ディーゼル’に関わる汚れた行為」
    はっきりしています。

Volkswagen Scandal: How a “Defeat Device” Can Trick Car Emissions Tests, ABC News - ‎Sep 21, 2015
    「“Defeat Device”(無効化機能)はいかにして排ガス試験をごまかせるか?」
     *defeat device:排出ガス規制に適合させるための排ガス浄化機能の一部又は全部を,実際の走行状況にあって「無効化」するとみなされる機能‎

Volkswagen scandal could kill off diesel car’, Telegraph,co.UK - Sep 22, 2015
    「VWスキャンダルは ディーゼル車を全滅させうる」
    ‘kill off’は怖いですね。

Volkswagen's Little Engine That Couldn't’,NOVA Next - Sep 22,2015
    「できなかったVWの小さなエンジン」

Oh Volkswagen, What Have You Done!’, Forbes - Sep 22, 2015
    「おー,フォルクスワーゲン,何をしてくれたんだ!」
    感情そのままです。

Volkswagen scandal findings can be traced back to last year in West Virginia’, New York Daily News - Sep 23, 2015
    「VWのスキャンダル発覚は,去年のウェスト・バージニアに遡れる」
    NPOの依頼によって排ガス計測したのは ウェスト・バージニア大学でした。

VW scandal caused nearly 1m tonnes of extra pollution, analysis shows’, The Guardian - Sep 23, 2015
    「VWスキャンダルは,分析では 100万トン近い余分の汚染物質をもたらす」
    ‘1m tonnes’は  ‘1 metric tonnes’ではなく,‘1 million tonnes’です。
    記事内容の一部は次のとおりです。
   ‘Volkswagens rigging of emissions tests for 11m cars means they may be responsible for nearly 1m tonnes of air pollution every year, roughly the same as the UKs combined emissions for all power stations, vehicles, industry and agriculture, a Guardian analysis suggests.
    「VWの1,100万台の車の排ガステストにおける不正操作は,年間100万トンに近い大気汚染物質を発生させ,この値は 英国における発電所,車,工業,農業による全排出物にほぼ匹敵すると ガーディアンのアナリストは示唆した。」

For Germans, the Volkswagen scandal is a national embarrassment’, The Washington Post - Sep 23, 2015
     「ドイツ人にとって,VWスキャンダルは国家的恥辱」

What to do when the wheels fall off, The Suday Times - Sep 27, 2015
     「車輪が落下したとき,何をすべきか」

West Virginia Engineer Proves to Be a David to VW's Goliath’, The New York Times - Sep 23, 2015
     「ウェスト・バージニアのエンジニアが VWの‘ゴライアス’に対する‘ダビデ’になれることを証明した」
    羊飼いダビデが 巨人ゴライアスを倒しました。

What Was Volkswagen Thinking?’, The New York Times - Sep 23, 2015
     「フォルクスワーゲンは何を考えていたのか?」
    素直な疑問の見出しです。

Dirty secrets, The Economist - Sep 24, 2015
     「汚れた秘密」
     シンプルです。

Can Volkswagen Survive Its Defeat Device Crisis?’, The New York Times - Sep 24, 2015
     「フォルクスワーゲンは ‘Defeat Device Crisis’(無効化機能危機)を生き残れるか?」

Can the carmaker's new boss drive it out of trouble?’, The Economist - Sep 25, 2015
    「自動車会社の新しいボスはトラブルから抜け出せるか?」

| | コメント (0)

2015年9月29日 (火)

「Spain, Toledo の風景」を描く。

6枚目 「Spain,Toledo の風景」を描きました。

6spain_toledo_2
モノクロームでは さびしかったので,色鉛筆で少し彩色しました。

Img_9382BS TV の旅番組で Spain,Toledo の風景が,絵のように美しかったので,写真に撮って 絵にしました。

| | コメント (1)

2015年9月28日 (月)

今年も,慣用句などの年齢別理解度

文化庁が 9月17日に 「平成26年度 『国語に関する世論調査』の結果」を発表しました。

平成27年1~2月に 16歳以上の男女 1,942人(有効回答のみ)に対して 個別面接調査した結果とのことです。
年齢別 調査人数,男女比等の詳細は不明です。

調査項目は
(1)社会や家庭における言葉遣いについて
(2)外国人に対する日本語教育について
(3)手書き文字と印刷文字の字形について
(4)新しい複合語,省略語について
(5)慣用句等の意味・言い方について
などですが,ここでは 「慣用句(など)」の(年齢別)理解度% を紹介します。

下表に次の四つの慣用句等の意味(二つから選択)を尋ねた結果を示しています。
ゴシック体が正しい意味(報告書では 「辞書等で主に本来の意味とされる」と,寛容的。)です。

Photo
次に年齢による結果を示しています。
正しい意味を示した割合を青色の破線で表わしています。

Photo

おもむろ」を 「不意に」と思っている人の多さに驚きます。
何と 50代でも約半分,40代より若い人は70%近くが誤って理解しています。
「おもむろに立ち上がった。」などと書いても 正しく理解されないのでは感情を伝えるのが難しくなりました。

Photo_2

枯れ木も山のにぎわい」は 全世代,ほぼ同じ割合で,正しい意味より 誤った意味で理解している人が多い結果です。
謙遜して 「『枯れ木も山のにぎわい』でやってきました。」などと言っても 謙遜と受け止めない人の方が多いということです。

Photo_3

小春日和」は30代から上の世代で,やっと正しい意味で理解する人が多くなりますが,高齢者でもかなりの人が理解していません。
冬の季語です。TVの,この報告の報道で 「秋の季語です」と言った人がいて驚きました。
高校の英語の授業で,‘Indian Summer’を「小春日和」と習いました。(北米にも同じような気候があるらしい。)米国では大丈夫でしょうか。

Photo_4
全世代,正しい意味で理解している人が 誤って理解している人を上回っています。

興味深いのは 「分らない」と答えている人が 全ての言葉の全ての年代でほぼ10%を下回ることです。
   聞いたことがない言葉ならば 「分らない」と答える素直さが必要で,感覚で勝手に解釈して話に加わると議論が噛みあいません。
訊くのが恥ずかしければ自分で調べて正しい意味を確認する謙虚さが必要です。

| | コメント (1)

2015年9月27日 (日)

見出しに見る「勘違い」(その126)

「陸上短距離で頭角現す日・中…ボルトの17歳当時の記録を破った日本の少年」   2015/8/26 中央日報・日本語版
   ‘黒い肌に日章旗を付けてトラックに立った青年がいる。彼は世界的なスプリンターと肩を並べて走った。初めての世界陸上選手権大会でも臆することはなかった。日本の16歳のスプリンター,サニブラウン・アブデル・ハキームだ。 ・・・’と,8月25日の世界陸上選手権大会・男子200メートル予選結果を報じています。
   何の含みもないように この書き出しを選ぶ民族性は国際的に特殊であり,日本人には決して理解できないものです。

「ブッシュ氏 『米国遠征出産』を非難…韓人社会が集団反発」  2015/8/27 中央日報・日本語版
   ‘米国共和党の大統領選挙立候補者であるジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事が「アンカーベイビー(anchor baby)」という言葉でアジア系を批判すると,韓人社会が集団で反発した。アンカーベイビーは米国で出産すれば米国の国籍を取得できる制度を利用し,出産を通じて米国に錨(アンカー)を下ろすようにして定着する便法移民を意味する用語だ。主に中南米出身の不法移民者が米国で子供を産むことを非難する用語として使用されていたが,一部アジア人の遠征出産も含まれている。ブッシュ氏は8月24日,テキサス州の国境地域を訪れてアンカーベイビーに言及し,「アジア人が米国内出産を組織的に悪用している」としてアジア系を非難した。
   韓人(米国で暮らしている韓国人)社会は直ちに対応に出た。ワシントンとバージニア一帯の韓人会「ワシントン韓人連合会」は25日に声明を出して「事実に基づかない,軽蔑的かつ侮辱的な発言」としながら「ブッシュ氏は発言を撤回し,アジアンコミュニティに謝れ」と要求した。韓人2世が主軸の「米州韓人協議会」も「侮辱的で無礼だ」と論評した。・・・ 「ごく少数の行為があたかもアジア系全体に当てはまるかのように表現し,アジア系に対する認識を悪化させた」と批判した。・・・ ’
とのことです。
   名指ししてないのかも知れませんが,中国人と韓国人に該当する問題と思われます。
   韓人会が 「アジア系全体に当てはまるかのように表現し・・・」 と言って自ら範囲を拡大し,自らの行為を薄めようとするのは 日本人にとっては迷惑な話で,中国人と韓国人だけに限定して抗議してほしいところです。

「【コラム】韓日の歴史教育の差,30年後が恐ろしい」   2015/8/30 朝鮮日報・日本語版
   ‘ ・・・・ カイロ宣言では「強大国が韓国の独立を約束」,ヤルタ会談では「解放された韓国に対する信託統治論議」,ポツダム宣言では「ソ連の対日参戦と韓半島(朝鮮半島)の米ソ分割占領決定」…。意味もよく知らずに覚えたものの,忘れていた出来事を再び思い起こさせたのは,やはり「光復70年」だった。
    ・・・ 太極旗(韓国国旗)の波と愛国歌(韓国国歌)の熱唱の中,光復70年の祝賀行事は終わった。この記念すべき年に生きている私たちがしなければならないことがあるとしたら,韓国人にとって感激そのものの光復が,どれだけ列強の利害が複雑に絡み,幾重にも重なり合った世界史的な出来事だったかに気付くことだろう。それに気付かなければ,70年前の光復が今の各国間の力関係において韓国に与える教訓を読み取ることはできない。
   清国の干渉を受けた後,日本の植民地になり,解放と分断,南北に分かれての政府樹立,6・25戦争(朝鮮戦争)に至るまで,韓国近現代史のどれ一つ取っても世界史の流れ,特に国際勢力図の変化に対する理解なくしては説明できない。それにもかかわらず,外勢への抵抗と主体的対応のみを強調,外国の介入さえなければ韓国もうまいことやっていたはずだという「内在的発展論」を担ぎ出し,国外の歴史に目をつぶってきたというのが,これまでの韓国史研究や歴史教育の現実だった。
   韓国人が安倍談話の文言に神経をとがらせていた今月初め,日本の文部省は高等学校で日本史と世界史を合わせた「歴史総合」という必修科目を新たに作るという教育課程改定案を発表した。近現代の日本史と世界史を一つにして教えてこそ「現在進行の歴史」を理解する力が育ち,グローバル時代の変化に対応できるというのだ。一方,韓国教育部(省に相当)は今年5月,高校の韓国史教科書から世界史に関する部分を大幅に減らすという歴史教育課程改正案を発表した。このため,「開港期の西欧列強の接近と朝鮮の対応」 「日帝侵略に関連する国際情勢の変動と東アジアの変化」 「解放期の建国努力と国際社会の動き」など,従来の教育課程にあった世界史関連項目も教科書から消えることになった。こうした内容なしに,果たして韓国の近現代史が書けるのか疑問だ。・・・ ’
金泰翼 論説委員による コラムです。
    現在でも 疑問がある韓国人の歴史認識が,ますます,正しい歴史から離れていくのを危惧した正論に思えます。ますます「正しい歴認識を・・・ 」などと日本に言える立場から遠ざかっていきます。

混乱しています。

| | コメント (0)

2015年9月26日 (土)

名も無い(あるだろうけど)小さな花

Img_9403

直径が 10mm ほどの小さな花です。

Img_9401名前は分りません。

外出する時,裏道のコンクリートと石垣の隙間から生えていました。

ピンクの花びらと黄色の雄蕊,濃い朱色の蕾,なかなかのものです。

| | コメント (0)

2015年9月25日 (金)

The World’s Highest-Paid Actresses 2015

8月20日,Forbesが ‘The World's Highest-Paid Actresses 2015’を発表しました。

A truly global dollar tally of film's leading ladies, our international list measures money earned from June 1, 2014 to June 1, 2015 before subtracting management fees and taxes; figures are based on data from Nielsen, Box Office Mojo and IMDB, as well as interviews with agents, managers and lawyers.

