« 見出しに見る「勘違い」(その131) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その132) »

2015年11月 3日 (火)

ペタンクの球の材質はー

「ペタンク」を Wikipedia では次のように説明しています。

ペタンク(pétanque)とは、フランス発祥の球技である。名称は南フランス・プロヴァンスの方言「ピエ・タンケ(両足を揃えて)」に由来する。スポールブールやプロヴァンサルゲームをベースに1907年に考案されたとされている。
テラン(コート)上に描いたサークルを基点として木製のビュット(目標球)に金属製のブール(ボール)を投げ合って、相手より近づけることで得点を競うスポーツである。

Img_9525「ペタンク」を知ったのは 50年前の高校生のとき読んだ 伊丹十三氏の初エッセイ集 「ヨーロッパ退屈日記」(1965,ポケット文春)で,でした。

南仏のゴルドという地方で別荘暮しをしたことがある。どこまでもつらなる,なだらかな丘が,一面オリーヴにおおわれて,荒涼たる眺めである。で始まる ‘第4部 81 ペタンクと焙り肉’に 「南仏の村人達のリクリエイションは,ペタンクという球技であるが,これは,見る人に少々哀れを催させるほど単純なゲームである。・・・ わたくしは,今,四人用の球のセットをフランスから持ち帰って,『全日本ペタンク愛好者連盟会長』 を自称しているのである。と書いています。

Img_9518_2最近 観た NHK BSプレミアム 「一本の道 『フランス・ヴェルドン渓谷 地を裂く谷をゆく』」 (渡邊佐和子アナウンサーによる約1週間のトレッキング・ドキュメント)で プロヴァンスの村人達が ペタンクをしているところに出くわすシーンがありました。

そして その球の説明を聞きます。

Img_9519Img_9521

鉄球とばかり思っていたペタンクの球の中が 「つげ(柘植)」の木球でした。

Img_9523Img_9524

この木球に釘を打ち込んで表面を釘の頭で覆った球でした。

これが 元祖ペタンク球なのかどうか,知りたいところです。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その131) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その132) »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その131) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その132) »