« 米陸軍・特殊部隊員に必要な体力 | トップページ | また Clarks の‘Cola Suede Desert Boots’がなくなった。 »

2015年9月 8日 (火)

フレデリック・フォーサイスは MI6 のスパイだった。

そうじゃあないかとは思っていましたが・・・。

2015/8/30付け NetBBC News に ‘Frederick Forsyth reveals MI6 spying past’(「フレデリック・フォーサイスが過去のMI6 スパイ活動を明かす」)の見出しの記事がありました。

読んでみました。(拙訳御免)

*************************************

Outsider_aThe Day of the Jackal author Frederick Forsyth has revealed he was working for MI6 for more than 20 years.

「ジャッカルの日」の作者,フレデリック・フォーサイスが 20年以上,MI6のスパイとして働いていたことを明かした。

The disclosure comes with the publication of the author's autobiography The Outsider: My Life.

公表は 自伝‘The Outsider: My Life’の中で行われた。

Fans have long suspected that Forsyth, 77, acclaimed for his highly realistic spy novels, may have been involved with British intelligence.
He told the BBC it started when he was asked to send information from the Biafran War in Nigeria.

非常にリアリスティックなスパイ小説で絶賛されている フォーサイス(77)は,英国情報部と関係しているのではないかとの疑いを,ファンは長く持っていた。
ナイジェリアのビアフラ内戦からの情報を送るよう依頼された時,それが始まったと,彼はBBCに語った。

He said he was approached by an intelligence officer who asked him to “tell us what's going on” during the civil war, which lasted from 1967 to 1970.
“For the last year of the Biafran War I was sending... both journalistic reports to the media and other reports to my new friend,” he said.

彼に接近した情報将校から,1967年から1970年まで続いた内戦の中で,「何が起きているかについて話してくれ。」と依頼された。
「ビアフラの戦争の最後の年... メディアへの報道的なレポートと,私の新しい友人への別のレポートの二つを送っていた。」と,彼は言った。

He said MI6 wanted to know if it was true that many children were dying.
“The Foreign Office was denying that there were any dying children and they were passionate in supporting the dictatorship in Lagos, and it was, oddly enough, MI6 that had a different viewpoint,” he said.
Forsyth said he saw “no harm” in confirming the truth that “children were dying like flies” in Biafra.

多くの子供たちが死にかかっているというのは本当かどうかMI6は知りたがっていたと彼は話した。
「外務省は死にかけている子供たちがいることを否定し,ラゴスの独裁政権を熱心に支持していたが,極めて奇妙なことに MI6は 異なる視点を持っていた。」と彼は言った。
ビアフラで 「子供たちが,ハエのように死んでいる。」という真実を確認することは 「無害」だと思っていたと フォーサイスは言った。

“It was controversial... but not about the security of our country,” he told BBC News.

「議論を引き起こしたが,・・・ 我が国の安全に関することではなかった。」と,彼はBBC Newsに話した。

He added that, like many others, he was never paid for the work undertaken.
“There was a lot of volunteer assistance that was not charged for.”
“The zeitgeist was different... the Cold War was very much on.”
“If someone asked, ‘'Can you see your way clear to do us a favour?‘, it was very hard to say no.”

他の多くの人と同様に,請け負った仕事に対して決して報酬を受け取らなかったと 彼は付け加えた。
「報酬無しで多くのボランティア支援をした。」
「時代精神が異なっていた... 冷戦の真っ最中だった。」
「誰かに 『我々のために働くことに何か支障があるのか?』 と訊かれて,イエスと言える時代ではなかった。」

Forsyth remains best known for novels such as The Day of the Jackal, The Odessa File and The Dogs of War.

フォーサイスは,今でも 「ジャッカルの日」,「オデッサ・ファイル」,「戦争の犬」などの小説でよく知られている。

‘OK, Freddie!'

『OK,フレディー!』

A former BBC and Reuters journalist, many of his fictional plots drew on his real-life experiences covering stories around the world.

BBCとロイターのジャーナリストだった彼は,世界を網羅した彼の実生活の経験を元に,多くの小説の構想を練り上げた。

Despite becoming an established author with the success of 1971's The Day of the Jackal - which earned Forsyth a three-book publishing deal and led to a hit film - he undertook missions to Rhodesia, South Africa and, at the height of the Cold War, East Germany.

1971年の「ジャッカルの日」の成功で,3冊の小説出版契約をし,映画化も進み,作家としての地位を確立しつつあったにも拘らず,彼は,ローデシア,南アフリカ,そして 冷戦の頂点にあった西ドイツでのミッションを引き受けた。

As a kind of pay-off for his services, he said MI6 did approve passages from some of his later novels.

彼の活動への報酬のひとつとして,MI6は 後のいくつかの小説のいくつかからその章を承認してもらったと彼は語った。

Forsyth said he was given a number to ring. He was told: “Send us the pages and we will vet them, and if they are too sensitive, we will ask you not to continue.”
“But usually the response was: ‘OK, Freddie!’”

フォーサイスは,電話番号を教えられたという。
「原稿を送ること。チェックして 微妙な内容なら書き続けないよう依頼する。」と彼は言われた。
「しかし,通常の反応は 『OK,フレディー!』」 だった。

Forsyth has sold some 70 million books, many of which have been adapted into films. His most recent novel was 2013's The Kill List. 

He was awarded a CBE in 1997.

フォーサイスは約7000万部の本を売り,そして,多くは映画化された。
最新作は 2013年出版の ‘The Kill List’である。

彼は,1997年にCBE(大英帝国勲章,Order of the British Empire)を授与された。

*************************************

英国情報部 MI6 でさえ,フォーサイスの情報を当てにしていたくらいなので,彼の小説が虚実入り混じった面白さに満ちていることは当然と言えます。

| |

« 米陸軍・特殊部隊員に必要な体力 | トップページ | また Clarks の‘Cola Suede Desert Boots’がなくなった。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米陸軍・特殊部隊員に必要な体力 | トップページ | また Clarks の‘Cola Suede Desert Boots’がなくなった。 »