「2014年6月1日から2015年6月1日までに稼いだ,マネージ料と税金を差し引く前の金額で トップ映画女優の収入リストである。
数字は,エージェント,マネージャー,弁護士とのインタビューは勿論,ニールセン,‘Box Office Mojo’,‘IMDB’からのデータに基づいている。」 として 18人が示されています。

2015_highestpaid_actress

1jennifer_lawrence2scarlett_johansson3melissa_mccarthy

4bingbing_fan

5jennifer_aniston6julia_roberts

7angelina_jolie8reese_witherspoon

9anne_hathaway9kristen_stewart

11cameron_diaz12gwyneth_paltrow

13amanda_seyfried13meryl_streep

13sandra_bullock16emma_stone

16mila_kunis18_natalie_portman

稼ぎ頭の Jennifer Lawrence が出演した 2014年,2015年公開(予定を含む)の映画はー

X-Men: Days of Future Past (2014)
Serena (2014)
The Hunger Games: Mockingjay – Part 1 (2014)
The Hunger Games: Mockingjay – Part 2 (2015)
Joy (2015)

売れっ子です。

| | コメント (0)

2015年9月24日 (木)

米国人にとって日本は ‘Favorable’か?

米国ギャロップ社による,米国人が好きな国,嫌いな国を示す調査結果(March 2015)がありました。
http://www.gallup.com/poll/181961/canada-great-britain-americans-favored-nations.aspx

調査は 2015年2月に 電話による成人(18歳以上)のランダム選出 837人に対して実施したものです。

2005_results
Bar_graph対象は22ヶ国で,日本は カナダ,UK,フランス,ドイツに次いで ‘Very Favorable’の7ヶ国に入っています。

トータルが100%に満たないのは,‘No Opinion’があるためです。

調査結果の詳細は次表に示す通りで ‘Very Favorable’,‘Mostly Favorable’,‘Mostly Unfavorable’,‘Very Unfavorable’,‘No Opinion’の 5つの選択肢に分けられています。

Country_list
日本に対する ‘Favorable’,‘Unfavorable’の1989年からの調査結果表と,それをグラフ化したものを次に示します。

Japan
Graph_2最近10年は ‘Favorable’が約80%,‘Unfavorable’が約15%で ほぼ一定化しています。

1992年~1995年に ‘Favorable’と ‘Unfavorable’のどちらもが 50%前後の時期があります。
   これは 1992年頃からの「バイ・アメリカン運動」の高まり,議会での保護主義的動き,1994年の日米包括経済協議決裂などの 「経済摩擦」の影響によるものと考えられます。
この時期を除くと ‘Favorable’が漸増し,‘Unfavorable’が漸減しています。

因みに 米国人が最も嫌いな国は 「北朝鮮」です。
「韓国」は対象国に入ってないので 不明です。おそらく,調査を始めた1989年頃,米国にとって韓国は関心を持つ国ではなく,調査の対象にならなかったのでしょう。
韓国系米国人が増え,母国の思惑で動いたり,特徴的行動が顕著になっている現在,米国人が韓国をどう思っているのか知りたいところです。

(追記)ランダム選出 837人による統計的誤差については下記のとおりです。

For results based on the total sample of national adults, the margin of sampling error is ±4 percentage points at the 95% confidence level. All reported margins of sampling error include computed design effects for weighting.
「サンプリング・エラーは 95%信頼度レベルで±4%」

| | コメント (0)

2015年9月23日 (水)

ラーメンは やっぱ 「マルタイ」たい。

Img_9045福岡県出身者にとって,インスタント・ラーメンは 「マルタイ」の棒ラーメンです。

これは 「九州を食す」シリーズの 「博多とんこつラーメン」です。

「九州を食す」シリーズは 九州各県毎に

・熊本黒マー油とんこつラーメン
・長崎あごだし入り醤油ラーメン
・鹿児島黒豚とんこつラーメン
・宮崎鶏塩ラーメン
・佐賀牛塩ラーメン
・大分鶏がら醤油ラーメン

Img_9049そして福岡県は 「博多とんこつラーメン」(長浜)に加えて 「久留米濃厚とんこつラーメン」の計8種類があります。

「昼,何か食べる?」の家人の問いに 「ラーメン」をリクエストしました。

「焼豚」がなく 「豚バラ肉」で代用,「キクラゲ」と 「紅生姜」は あったようです。

Img_9334これは マルタイ,とんこつ味 三種。

これも備蓄しています。

| | コメント (0)

2015年9月22日 (火)

習さんの歴史教訓

The_economist_coverThe Economisit’誌,8月15-21日号に掲載された記事 ‘Xi's history lessons’(習主席の歴史教訓)が Web版(8/15)に転載されていました。

表紙には ‘How China rewrites the past to control the future’(中国は未来を支配するために どのように過去を書き変えるか)と書かれています。

9月3日に行われた中国の「抗日戦争勝利70年」の記念式典と軍事パレード前の記事で,中国の狙いを論じています。

読んでみました。(拙訳御免)

*************************************

Xi’s history lessons

The Communist Party is plundering history to justify its present-day ambitions

(サブタイトル)現代の野心を正当化するための,共産党による歴史略奪

IN EARLY September President Xi Jinping will take the salute at a huge military parade in Beijing. It will be his most visible assertion of authority since he came to power in 2012: his first public appearance at such a display of missiles, tanks and goose-stepping troops. Officially the event will be all about the past, commemorating the end of the second world war in 1945 and remembering the 15m Chinese people who died in one of its bloodiest chapters: the Japanese invasion and occupation of China of 1937-45.

9月上旬に,習主席は,北京での大がかりな軍事パレードを閲兵する。
彼にとって,2012年に権力を握って以来,最大の権力の誇示ー ミサイル,戦車,兵士の行進パレードの前に姿をみせるーである。
公式には,イベントは過去のすべてー1945年の第二次世界大戦の終了,その最も血まみれの章の1つである死んだ1500万人の中国人,日本の侵略と1937-45の占領ーを追悼,記念するものである。

It will be a reminder of the bravery of China’s soldiers and their crucial role in confronting Asia’s monstrously aggressive imperial power. And rightly so: Chinese sacrifices during that hellish period deserve much wider recognition. Between 1937, when total war erupted in China, and late 1941, when the attack on Pearl Harbor brought America into the fray, China fought the Japanese alone. By the end of the war it had lost more people—soldiers and civilians—than any other country bar the Soviet Union.

それは、中国兵士の勇敢さと,アジアの非常に攻撃的な帝国の力に対峙した彼らの重要な役割を思い起こさせるものとなる。
確かに,その地獄の期間の中国の犠牲者は,より広く知られることに値する。
1937年に全面戦争が勃発してから,1941年後半の真珠湾攻撃によって米国が戦争に突入するまで,中国は単独で日本と戦った。
終戦までに中国は,ソ連を除く他のどの国よりも多くの兵士と市民の命を失った。

Yet next month’s parade is not just about remembrance; it is about the future, too. This is the first time that China is commemorating the war with a military show, rather than with solemn ceremony. The symbolism will not be lost on its neighbours. And it will unsettle them, for in East Asia today the rising, disruptive, undemocratic power is no longer a string of islands presided over by a god-emperor. It is the world’s most populous nation, led by a man whose vision for the future (a richer country with a stronger military arm) sounds a bit like one of Japan’s early imperial slogans. It would be wrong to press the parallel too far: China is not about to invade its neighbours. But there are reasons to worry about the way the Chinese Communist Party sees history—and massages it to justify its current ambitions.

だとしても,来月に行なわれるパレードは,追悼のためだけではなく,将来に対するものでもある。
中国が,厳粛な式典ではなく,軍事ショーで戦争を追悼するのは初めてのことである。
その象徴的意義は,隣国に対する示威である。
そして,これは彼らを不安にする,何故ならば,東アジアでは,日の出の勢いで,破壊的で,非民主的だった力は,もはや,神としての天皇によって統轄される島国ではない。
それは世界で最も人口が多く,そして,若干,日本の初期の帝国スローガンの1つのように聞こえる将来(より強い軍事力を備えた豊かな国)に対するヴィジョンを持つ男によって導かれている。
類似性が全くないと強調するのも間違っている,中国は,隣国を侵略しそうにないが,中国共産党の歴史の見方ー現在の野心を正当化するための改竄が心配になる理由がある。

History with Chinese characteristics

中国の特性による歴史

Under Mr Xi, the logic of history goes something like this. China played such an important role in vanquishing Japanese imperialism that not only does it deserve belated recognition for past valour and suffering, but also a greater say in how Asia is run today. Also, Japan is still dangerous. Chinese schools, museums and TV programmes constantly warn that the spirit of aggression still lurks across the water. A Chinese diplomat has implied that Japan’s prime minister, Shinzo Abe, is a new Voldemort, the epitome of evil in the “Harry Potter” series. At any moment Japan could menace Asia once more, party newspapers intone. China, again, is standing up to the threat.

習主席の下で,歴史の論理は,次のようになる。
「中国は日本の帝国主義打倒で重要な役割を果たした。したがって,過去の中国の勇気と苦しみは 遅くなったとしても正当に評価されるべきのみならず,今日のアジアの進むべき方向について大きな発言権を有して当然である。
それに,日本は 今日でも危険な国である。
だから,中国の学校,博物館,テレビ番組は,海を越えて密かに攻撃してくる危険性を絶えず警告している。
中国の外交官は,日本の安倍晋三首相が,新しい ‘Voldemort’(「ハリー・ポッター」シリーズの悪の典型)であると ほのめかしている。
いつ何時,日本はアジアに再度 脅威を与えるかも知れないと,党機関紙は唱え,中国は,再び,脅威に立ち向かっている。」

As our essay on the ghosts of the war that ended 70 years ago this week explains, this narrative requires exquisite contortions. For one thing, it was not the Chinese communists who bore the brunt of the fighting against Japan, but their sworn enemies, the Nationalists (or Kuomintang) under Chiang Kai-shek. For another, today’s Japan is nothing like the country that slaughtered the inhabitants of Nanjing, forced Korean and Chinese women into military brothels or tested biological weapons on civilians.

