« 呉市体育館と中央公園で野菜をー | トップページ | 国連人権委員会の馬脚 »

2015年11月16日 (月)

呉市地方卸売市場に行った。

11月15日,「呉市市場祭り」と銘打って 「呉市地方卸売市場」(呉市光町)の一部が解放されるので,初めて行ってみました。

内容は 「まぐろ解体実演・即売,野菜・魚の即売会,青果物の模擬せり,特産品販売,B級グルメ屋台,ベジフルビューティー教室 など」 となっており,活魚を安く買えるのではないかと期待していました。

Img_9652_3Img_9645_2

9時開場で,10時前に着きましたが,既に かなりの人出でした。

Img_9647一回りしましたが,期待に応えるモノは見つからず,かと言って 何も買わず帰るのも寂しいので,蒸し牡蠣を家人が並んで買いました。小粒 3個で200円。

3個のうち1個は小粒ではありませんでした。

今年の広島県の牡蠣の水揚げ解禁は,例年より約1ヶ月遅れて 11月2日でした。
これは 「昨夏,種牡蠣が例年の3割程度しか採れず,一定の生産量を保つため」が理由とされていますが,何故,解禁を遅れさせれば一定の生産量を保てるかは理解できません。

Img_9648Img_9656

まぐろ解体実演を少し観て,家人は 「あなご飯弁当」を買い,更に 「ノルウェー産・鯵の開き 炭火焼き」 400円を炭火焼きナシで350円で買って帰路に就きました。

期待する活魚を手に入れることはできませんでしたが,ほぼ徒歩で往復して 12,500歩,消費エネルギー 約400kcal,減量のためには良い一日でした。

|

« 呉市体育館と中央公園で野菜をー | トップページ | 国連人権委員会の馬脚 »

散歩・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 呉市体育館と中央公園で野菜をー | トップページ | 国連人権委員会の馬脚 »