70年前に終わった戦争の幻影に関する我々のエッセイが今週 説明したように,習主席の主張は歴史の歪曲の下に成り立つ。
第一に,日本と戦ったのは,中国共産党ではなく,彼らの宿敵である蒋介石の下の国民党だった。
第二に,今日の日本は,南京市民を虐殺し,韓国と中国の女性を慰安婦にし,民間人に生物兵器を試した,戦争時の日本ではない。

Granted, Japan never repented of its war record as full-throatedly as Germany did. Even today a small but vocal group of Japanese ultra-nationalists deny their country’s war crimes, and Mr Abe, shamefully, sometimes panders to them. Yet the idea that Japan remains an aggressive power is absurd. Its soldiers have not fired a shot in anger since 1945. Its democracy is deeply entrenched; its respect for human rights profound. Most Japanese acknowledge their country’s war guilt. Successive governments have apologised, and Mr Abe is expected to do the same (see article). Today Japan is ageing, shrinking, largely pacifist and, because of the trauma of Hiroshima and Nagasaki, unlikely ever to possess nuclear weapons.

確かに日本は,ドイツほど明白に謝罪してない。
今日でさえ,小さいが声をあげる超民族主義者のグループは戦争犯罪を否定し,安倍首相は恥知らずにも,時に 彼らに迎合することがある。
それでも,日本が 今でも,好戦的のままであるという考えは馬鹿げている。
日本は,1945年以降,怒りで発砲したことは一度もない。
民主主義は深く根を下ろし,人権を尊重している。
大部分の日本人は,戦争犯罪を認めており,歴代の政府は謝罪してきており,安倍首相もそれを継承している。
今日,日本は高齢化と人口減少が進む平和主義の国であり,広島と長崎のトラウマから 核兵器を所有する可能性はほとんどない。

The dangers of demonisation

悪魔化の危険性

China’s demonisation of Japan is not only unfair; it is also risky. Governments that stoke up nationalist animosity cannot always control it. So far, China’s big show of challenging Japan’s control of the Senkaku (or Diaoyu) islands has involved only sabre-rattling, not bloodshed. But there is always a danger that a miscalculation could lead to something worse.

中国による日本の悪魔化は,不当であるだけでなく,危険でもある。
政府が煽った民族主義的なな憎悪は,政府にも制御できなくなる可能性がある。
現在のところ,日本の尖閣諸島支配に対する中国の挑戦は,威嚇の範囲にとどまっているが,誤算によって事態がエスカレートする危険性が常に存在している。

East Asia’s old war wounds have not yet healed. The Korean peninsula remains sundered, China and Taiwan are separate, and even Japan can be said to be split, for since 1945 America has used the southern island of Okinawa as its main military stronghold in the western Pacific. The Taiwan Strait and the border between North and South Korea continue to be potential flashpoints; whether they one day turn violent depends largely on China’s behaviour, for better or worse. It is naive to assume America will always be able to keep a lid on things.

東アジアの戦争の古傷は,まだ癒えてない。
朝鮮半島は分断されたままであり,中国と台湾は分れている。そして,日本さえ引き裂かれていると言うことができる。なぜならば,1945年以降,アメリカは西太平洋の主な軍の拠点として沖縄の南部の島を使っている。
台湾海峡と南北朝鮮の間の国境は,潜在的引火点であり続けている。
これらがある日,暴力的事態に発展するかどうかの大部分は中国の振る舞い如何にかかっており,アメリカが常に紛争の勃発を抑制できるとの考えは甘い。

On the contrary, many Asians worry that China’s ambitions set it on a collision course with the superpower and the smaller nations that shelter under its security umbrella. When China picks fights with Japan in the East China Sea, or builds airstrips on historically disputed reefs in the South China Sea, it feeds those fears. It also risks sucking America into its territorial disputes, and raises the chances of eventual conflict.

それどころか,アジアでは中国の野心がアメリカやその傘下にある諸国と衝突するのではないかと懸念されている。
中国が東シナ海で日本に戦いを仕掛ける,あるいは,南シナ海の歴史的に論争がある岩礁に滑走路を作ることは,これらの恐れを増大させ,更には,アメリカを領土争いに巻き込んで,紛争が起きる可能性を高める。

Post-war East Asia is not like western Europe. No NATO or European Union binds former foes together. France’s determination to promote lasting peace by uniting under a common set of rules with Germany, its old invader, has no Asian equivalent. East Asia is therefore less stable than western Europe: a fissile mix of countries both rich and poor, democratic and authoritarian, with far less agreement on common values or even where their borders lie. Small wonder Asians are skittish when the regional giant, ruled by a single party that draws little distinction between itself and the Chinese nation, plays up themes of historical victimhood and the need to correct for it.

戦後の東アジアは,西欧と違って かつての敵同士を結ぶNATO,あるいはEUのような仕組みがない。
かつての侵略国であるドイツと共通のルールの下で結びつくことによって,平和を継続させようとするフランスの決意のようなものはアジアには存在しない。
したがって,東アジアは西欧に比べて不安定で,富裕国と貧困国,民主国家と専制国家が混在し,共通の価値観を欠き,不安定で分裂し易い。
一党独裁である地域の巨人,中国が,歴史の被害者を標榜してその是正の必要性を強調すれば,アジア諸国が動揺するのは当然である。

How much better it would be if China sought regional leadership not on the basis of the past, but on how constructive its behaviour is today. If Mr Xi were to commit China to multilateral efforts to foster regional stability, he would show that he has truly learned the lessons of history. That would be far, far better than repeating it.

中国が過去に基づくのではなく,現代の建設的行動に基づいて地域の主導権を主張してくれたらどれ程よいことか。
習主席が地域の安定を促進する多国間主義をとるのなら,彼は真に歴史の教訓を学んだと言える。
歴史は繰り返すのではなく,学ぶものである。

*************************************

「中国が,歴史を歪曲して 己の野心を正当化しようとしている」との主旨です。

この中国の意図を察した主要国の首脳は,9月3日の訪中を断りましたが,出席した国連事務総長はこの意図を理解する能力に欠けていたのか,知っていて公平さを示したのか不明です。

(追記)この記事における日本の記述に ややひっかかりがありました。
特に 日本に対する(過去の)検証されてない事象の鵜呑みによる記述です。

| | コメント (0)

2015年9月21日 (月)

「Clarksの Desert Boots」を描く。

5枚目 「Clarks,Desert Boots」を描きました。

Desert_boots
雰囲気だけで素早く描いたフローリングの木目がうまくいきました。(文字通り,自画自賛。)

約45年前の学生時代,デザート・ブーツ(但し,‘Clarks’ではなく,‘Regal’)のペン画が 「MEN'S CLUB」の読者欄に掲載されたことを思い出しました。
謝礼をもらったような気がしますが,何だったかの記憶はありません。
学生時代の‘Regal’から 就職後の ‘Clarks’に変わったとはいえ,45年以上 一時も絶えることなく ‘Desert Boots’を履いています。

*A4のスケッチ・ブックに鉛筆で描いています。

| | コメント (0)

2015年9月20日 (日)

大波か,雲か!

Img_9385

Img_9386a

2015年9月20日16時頃,広島県呉市 休山の上(旧呉市内の南方向)に現れた雲です。

波頭が砕ける大波のようです。

名前があるのかないのか不明です。

Img_9388a
Img_9388d

東方向に向かうにつれて 徐々に崩れてー

Img_9391
東の端で消えています。

もう一度,西の端をー

Img_9386
東南東の風が強く,30分ほどで消えました。

時には 秋の空を眺めましょう。

(追記)同じ日,近所で 黄色い彼岸花を見ました。

A

| | コメント (0)

TVでの面白い発言(その9)

○8月29日,NHK総合 「SONGS」で,井上陽水さんが 7月にリリースしたカバー・アルバムから何曲か歌っていました。
   吉田拓郎の「リンゴ」を歌う前にー
   「拓郎とは すっごい仲良しで,誕生日には もう ケーキを持って,彼の家に行って ハッピーバースデーを歌う仲ではないけど,ハッハハ,遭ったら 取っ組み合いをするという仲でもないんですよ。アッハッハ。あの二人はどうなのーという見方が一部であるのは知ってますから,ちょっとそういう吉田拓郎の歌を歌うと,あのー,少し驚いてくれる人もいるのかなあーとは思いましたね。

○補聴器のCMでー
   「あなたの‘聞こえ’をお手伝い
   動詞の名詞化が盛んです。
   老眼鏡のCMでー
   「あなたの ‘見え’をお手伝い」 はまだ見ていません。
   「‘学び’が変わろうとしている」という学習機器のCMはあります。
   言いたいことは理解できます。

○フジテレビの夕方のニュース番組に出演していた
   学生団体 「SEALDs」の奥田愛基さん
   「なぜ国民全員が安倍首相のワガママにつきあわなければならないんでしょうか
   その語気で 単純に納得してはいけません。
   時事通信社の田崎史郎さんが一言
   「選挙で選ばれた(選んだ)からですよ
   日本の政治と民主主義のシステムの勉強がまず必要です。
   「国民全員」,「ワガママ」は主観的すぎます。デモに参加する人が国民全員を代表しているわけではありません。
    折角の団体の,知的レベルを疑わせる情緒的発言を全国放送で披露したのはまずかったですね。
    安保関連法を必要と考える人は 普通,声をあげず,デモもせず,静かに成立を待っていたのでしょう。

| | コメント (2)

2015年9月19日 (土)

見出しに見る「勘違い」(その125)

「【コラム】謝罪要求は,もうそれぐらいにして=韓国」  2015/8/15 中央日報・日本語版
   ペ・ミョンボック論説委員・巡回特派員によるコラムで,多くの部分が韓国的ですが,最後の部分に 韓国人には珍しく自省的内容がありました。      
  ‘・・・
    安倍首相は「侵略に対する定義は定まっていない」と公言して,侵略戦争の象徴である靖国神社をこれ見よがしに参拝した人物だ。そんな彼にで期待できる「最大値」が何なのかを,安倍談話は明らかに見せた。A級戦犯を母方の祖父に持つ彼の限界だ。これ以上,彼に謝罪を要求するのは無理だ。
   400年余り前,日本は朝鮮を侵略した。自ら国を守る力がない朝鮮は,明国に救援を求め,壬辰倭乱(文禄・慶長の役)は日中戦争になった。忠武公が活躍した海で韓日戦争の様相を見せただけだ。延世大学のソン・ボク名誉教授が著書(『柳成龍,国を再びつくる時になりました』)で指摘した通り,壬辰倭乱は「朝鮮分割戦争」だった。倭は朝鮮の南側4島を占領しようとし,明は漢江北側4島を守って防衛の垣根にしようとした。言葉では表せない苦痛と侮辱を受けても朝鮮は「懲ビ(先の過ちを戒めて後難を警戒する)」できなかった。急忘と外勢依存に陥った朝鮮は300年後,国を日本にそっくり譲り渡してしまった。自ら強くなれず植民地となり,ついに南北分割までが現実となった。
   光復(解放)70年を迎えた韓国に「偉大な旅程」を祝う歓声や合唱はあったが,どこからも懲ビの声は聞こえなかった。懲ビを通した自強こそ,安倍談話に対する私たちの最も強力な対応だ。だが大統領の光復70年の祝辞にも懲ビと自強の叫びはなかった。声ばかり張り上げるとなるのは,もちろん違う。賢くならなければならず,道徳と品格で尊敬を受けなければならない。果たして私たちは賢いのか。安倍首相を恥ずかしくさせるほどの徳性があるのか。まだまだだ。’
と書いています。「懲ビ」はほとんど聞かない言葉です。漢字では「懲毖」でしょうか。
   「道徳と品格で尊敬を受けなければならない。」 などと高望みすることなく,世界から軽蔑されない,疎まれないよう振舞うことを第一歩とすべきでしょう。

「米国の専門家73% 『韓日葛藤,双方に責任ある』」  2015/8/19 中央日報・日本語版
   ‘「もちろん1次責任は日本にある。しかし状況がこのようになったのは韓国の責任もある」。
  過去の問題をめぐり韓国と日本の葛藤が長期化し,米ワシントンの大勢は「両国責任論」に傾いていることが分かった。中央日報が8月14日の安倍談話発表の後,米戦略国際問題研究所(CSIS),ヘリテージ財団,ウッドロー・ウィルソンセンターなど米政府に大きな影響力を行使する主要シンクタンクと大学の北東アジア専門家16人に「現在の韓日葛藤の責任はどちらにあると思うか」と質問した結果,73%(8人,無回答者5人除く)が「双方(韓国と日本)に責任がある」と答えた。「日本に責任がある」と答えた回答者は27%(3人)にすぎなかった。
  特に慰安婦問題の解決を求める声明を主導した学界の2人を除いたシンクタンクの専門家だけを対象にする場合,「日本責任論」を主張する責任者は1人(ジェームズ・パーソン・ウッドロー・ウィルソンセンター韓国研究センター研究員)だけだ。こうした結果はワシントンのシンクタンク内に韓国専門家より日本専門家がはるかに多いためでもある。しかし「韓国はいつもゴールポストを動かす(moving goal posts)」という日本の「ゴールポスト論」攻勢に,韓国外交当局が論理的に対応していないという指摘もある。・・・
  「両国責任論」を主張する米国の専門家の意見は概して「歴史的には日本に90%の責任がある。しかし政治的には日本に60%,韓国に40%の責任がある」(マイケル・グリーンCSIS上級副所長兼日本チェア)という意見に圧縮された。
   ・・・’
との報道です。
   冒頭の 「日韓葛藤の1次責任は,もちろん日本にある。」が 先ず不思議です。
   「日韓葛藤」の定義は何でしょう?
   70年前の,既に 謝罪と補償が済んだ事で 責任を問われる筋合いはなく,「日韓葛藤」の1次責任は理不尽な要求をする韓国にあり,それに応えないことを,日本の責任とする根拠は何でしょう。
   「韓国に責任がある」との回答者が米国にいないのが不思議です。
   中央日報による質問なので この結果になったのでしょうか。

「【コラム】『ハンデなし』の対日外交,韓国は準備できているのか」  2015/8/20 朝鮮日報・日本語版
   金昌均(キム・チャンギュン)副局長(社会部長) によるコラムです。
  ‘ ・・・
 韓国人は,高慢で無礼だと安倍首相一人に向かって憤怒しているが,彼の言葉は多くの日本国民の本音を代弁していると見なすべきだ。日本は韓国に向かい「十分に謝罪したじゃないか。もう債務関係にけりをつけよう」と叫んでいるのだ。
   ・・・
   日本の戦前の世代は,過去について負い目を感じていた。韓国を下に見ていたため,韓国に配慮するそぶりを見せる余裕もあった。また,米国は韓米日の三角同盟体制を維持するため,日本に譲歩を促した。韓日外交戦の「運動場」は片側に傾いていたのだ。
 だが月日がたち,事情は変わっている。・・・ 国と覇権争いを繰り広げる米国も,韓日の間で弱者に肩入れするほど暇な状況ではない。
 ・・・
 安倍首相は最初から,韓国に謝罪する考えはなかった。そして韓国は,安倍首相に望まないことをさせる手段を持たなかった。以前なら韓国の味方をしてくれたであろう米国も,韓国の歴史問題に対する執着にうんざりしている。朴大統領の原則は,外交舞台では全く通じなかった。
 韓日の外交はこれまで,ハンディキャップ付きのゲームだった。日本は歴史問題というハンデを背負って韓国と向き合ってきた。その日本が,終戦70年という節目の年に,ハンデをなくして「普通の外交」に転換すると宣言したのだ。・・・ 歴史問題の追及に依存していた韓国外交は実力対実力で日本を相手にせねばならない現実に直面することになった。
 ・・・韓国の内部でしか通用しない生半可な大義名分を掲げて相手を怒鳴りつけても,国際舞台で嘲笑されるだけだ。韓国は果たして,平らな運動場で日本と相対する準備ができているのだろうか。’
と書いています。
   状況が分ってきている韓国人もいるようです。
   今後は,韓国を,それなりに成長した国と見做し,対等な外交可能な,普通の国として対峙し,子供のような我が儘は無視するということです。
   「我々,韓国人の気持ちをどうしてくれるんだ。」などと,何の理屈もなく 泣き叫んだり,怒鳴ったりしても相手にしませんよ,ということです。

時間がかかりましたが,ぼつぼつ 状況が分り始めたのでしょうか。

| | コメント (0)

2015年9月18日 (金)

見出しに見る「勘違い」(その124)

「【寄稿】うそと不公平の蔓延を克服して先進国を目指せ」  2015/8/16 朝鮮日報・日本語版
   尹平重(ユン・ピョンジュン)韓神大教授(政治哲学)の寄稿で,ほぼ正論です。
   ‘日本による植民地支配からの解放,「光復」から70年を迎えた。苦難の歳月を経て,韓国は世界最貧国から経済大国に飛躍した。・・・ 樹立から100年にも満たない大韓民国が「準先進国」に台頭したのだ。これは世界史でも類を見ないほどの大きな成果だ。
 だが,まだ道半ばであるのも事実だ。
 ・・・韓国が先進国へ向かう道には大きな壁が立ちはだかる。北朝鮮問題,経済再生,福祉充実,政党刷新、公共・教育改革などの難題が山積しているなか,社会的な「信頼の不在」が致命的な障害物となっているのだ。
 OECDが8月9日に発表した報告書『一目で見る政府2015』は,韓国の素顔をあばき出した。司法制度に対する韓国人の信頼度は27%で,調査対象42カ国のうち39位と最下位レベルだった。・・・ 「総体的不信社会,韓国」の衝撃的な一面だ。
 ・・・
   信頼の不在は,私たちの日常でも同様だ。うそをついて相手をだます詐欺や偽証などの発生率は,日本に比べ数十倍から数千倍も高い。・・・
 不信と不公正は共和社会にとっての最大の敵だ。・・・ 人々が自ら同意した法治主義で自由と正義を実践していく共同体が,すなわち共和社会なのだ。・・・ そのため,重大な罪を犯した財閥オーナーに対する特恵同然の赦免は,民主共和国における法の信頼性を損なうだけでなく,社会の統合までも阻害する。
 ・・・ 信頼こそが人々の暮らしを豊かにし,国の格を引き上げる決定的なパワーなのだ。信頼が根付いていなければ先進国にもなれない。・・・’
とのことです。
    うそをついて相手をだます詐欺や偽証などの発生率は,日本に比べ数十倍から数千倍も高い。」 ことを日本人は経験的に,身に染みてよく知っており,この倍率は納得できる値です。これが改善されない限り,韓国人と真面に議論することや約束をすることを躊躇うのは已むを得ません。
   韓国で このような啓蒙的議論が一層進むことが望まれます。

「韓国アイドルが謝罪 解放記念公演で日本語入り衣装」   2015/8/16 聯合ニュース・日本語版
   ‘韓国の7人組アイドルグループ,Block B(ブロックビー)のメンバーが光復(日本による植民地支配からの解放)70周年を祝う音楽フェスティバルで日本語が書かれた衣装を着ていたことが問題となり,このメンバーが16日,所属事務所を通じて謝罪した。
   問題になったのはグループのメンバーが15日の公演で身につけていた衣装。舞台衣装には日本語で「問題ない」と書かれており,日本語が書かれていたことや意味を知ったネットユーザーらから不適切だとの批判が出ていた。
   メンバーは「フェスティバルの趣旨に合わない衣装で多くの方に不愉快な思いをさせてしまいました。今後は衣装について慎重を期します」と謝罪した。’
との報道です。
   これを読むと,韓国は日本に永遠に謝罪を求め続けるだろうという考えも,あながち間違いではないという気になります。

「【コラム】我々が手を握るべき日本人たち=韓国」  2015/8/17 中央日報・日本語版
    はて誰でしょうか?
   ‘紆余曲折の末,安倍晋三首相の終戦70年談話が8月14日に発表された。6ヶ月間にわたり緻密に準備したというが,安倍首相の歴史修正主義主張を巧妙かつ執拗に包装し掛け接ぎした。
    深い謝罪はなかった。朴槿恵 大統領が翌日の8・15 光復(解放)70周年演説で述べたように「我々としては残念な部分が少なくないのが事実」だ。
   ・・・
  その過程で忘れてはならないことがある。日本には安倍首相と右翼だけが存在するのではなく,常識が通じる良心勢力が少なくないという事実だ。
   安倍首相の談話騒乱の前に見られた重要な場面がある。柳寛順 烈士が投獄された西大門刑務所を,12日に訪問して謝罪した鳩山由紀夫元首相(68)だ。日本の韓国植民地統治について,鳩山元首相は「心から申し訳なく思う。おわびの気持ちをささげていきたい」と述べ,頭を下げた。黒いネクタイに白い手袋をした鳩山元首相の表情は厳粛で真摯だった。・・・
  こうした良心的な日本人の勇気ある行動には熱い拍手で応えよう。我々が鳩山元首相を積極的に称賛してこそ,より多くの「第2の鳩山」が出てくるだろう。ひざまずいた鳩山元首相の写真をネットユーザーは世界に広めよう。安倍談話を激しく非難して怒り,その後すぐ忘れてしまうよりかははるかに価値がある。
   ・・・
   右翼が脅迫しても旧日本軍慰安婦と強制徴用の真実を知らせて記録する日本人は少なくない。この人たちと手を握る我々の小さな努力が積み重ねられてこそ,韓日関係80周年にはもう少し変わった日本に会えるだろう。’
との チャン・セジョン中央SUNDAY次長によるコラムです。
   常識を超えた言動故に,日本では日本人,更には地球人とも見做されなくなり,まともに,誰にも相手にされなくなった元日本首相が,韓国の地で 「常識が通じる良心的日本人」の輝かしい地位を得たという話です。

興味深い先進国になれるでしょうか。 

| | コメント (0)

2015年9月17日 (木)

茶碗,砥部焼に買い替える。

Img_931120年ほど使っている茶碗にヒビが入っているのに気が付きました。

この前は 萩焼を使っていました。

これは 関東在住時,後楽園球場で開催された「陶器市」で見つけて買ったもので,何焼かは分りません。

たまたま 広島アンデルセンで 「秋の砥部焼展」(8/20~9/30)が開催中だったので,今度は砥部焼にしようと出かけました。

Img_9316_4適当な大きさの茶碗が見つかりませんでしたが,歳を考えれば こんなものだろうと,やや小ぶりの,やや茶碗らしくないものを買いました。

二つを並べると かなり小さくなりました。

Img_9318Img_9319

| | コメント (2)

2015年9月16日 (水)

「カランコエ」が咲いた。

Img_9364
8月半ばに 「そごう」デパート 会員の誕生祝いで家人がもらった 「カランコエ」に花が付きました。

Img_9367小さな花ですが,趣があります。

| | コメント (0)

2015年9月15日 (火)

TVでの面白い発言(その8)

○報道ステーションでの古館アナウンサー,テレビ朝日の方針に沿って喋る内容もさることながら,使う言葉にも驚くことがあります。
   先日,寝屋川の死体遺棄事件で 遺体が発見された現場にいる女性アナウンサーに尋ねました。
   「そちらの空気感は如何ですか?
    芸術的過ぎます。
    女性アナウンサーは困ったことでしょう。
    民家とどのくらい離れているのか,街灯の類はあるのか,人が通るような場所なのかなど含めて 「様子」でいいのではないですか?
    「空気感」では 答えられません。

○「ボクらの時代」に,大竹しのぶ,キムラ緑子と一緒に出ていた渡辺えり,
   「小学6年生のとき学芸会に出たら,他のクラスの子から 『あのクラスだけ担任の先生が出ていてズルイ』と言われた。」

○同じく 渡辺えり,若い頃,桃井かおりに間違えられるくらい似ていたそうです。
   ある化粧品会社からオファーがありました。
   「使用前:渡辺えり,使用後:桃井かおり で使いたい。

○同じ番組で
   キムラ緑子 「学生時代 芝居をやっていた。その頃,女子大生ブームで おじさん達によく食事に連れてもらって いい思いをしたんだけど,最近は,逆になって 共演した男の子達をよく食事に連れて行くのよ。あの頃の おじさんの気持ちが分るようになったの。ところで,男の子達は 私のことどう思っているのかしら。」
   大竹しのぶ 「何とも思ってないよ。

| | コメント (0)

2015年9月14日 (月)

Baracuta の新製品 ‘Waxed Cotton G9 Jacket’

Baracuta から新製品紹介のMailが来ました。
かつて Jacketを 2枚 個人輸入したことがあり,それ以来,イギリスからイタリアに経営が移ってもMailが来ます。

Introducing the Waxed Cotton G9 Jacket’です。

写真中の ‘Patina’の意味が分らず調べるとー
「緑青」がまずあって,次に 「古趣」,「風格」と出ました。
used風の防水」というところでしょうか。

Mail_2
Baracuta のサイトで確認しました。

G9_padded_jacket
・・・ treated with rubber balls for a waxy finish and used look.’ とあります。

「ゴム・ボールでワックス加工する」というのは よく分りませんが,‘used’風の仕上がりのようです。
さらに Mail の写真にあるように ‘Baracuta’のLogo を織り込んだ ジャガード・ニットのライニング付きで,更に ‘Thermore poly padding’(ポリエステルの詰め物)とあるので 暖かそうです。

色は ‘Navy’の他に ‘Greezly’とあり,‘Grizzly’なら灰色でしょうが,‘Greezly’は辞書にありません。
サイトの写真では 濃い茶色に見えます。

値段は 通常のG9€299 なのに対して €389(≒ \52,000),送料を €30 としてトータル 約 \56,000。

Country_selection欲しくても,経営がイギリスからイタリアの会社に移って以来,日本への直接販売を止めているので 悩むことはない,と思いながら 確認すると いつの間にか ‘Delivery Country’に日本が追加されていました。

困ったものです。しかし,買いません。
現役時代なら 買っていたかも知れません。

4年前(2011年) ‘Project 137’という名前で ‘Millerain Wax Fabric’による ‘G9 Wax Harrington Jacket’が限定137着,£250 で売り出されました。
割引で £150 だとの Mailで 急いで発注したのですが,売り切れていたことがありました。

Project_137

| | コメント (0)

2015年9月13日 (日)

オーストラリアにおける「民主主義の勝利」

昨年2月,豪州シドニー郊外のストラスフィールド市で,中国系および韓国系の市民団体が「反日本戦争犯罪連盟」を結成し,大手メディアを通じて日本の戦争犯罪を糾弾し,慰安婦像が「女性の人権問題解決のために必要だ」と主張して,慰安婦像の設置を求めました。

このような動きに対し,昨年4月に現地で,コミュニティーの調和を守るために慰安婦像設置の阻止を目指す「オーストラリア・ジャパン・コミュニティー・ネットワーク」(AJCN,山岡鉄秀代表)が結成され,AJCNは,「非敵対的合理主義」をモットーに,民主的な方法で冷静に正論を訴えてきました。
その後,1年以上かけて市議会が審議し,8月11日に市長を含む市議6人全員が慰安婦像設置に反対する結果に至りました。

Front_pageこのニュースを ローカルのFree PaperStrathfield Scene’は,トップで 右のように伝えています。

記事の中央部には ‘THE PROPOSAL DOES NOT MEET THE CRITERIA OF COUNCIL'S MEMORIAL POLICY’(提案は,議会の記念碑の方針の基準を満たしてない。)とあります。

記事内容は 最後のページに朝鮮語と日本語に翻訳されて示されています。

日本語を下に示します。

1_of_22_of_2
更に 同紙の Net NewsourStrathfield.com.au’は 8月11日付けで伝えています。

*************************************

見出しはー

Victory for democracy as comfort women statue fails to get the go-ahead
「慰安婦像建立の否決は 民主主義の勝利」です。

In what most agreed was a victory for Australian democracy played out on an international stage, Strathfield councillors tonight voted to take no action on a proposal to build a statue to commemorate the so-called comfort women of World War II.

ストラスフィールドの議員が 今夜,第二次世界大戦の所謂 慰安婦を記念する像を設置する提案に投票で否決したことは,国際舞台にオーストラリアの民主主義の勝利を示したことだと多くの人が同意した。

The decision is expected to finally draw a line under a long running and at times emotion-charged debate on whether or not Strathfield’s town square was the place for such a memorial.

この決定は,ストラスフィールドの町の広場が,そのような記念の場所にふさわしいか否かに関する,長く,時に感情的議論に最終的にけじめをつけた。

(中略)

Mayor Gulian Vaccari, who chaired the meeting, told three reporters from the foreign media:  “I saw respect for Australian democracy.  I saw Australian democracy in action.”  

会議の議長を務めたグリアン・バカーリ市長は,3人の海外メディアのリポーターに 「私は,オーストラリアの民主主義への敬意と,オーストラリアの民主主義の実現を目撃した。」と語った。

(中略)

Six councillors voted unanimously to take no action, a position endorsed by council officers who maintained the memorial breached the municipality’s policy.

6人の議員は実施しないことを全会一致で決定し,その立場は記念碑が自治体の方針に違反すると主張する議会役員によって支持された。

(中略)

“This is Australia – we don’t have sub-branches of Koreans, Chinese or citizen of United States.  We are all Australians.”

「ここは オーストラリアだ。 ここには,韓国人,中国人,さらにアメリカ合衆国の市民の出張所はないし,我々は,皆,オーストラリア人だ。」

(中略)

In the end, he said, most would accept the decision made and “go home as Australians.”

最終的に,多くの人々が決定を受け入れ,「オーストラリア人として帰宅した」 と彼は語った。

The meeting broke up peacefully.

議会は,平和的に解散した。

*************************************

| | コメント (0)

2015年9月12日 (土)

「しょうがの花」(だと思う)

Img_9358
玄関に花が活けられていました。

呉駅前の農協で買った 「花みょうが」とのことでしたが,調べてみると 「花みょうが」は 食用の 「茗荷」と同義で,地表近くに咲くので これは違うと思い,更に調べて 「しょうがの花」だと分りました。(おそらく)

Img_9353Img_9356

Img_9354Img_9352

「みょうが」は 「しょうが科しょうが属」なので 「しょうが」の花の付き方は 「みょうが」と同じ穂状です。

純白の清々しさが 蘭に比肩する,とは書きすぎでしょうか。

| | コメント (1)

2015年9月11日 (金)

見出しに見る「勘違い」(その123)

「東海・独島表記,世界の古地図の6割以上は韓国式」  2015/8/12 朝鮮日報・日本語版
   相変わらずの我田引水です。
   日本は,韓国による意図的に取捨選択した古地図調査点数の数倍の古地図を,英国,米国,ロシア,フランス,ドイツで調査し,‘韓国式’名称より‘日本海’が多いことを確認済みです。(外務省ホームページに詳細記載。この‘韓国式’の定義は不明です。)
   更に,‘韓国式’の中では 「朝鮮海」が圧倒的に多く(現在の日本海の範囲ではなく韓国近海を呼称していると見るべき),韓国が唱えている 「東海」が極めて少ないことを韓国は承知しているのにも拘らず,「‘韓国式’が昔は多かったから,韓国式の『東海』とすべき」という,常人には理解できない理屈を堂々と主張するところが韓国人の韓国人たる所以です。
   そもそも,「昔,こう呼んでいたから・・・」などという変更要求理由は 国際海図記載名称には無関係な話しで,せいぜいインテリアの古地図として壁に貼っておくのに有効なくらいでしょう。

「国連総長 『日本,歴史を謙虚に反省すべき』…異例の要求」  2015/8/13 中央日報・日本語版
   ‘潘基文・国連事務総長は 8月12日,日本政府に歴史に対する謙虚な反省がなければならないと促した。
   13日,韓国の聯合ニュースは,潘総長が日本の安倍晋三首相が14日に発表する予定の戦後70年談話に関連して「日本は歴史に対する真の反省に基づく真の和解と協力を通じてより良い未来に向かって進まなければならない」と述べたと報じた。
   これについて韓国メディアは,潘総長が日本の歴史問題について公開的に「反省」を促したことは非常に異例なことだと評した。’
との報道です。
   文字通り異例中の異例です。国連事務総長が 特定国の政治的主張に沿い,特定国の主張を無視して謙虚な反省を促したのが事実だとすれば,中立・公正の原則を無視した狂気の沙汰と言うべきでしょう。一国の元首の,これから行うスピーチに注文をつけるなど国連事務総長でなくても考えられないことです。

「【コラム】日本の精神的・道徳的優位に立って堂々と=韓国」  2015/8/14 中央日報・日本語版
   チョン・ドクグNEAR財団理事長によるコラムです。
   「韓国が,日本の精神的・道徳的優位に立つ」そうです。
   可能性はゼロではないでしょうが,考えにくいことで,読むのは無駄なので省略します。

「『K9自走砲・K2戦車,このまま行けば国際市場から押し出される』=韓国」  2015/7/30 中央日報・日本語版
   ‘水中で目標物を見つけられない国産魚雷「ホンサンオ」,2010年 延坪島 砲撃戦当時,砲弾が砲身にひっかかって発射できなかったK9自走砲,エンジンと変速機が別に作動して全く動けないK2戦車,水に浮かぶはずだったのに沈んでしまったK21戦闘歩兵装甲車,射撃途中に爆発したK11複合型小銃…。すべて国防科学研究所(ADD)が名品と宣伝した武器だ。しかし,実際の実戦や訓練では「役立たず」だった。8月6日で45周年をむかえる,「自主国防の産室」という言葉から生まれたADDの暗い歴史だ。
   ADDのチョン・ホンヨン所長は7月29日の記者懇談会で「品質強化活動が不十分でK系列など野戦部隊に配置した国産武器に欠陥が頻繁に起こり国民の安保不安をあおってしまった」と反省した。
  チョン氏は「K9自走砲などはすでに開発されて数年から20年以上過ぎたが,一度もアップグレードされていない」とし「米国はM1戦車だけとっても6回アップグレードしたが,K系列の武器は開発した時の状態そのままなので,このまま放置すれば国際市場から押し出されるのは時間の問題」とも述べた。
   ・・・ 
   このような状況のため,ADDと韓国の防衛産業が岐路に立たされているという指摘が出ている。ADD関係者は「武器に関連した技術は一度遅れてしまうとまた追いつくのは難しい」とし「新技術と核心技術に集中するために努力したい」と話した。 ’
と報道しています。
   国際市場から追い出されることを問題とする前に,北からの攻撃に反撃できるかどうか,まともに戦えるのかを問題とすべきでしょう。戦時下にある国にしてはピントが合っていません。

どこまでも 劣等感は続きます。

| | コメント (0)

2015年9月10日 (木)

デザート・ブーツを洗おうとしてー

6年前の2009年に購入した,Clarksのデザート・ブーツ 誕生60周年 “Anniversary Collection”,復刻版 “Vintage Sand Suede”のデザート・ブーツの汚れが目立ってきたので シャンプーで丸洗いしようと考えました。特に 履き皺の凸部が汚れていました。
リタイア生活2年目,新品の購入を控え,如何に現有の衣類・履物を長持ちさせるかが課題です。

以前,Clarks で買った スェード用のシャンプーで,‘Cola Suede’のデザート・ブーツを丸洗いしたことがあるので,今回も 広島市のClarks で買おうと行ってみましたが,丸洗い用のシャンプーはありませんでした。

代わりに ‘COLUMBUS’の‘SUEDE CLEANER’があったの買いました。
キャップに付いているブラシにクリーニング・フォームを付けて汚れをとるようで,丸洗い用ではありません。

Img_8884Img_8885

ところが,問題のデザート・ブーツを履いていたのを 店の女性スタッフが 「クリーニングしましょう」と 消しゴム(?)とブラシで汚れ落としをやってくれました。

その結果ー

Img_8874Img_8877

Desert_boots_aある程度 汚れが落ちたので,(右は購入時) 購入した ‘SUEDE CLEANER’の使用を少し後にしようかと思っています。

ところで 現在,デザート・ブーツの65周年記念の製品が売られています。

今年が 2015年で 1950年から 65年ということですが,Clarks が ‘Desert Boot’を初めて作ったのは 1950年なのか 1949年なのか,という疑問を以前から抱いています。

2009年の60周年記念に発売された復刻版に付いていた小さなブックレットには 1949年以来・・・ とありました。

1949
そして,現在のホームページには ‘SINCE 1950’とあります。

1950
おそらく 1949年にシカゴで開催された ‘Shoe Fair’に出品したのが世に出た最初,販売開始は翌1950年だった,と推測されます。

Clarks_us_vintage_desert_boot_adver米国では ‘The New Yorker’誌と‘Esquire’誌 に広告が載せられました。

右は 1950年代に雑誌に載せられた広告のようです。

| | コメント (0)

2015年9月 9日 (水)

また Clarks の‘Cola Suede Desert Boots’がなくなった。

8月末,Clarks から 秋冬のカタログが送られてきました。

Img_9327Img_9326

この中で,気になったことが2点ー

Img_9329① 通常のDesert Boot \23,000 に対して,65周年記念 Limited Edition ‘Maverick 65’が 何故 \42,000 と はるかに高額なのか?
2009年に,60周年 ‘Aniversary Collection’として予約販売した 復刻版 ‘Vintage Sand Suede’は 通常より 数千円高いだけだったと記憶しています。

② 去年から(?)日本では売られてないようですが,私が何十年も履いている ‘Cola Suede’を 何故 日本では売ったり,売らなかったりするのか?

英国のホームページを眺めてみました。

Limited Edition とはー

Limited_edition
ありました。
通常の Desert Boot £95 に対して £250(≒\46,000) で,英国の方が差が大きいようです。

65_aniversary通常のDesert Boot と何が違うのかと 見ると,右の説明がありました。

限定 1,950足(発売開始年に因んで),スエードの材質の違い,スペアの靴ひも,ソックス,特別デザインの箱,・・・
などと示してあります。

これらで 2倍以上の値段になるのは・・・。

日本のホームページで これらの説明を見つけることはできませんでした。

Maverick

買うつもりがないので 関係ありませんが・・・。

尚,英国の Limited Edition は ‘Sand’のみ,日本の Limited Edition は 色の定義はなく,下記の ‘Bronze/Brown’に近いようです。

Cola Suede は?

Cola_bronze
英国のホームページには ‘Cola Suede’は存在します。
現在(去年から?) 日本では売られていません。隣の ‘Bronze/Brown’は 色が近く,日本でも売っているので これを買ってくれ,ということでしょうか?

Img_8507右は 5年前に ‘Cola Suede’を買ったとき,それまで履いていた‘Cola Suede’と並べた写真です。
その数年前に ‘Cola Suede’を買おうとしたとき,発売中止の時期だったので,已むを得ず,ソールを張り替え,シャンプーして専用インクを塗って再生を図って 何とか履いていたものです。

さて 次回の再々・・・発売は いつになることでしょう。
要するに 「クラークスジャパン(株)」の方針ということのようです。

| | コメント (0)

2015年9月 8日 (火)

フレデリック・フォーサイスは MI6 のスパイだった。

そうじゃあないかとは思っていましたが・・・。

2015/8/30付け NetBBC News に ‘Frederick Forsyth reveals MI6 spying past’(「フレデリック・フォーサイスが過去のMI6 スパイ活動を明かす」)の見出しの記事がありました。

読んでみました。(拙訳御免)

*************************************

Outsider_aThe Day of the Jackal author Frederick Forsyth has revealed he was working for MI6 for more than 20 years.

「ジャッカルの日」の作者,フレデリック・フォーサイスが 20年以上,MI6のスパイとして働いていたことを明かした。

The disclosure comes with the publication of the author's autobiography The Outsider: My Life.

公表は 自伝‘The Outsider: My Life’の中で行われた。

Fans have long suspected that Forsyth, 77, acclaimed for his highly realistic spy novels, may have been involved with British intelligence.
He told the BBC it started when he was asked to send information from the Biafran War in Nigeria.

非常にリアリスティックなスパイ小説で絶賛されている フォーサイス(77)は,英国情報部と関係しているのではないかとの疑いを,ファンは長く持っていた。
ナイジェリアのビアフラ内戦からの情報を送るよう依頼された時,それが始まったと,彼はBBCに語った。

He said he was approached by an intelligence officer who asked him to “tell us what's going on” during the civil war, which lasted from 1967 to 1970.
“For the last year of the Biafran War I was sending... both journalistic reports to the media and other reports to my new friend,” he said.

彼に接近した情報将校から,1967年から1970年まで続いた内戦の中で,「何が起きているかについて話してくれ。」と依頼された。
「ビアフラの戦争の最後の年... メディアへの報道的なレポートと,私の新しい友人への別のレポートの二つを送っていた。」と,彼は言った。

He said MI6 wanted to know if it was true that many children were dying.
“The Foreign Office was denying that there were any dying children and they were passionate in supporting the dictatorship in Lagos, and it was, oddly enough, MI6 that had a different viewpoint,” he said.
Forsyth said he saw “no harm” in confirming the truth that “children were dying like flies” in Biafra.

多くの子供たちが死にかかっているというのは本当かどうかMI6は知りたがっていたと彼は話した。
「外務省は死にかけている子供たちがいることを否定し,ラゴスの独裁政権を熱心に支持していたが,極めて奇妙なことに MI6は 異なる視点を持っていた。」と彼は言った。
ビアフラで 「子供たちが,ハエのように死んでいる。」という真実を確認することは 「無害」だと思っていたと フォーサイスは言った。

“It was controversial... but not about the security of our country,” he told BBC News.

「議論を引き起こしたが,・・・ 我が国の安全に関することではなかった。」と,彼はBBC Newsに話した。

He added that, like many others, he was never paid for the work undertaken.
“There was a lot of volunteer assistance that was not charged for.”
“The zeitgeist was different... the Cold War was very much on.”
“If someone asked, ‘'Can you see your way clear to do us a favour?‘, it was very hard to say no.”

他の多くの人と同様に,請け負った仕事に対して決して報酬を受け取らなかったと 彼は付け加えた。
「報酬無しで多くのボランティア支援をした。」
「時代精神が異なっていた... 冷戦の真っ最中だった。」
「誰かに 『我々のために働くことに何か支障があるのか?』 と訊かれて,イエスと言える時代ではなかった。」

Forsyth remains best known for novels such as The Day of the Jackal, The Odessa File and The Dogs of War.

フォーサイスは,今でも 「ジャッカルの日」,「オデッサ・ファイル」,「戦争の犬」などの小説でよく知られている。

‘OK, Freddie!'

『OK,フレディー!』

A former BBC and Reuters journalist, many of his fictional plots drew on his real-life experiences covering stories around the world.

BBCとロイターのジャーナリストだった彼は,世界を網羅した彼の実生活の経験を元に,多くの小説の構想を練り上げた。

Despite becoming an established author with the success of 1971's The Day of the Jackal - which earned Forsyth a three-book publishing deal and led to a hit film - he undertook missions to Rhodesia, South Africa and, at the height of the Cold War, East Germany.

1971年の「ジャッカルの日」の成功で,3冊の小説出版契約をし,映画化も進み,作家としての地位を確立しつつあったにも拘らず,彼は,ローデシア,南アフリカ,そして 冷戦の頂点にあった西ドイツでのミッションを引き受けた。

As a kind of pay-off for his services, he said MI6 did approve passages from some of his later novels.

彼の活動への報酬のひとつとして,MI6は 後のいくつかの小説のいくつかからその章を承認してもらったと彼は語った。

Forsyth said he was given a number to ring. He was told: “Send us the pages and we will vet them, and if they are too sensitive, we will ask you not to continue.”
“But usually the response was: ‘OK, Freddie!’”

フォーサイスは,電話番号を教えられたという。
「原稿を送ること。チェックして 微妙な内容なら書き続けないよう依頼する。」と彼は言われた。
「しかし,通常の反応は 『OK,フレディー!』」 だった。

Forsyth has sold some 70 million books, many of which have been adapted into films. His most recent novel was 2013's The Kill List. 

He was awarded a CBE in 1997.

フォーサイスは約7000万部の本を売り,そして,多くは映画化された。
最新作は 2013年出版の ‘The Kill List’である。

彼は,1997年にCBE(大英帝国勲章,Order of the British Empire)を授与された。

*************************************

英国情報部 MI6 でさえ,フォーサイスの情報を当てにしていたくらいなので,彼の小説が虚実入り混じった面白さに満ちていることは当然と言えます。

| | コメント (0)

2015年9月 7日 (月)

米陸軍・特殊部隊員に必要な体力

8月21日の TVのニュース・ショーで 米国陸軍の特殊部隊(レインジャー)コースに,初めて女性2人が合格したと報じていました。
60日間のテストで 400人中の合格者が96人だったとのことでした。

どのようなテストなのか知りたくて Net News を調べてみました。

Reuters Mon. Aug.17, 2015)’にありました。

見出しは ‘First two women soldiers pass elite U.S. Army Ranger course(「初めて2人の女性兵士が陸軍特殊部隊コースに合格」)です。

全文を拙訳と共に紹介します。

*************************************

Two women have made military history after becoming the first female soldiers to pass the U.S. Army's grueling Ranger Course, the Army said on Monday.

The two, along with 94 men, passed the 62-day leadership course, which teaches students “how to overcome fatigue, hunger, and stress to lead Soldiers during small unit combat operations,” it said in a statement.

2人の女性兵士が 陸軍史上初めて 陸軍の厳しい特殊部隊コースに合格したと,月曜に軍が発表した。

2人は,小部隊戦闘作戦において兵士を統率するための,疲労,空腹,ストレスに如何に打ち克つかを教える 62日間のリーダーシップ・コースに,94人の男達と共に合格した。

In April, 19 women and 381 men began the first Army Ranger school that included women. The course, based at Fort Benning, Georgia, includes training in woodlands, mountainous terrain and Florida swampland. (www.benning.army.mil)

Army Rangers are rapidly deployable troops trained for mountain, desert and swamp terrain and often go after special operations targets.

4月,19名の女性兵士と 381名の男性兵士は 初期の陸軍特殊部隊課程を開始した。コースはジョージア州フォート・ベニングで行われ,森林地帯,山岳地帯 さらにフロリダの沼沢地帯の訓練を含んでいる。

陸軍特殊部隊は,山岳,砂漠,沼沢地帯で訓練を受けた緊急展開可能な部隊で,しばしば特別作戦を行う。

“Highlights of the course include a physical fitness test consisting of 49 push-ups, 59 sit-ups, a five mile run in 40 minutes, and six chin-ups; a swim test; a land navigation test; a 12-mile foot march in three hours; several obstacle courses; four days of military mountaineering; three parachute jumps; four air assaults on helicopters; multiple rubber boat movements; and 27 days of mock combat patrols,” the statement said.

コースの注目点は 次の身体能力テストを含んでいるー
腕立て伏せ:49回,腹筋:59回,5マイル(≒8.05km)走:40分以内,泳力試験,地上進路訓練,12マイル(≒19.3km)行軍:3時間以内,障害コース,4日間軍事登山,パラシュート降下 3回,ヘリコプター攻撃 4回,ゴム・ボート移動 複数回,模擬戦闘パトロール 27日間。

A graduation ceremony will be held at Fort Benning on Friday. The U.S. military began a process two years ago to open thousands of frontline combat jobs to women. The service branches have been developing gender-neutral requirements for all jobs in the military and evaluating whether to recommend that any remain closed to women.

卒業式は 金曜にフォート・ベニングで催される。米陸軍は2年前から女性に前線の業務を
開放し始めている。服務規程は 軍の全ての業務に対して男女同権を推進しつつあり,女性に対して閉ざしている業務に対しても残すかどうか検討している。                

The Army had faced resistance to allowing women to serve in combat units, but since such experience is a factor in promotions and job advancement in the military, women have had greater difficulty than men in moving up to the top ranks, officials have said.

About 90 percent of senior Army infantry officers qualified as Rangers, which should allow women graduates to better compete with their male counterparts.

陸軍は女性兵士が戦闘部隊に入ることへの抵抗に直面しているが,戦闘部隊の経験は昇進への一つの要素なので,男性兵士がトップ・ランクに昇進するのに比べ 女性兵士は極めて難しいと言われている。

レンジャーとしての資格がある上級陸軍歩兵士官の約90%は,女性の合格者が男性兵士と競い合うべきと考えている。

Nearly 12 percent of U.S. forces deployed to Iraq and Afghanistan were women. They represented about 2 percent of U.S. military deaths in those wars.

イラクとアフガニスタンに配属された米軍のほほ12%は女性であり,これらの戦争での米軍死者の約2%が女性である。

*************************************

特殊部隊としての実戦配属は未定のようです。

体力(持久力)だけの問題ではないでしょうが,女子マラソンがオリンピックの正式種目になったロス・オリンピックから 30年かかってレンジャー訓練に女性兵士が合格しました。

S051991505300_2
上の写真が,合格した二人の陸軍女性将校,左が Capt.(大尉) Kristen Griest で 右が 1st Lt.(中尉) Shaye Haver です。

Females2womentopassarmyrangerschool訓練終了時の記者会見時の姿が右です。

上の写真と左右が入れ替わっています。

訓練開始時は丸刈りだったのでしょう。
広い肩幅です。強そうです。

G.I.ジェーン」(‘G.I. Jane’,1997)で デミ・ムーア(‘Demi Moore’,1962~ )が演じた ジョーダン・オニール大尉を思い出します。

Gijane彼女は海軍に属し,挑んだのは海軍特殊部隊 (‘SEALs’をモデルにした架空の偵察部隊) の訓練プログラムでした。
ヴィゴ・モーテンセン(‘Viggo Mortensen’, 1958~ )演じる ゲイル曹長のしごきに耐え,訓練に合格します。

映画では 20年近く前に,海軍特殊部隊に合格した女性将校がいました。

| | コメント (0)

2015年9月 6日 (日)

予想と違った「蛙」を食べた話

5月に上京した際,アメ横センタービルの地下で 娘に買ってやった「冷凍蛙」を食べたと写真が送られてきました。

買ったときは 脚部分が7,8匹分入っていると思っていました(店に確認しなかった)が,解凍してみて,その不気味さに驚いたそうです。

Photo
20cmを超える全身分が,2匹でした。
(頭部は不明,少なくとも 眼はなかったとのこと。)

それでも 敢然とこれに立ち向かい(皮と内臓は取られていました),水掻きが剥ぎ取られた長い指はどうしても気持ちが悪いので切り取り,脚 2本と上半身の3つに分けて調理して食べたようです。

Photo_2竜田揚げです。

今まで食べた蛙は 繊細な鶏肉の食感でしたが,今回は 魚肉の感触もあって,結構な量(150~200g?/匹)だったとのことでした。

| | コメント (0)

2015年9月 5日 (土)

今度は 「ベーコンパン」

Img_9321

Img_9320パン作りの季節(発酵に適した気温)が終わりに近付いていることを悟ってか,家人のパン作りが頻繁です。

今回は,フランスパン生地によるベーコンパンです。

おいしく戴きました。

| | コメント (0)

2015年9月 4日 (金)

「カタリーナ・ジョンソン=トンプソン選手」を描く。

4枚目 「カタリーナ・ジョンソン=トンプソン選手」を描きました。

8月下旬に開催された第15回世界陸上選手権の放送を観て,ボルトがよく走った,サニブラウン君は期待できる,などという競技そのもの感想とは別に,感心したことの一つに女子選手の腹筋がありました。腹筋で走ることを改めて認識しました。
女子選手の中でも 成績は振るいませんでしたが,7種競技(heptathlon)と走り幅跳びに出場した英国の「カタリーナ・ジョンソン=トンプソン」選手(‘Katarina Mary Johnson-Thompson’,1993~ ) の腹筋の美しさに魅せられ,描いてみました。

Photo

なかなか思うようには描けません。

| | コメント (0)

2015年9月 3日 (木)

この季節,毎年の「秋刀魚」の刺身

今年の初めての秋刀魚の刺身です。(9月2日に食す。)

Img_9331
振り返ると,弊ブログでは 2011年から毎年,「秋刀魚」の刺身を取り上げています。

それだけ 「秋刀魚」の刺身は季節を感じさせる特別なものです。

| | コメント (0)

見出しに見る「勘違い」(その122)

「歴史を忘れる日本人と忘れない韓国人,それでも共生を」  2015/8/9 朝鮮日報・日本語版
    “韓中日の文明批評書『風水火』を出版した当代最高の数学者,金容雲・漢陽大学名誉教授”(サブタイトルのまま)とのインタビュー記事です。
   ‘「私は,『慰安婦少女像』を恥ずかしく感じる。子孫にプライドを持たせる人物の像を立てるべきなのに,なぜ被害者の像を立てるのか。フランスのジャンヌ・ダルクや米国の『自由の女神』像などは,その国の気迫を誇っている」
  金溶雲・漢陽大学名誉教授(88)は,韓国社会でこうした発言がどれほど危険かを知らないようだった。インタビューのほとんどは,論争のようだった。’
で始まります。
   ‘-歴史的事実を否定するのか。日本が認めれば,そう言うだろうか。
   「慰安婦として連れていかれたという事実は,プライドが損なわれ,痛めつけられた傷だ。自分の傷を宣伝するのは慎むべきだ。・・・ そういう行動が同情され得るという心理が韓国人の無意識に作用したのではないか。一般の国際常識では,どう映るだろうか」
    -ならば,慰安婦強制動員を否定する安倍政権の日本に対し,どういう立場を取るべきなのか。
   「既に『河野談話』で慰安婦問題を謝罪した。それ以上の謝罪を再び受けるべきだろうか。外交は,こちらの要求だけをやるのではなく,相手のことも考えなければならない。・・・ 日本に向けて韓国の立場・価値観を強要するだけでは,それは外交ではない」
    -加害者は日本なのに,謝罪を要求する韓国がまるで間違っているかのように聞こえる。
   「国家の利益を語っている。隣国という地理的条件は永遠に変わらない。互いに助け合って生きるべき関係だ。・・・ 韓国は,日本に対してだけは,どんな暴言を吐いても愛国になるという認識がある」
    ・・・ 
   斬新な一方で論争を呼びそうな視点や,時空を超える博学さといった点は,最近目にした韓国国内の著作物の中では随一だった。にもかかわらず,大して話題にならなかったのには驚かされた。さらに驚くべきことに,金名誉教授は人文学や歴史学を専攻してはおらず,当代最高の数学者だった。
    ・・・ 
    -教授は,早稲田大学工学部を出た後,米国に留学して専攻を数学に変えた。いわば,理系続きだが。
 「数学者だったことで,この本を書くことができた。・・・ 初期条件が同じなら,答えも同じになる。しかし20年前くらいに『複雑系』の数学が登場した。韓国では私が最初に紹介したものだが,天気予報を思い浮かべてみるといい。天気にはさまざまな要素が介入し,答えがぴたりと出てくるものではない」
   ・・・
    -今回の本で,韓国人は日本人の内面世界を全く理解できていないと書いているが,どういう点を言っているのか。
   「日本は火山列島だ。地震や火山などで,大災害には慣れている。そのたびに,素早く被害を覆い隠して忘れ,新たな方向へ向かう。過ぎ去った過去は記憶しない。『あっさり』しているので,歴史意識がないのだ。そんな日本の立場からすると,政権が変わるたびに繰り返し謝罪を要求してくる韓国は理解できない」
    ・・・
     -金教授は日本で生まれ,解放されるまで暮らしていた。無意識のうちに日本の肩を持つ気持ちがあるのではないか。
 「日本では,私を『反日論者』と思っている,20年前に日本で『醜い韓国人』という本が出たことがあった。これに対抗して,私が『醜い日本人』を出した」 ’
とのインタビューです。
    最近,何故か 韓国の報道に変化があって,今までなら 「親日」として,有無を言わせず非難された人が,ニュートラルに紹介されるようになりました。
    しかし,「歴史を忘れる日本人,忘れない韓国人」の見出しには賛成できません。
    「謝罪をしない/する」 と 「歴史を忘れる/忘れない」 とは無関係です。
    日本人からすれば 「正しい歴史を知る日本人,知らない韓国人」とした方が適切でしょう。
    正しい歴史を述べれば「売国奴」と呼ばれる韓国にも,合理的考えの韓国人は存在するようですが,インタビューアーの質問は典型的韓国人の考えを示しているようです。

「<危機の韓国外交>今年訪韓した海外首脳,日本の半分」  2015/8/11 中央日報・日本語版
   世界における立場の,日本との差を認識してない見出しです。
  ‘1988年のソウルオリンピック精神をたたえるために制定されたソウル平和賞は昨年9月,ドイツのメルケル首相を受賞者に選定した。しかしメルケル首相が韓国訪問の日程を先送りしながら授賞式を開けない「屈辱」を経験した。平和賞制定26年で初めての出来事だ。世界首脳の訪問候補の順位から韓国が押し出されたことを見せる代表的な例だ。今年3月に日本を訪れたメルケル首相は悪化した韓日関係を考慮して韓国訪問が負担になったと伝えられた。
  ◆辺境に追いやられた韓国
   専門家たちは朴槿恵 政権になってから最高級の要人の韓国訪問が急減したのは複合的な理由があると分析している。
    ・・・
    それでも海外歴訪を積極的に推進したわけでもない。朴大統領は就任2年間で12回の訪問に出て24ヶ国を訪れた。一方,日本の安倍晋三首相は同じ期間に27回にわたり59ヶ国を訪問した。・・・ 今年,海外最高級要人の訪韓(11回)は訪日(21回)の半分程度に終わった。
   ・・・    
  ◆外交妨げる韓日関係
  一部では韓日関係の悪化も対外関係にとって障害になったと分析している。日本を招待しなければならなかったり日本と衝突したりする可能性のある国際行事を避けていたら,外交に消極的にならざるをえないということだ。・・・
   外交専門家たちは朴槿恵政権が「原則主義」から抜け出し,韓日首脳会談を通じて突破口を見出すべきだと主張する。これまで日本の「過去の歴史への反省」という原理原則と名分だけを重視して,韓国だけが孤立したという指摘だ。・・・
    米国が主導する環太平洋経済連携協定(TPP)交渉でも日本をはじめ東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国が参入した中で韓国は,中国との関係を意識しながら交渉テーブルから押し出された。
   ある外交専門家は ・・・ 「指導者の外交力には,国家の地位だけでなく利益までかかっているという点を勘案すれば,近隣諸国と連帯して国益を得る実利外交を展開しなければならない」と話した。’
との報道です。
   メルケル首相が訪韓しなかったのは,あまり聞いたことがない,従って名誉とは思えない「ソウル平和賞」の授賞式出席に時間を割くには多忙すぎたのでしょう。卑下するほどのことはありません。日本を非難する時の基準として 常に持ち出すドイツの首相に袖にされてショックだったのでしょうが・・・。
   日本を貶める目的の外交に終始しておれば,どの国も訪韓を躊躇するのは当然だということが理解できてないようです。
   又,「海外最高級要人の訪韓(11回)は訪日(21回)の半分程度に終わった。」は
日本と外交面で対等でなければならないという見栄意識,張り合い意識を捨てて,身の程を知れば 気にするほどのことではありません。

そろそろ分っていい頃だと思うのは買い被りでしょうか?

| | コメント (0)

2015年9月 2日 (水)

見出しに見る「勘違い」(その121)

「朴槿令氏発言に挺対協 『歴史を学んでいない人の発言』」  2015/8/6 朝鮮日報・日本語版
   ‘朴槿恵 大統領の実妹,朴槿令氏による親日的な発言が論議を呼んでいる中,韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)が主催する集会でも,これを批判する声が相次いだ。
 挺対協は8月5日午後,ソウル市鍾路区の在韓日本大使館前で,旧日本軍の慰安婦問題解決を願う1190回目の定期水曜集会を開催した。
 挺対協の尹美香常任代表は,歴史問題についてこれ以上日本に謝罪を要求すべきではないという槿令氏の発言について「あきれてものが言えない」と一蹴した。
 その上で尹代表は「歴史をきちんと学んでいない人の発言にすぎない。植民地時代の考え方から抜け出せない一部の人たちの誤った視点をそのまま反映している」と批判した。
   ・・・
 集会に参加した市民団体の理事長パク・ヘスクさんも「謝罪とは,謝罪を受けるべき当事者側が認めて初めて成立するものだ。歴史の歪曲を続け,被害に遭った当事者たちが補償を受けられない状況にあるというのに,どこが謝罪だというのか」と主張した。’
と報道しています。
   一部の人は学んでいるようですが,韓国で正しく歴史を学ぶことが,如何に困難かが分る記事です。
   そもそも,「親日的な発言」が論議を呼ぶ国と,日本がうまくやっていくことは大変です。
   朴槿令氏の夫 シン・ドンウク共和党総裁は 「祖国の未来のために1人で十字架を背負う命懸けの行動だ」と槿令氏を称え,「日本には良識ある政治家や知識人が多いのに,韓国には朴槿令以外に誰もいない」と述べています。

「独島の威容」  2015/8/6 朝鮮日報・日本語版
Photo   ‘慶尚北道鬱陵郡鬱陵邑独島里で8月6日午前,風になびく太極旗の後ろで,独島(日本名:竹島)が威容を誇っている。’(全文)と意図不明の記事です。
   不法占有している日本領土を敢えて記事にする神経は日本人には分りません。
   「威容」というほどではありませんが,挑発と捉えられてもしかたないでしょう。

「北朝鮮 『日帝が標準時を奪った』…15日から30分遅らせる」  2015/8/7 中央日報・日本語版
   ‘北朝鮮は8月7日,「日本帝国主義者どもが我が国の標準時を奪った」として光復(解放)70年にあたる8月15日から標準時間を現在使っている東京時から30分遅らせると発表した。
   北朝鮮の朝鮮中央通信は同日,「朝鮮で祖国解放70周年をむかえて標準時間を制定することにした」と報じた。
   北朝鮮最高人民会議常任委員会は同日,「東経127度30分を基準とする時間(現在の時間より30分遅い時間)を朝鮮民主主義人民共和国の標準時間と決めて,平壌市時間と命名する」とし「平壌時間は主体104(2015)年8月15日から適用する」と明らかにした。これにより東京を標準時に決めている韓国や日本と違い,北朝鮮の標準時は30分遅れることになった。
   朝鮮中央通信は「奸悪な日本帝国主義者どもは半万年の長い歴史と文化を誇る三千里領土(朝鮮領土のこと)を無惨に踏みにじり,前代未聞の朝鮮民族抹殺政策を強いて,朝鮮の標準時間まで奪う永遠に容赦できない犯罪行為を敢行した」として独自の標準時を指定する理由を説明した。’
と報道しています。
   標準時間を変えるくらいで 「奸悪な日本帝国主義者ども」を持ち出すことはないでしょう。
Photo_2    植民地時代の清算で韓国を一歩リードしたとアピールしたいのかも知れませんが,韓国はどうするのでしょう。   
   韓国でも 日帝残滓を取り除く目的で,李承晩が 1954年~1961年の間,30分遅らせたことがあったようですが,色々不都合があって 東経135度基準にもどしたとのことです。そもそも 標準時は GMT±XXは整数)で示すものであって,30分単位は使用しないというのが国際標準でしょう。
    日本時間より30分遅らせると,日本(佐賀市)の標準電波で合わせている電波時計が使えなくなって困るということもあるのでしょうね。
   
冷静になって下さい。

| | コメント (0)

2015年9月 1日 (火)

The attendees to China’s military parade: leaders of the world’s least-powerful countries

中国軍事パレードの出席者:弱小国のリーダー」,オンライン・ビジネスニュースサイトである ‘Quartz’の見出しです。

例外としては ロシアのプーチン大統領と 韓国の朴大統領くらいでしょうか。

9月3日の「抗日戦争勝利70周年の軍事パレード」の出席者です。

Map_the_diplomat_26_august
出席者を 次の5ランクに分けて色分けしています。

  1 : 首脳
  2 : 副大統領/副首相
  3 : 議長
  4 : 大臣/特命大使
  5 : 大使
Attendance_list

招待状を出したにも拘らず,日本が欠席すると表明した直後の8月27日,中国軍は日本と領有権争いを繰り広げる東シナ海で,駆逐艦など約100隻の船舶や数十機の戦闘機を動員した大規模な訓練を行ない,約100発のミサイルを実戦同然に発射したそうです。
自国の意に沿わない国に対する威嚇ですね。

驚くべきは,国連の潘基文 事務総長が出席することで,日本政府は 「中立性に問題がある」と抗議しているそうです。
前々から 政治的中立性に問題があると言われる事務総長ですが,「歴史の教訓を基に未来へと歩むことが重要なため出席する」との強い意向を日本側に伝え,その姿勢は崩れないようです。
任期はまだ1年以上あるようですが,任期途中の解職というのはないのでしょうか。

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »