« 見出しに見る「勘違い」(その135) | トップページ | 大型コンテナ船が浮いていた。 »

2015年11月19日 (木)

見出しに見る「勘違い」(その136)

「【寄稿】家庭ごみの分別,積極的に取り組もう」  2015/10/25 朝鮮日報・日本語版
    クァク・フンリョル(随筆家)の寄稿です。「ごみの分別」を推進するとは韓国も大したものではないかーと思ったのですが・・・
   ‘1995年にごみ従量制(市民がごみの排出量によって価格の違うごみ袋を購入する)が導入されてから20年が過ぎた。その間、韓国国民の意識も向上し,この制度もある程度定着したかのように見える。しかしこれは表面的なもので,その実態は今なおずさんだ。
 まず何よりも市内のあちらこちらに家庭ごみが散乱しているのが実情だ。どこの地域の住宅地に行っても路地裏はもちろん,少し奥まった道に入ると何者かが放置したごみであふれかえっている。ひどいときは壊れたソファや冷蔵庫,洗濯機などがころがっているケースもある。休日になると海や山に捨てられる大量のごみで,どこも悲鳴を上げている。プラスチックやビニールが分別されずそのまま焼却されていることも深刻な問題だ。ここから排出される大量の発がん物質は最終的にどこに行くのだろうか。
 結局は国民一人一人の意識が問題だ。酒やたばこには金を惜しまないのに,ごみ袋の購入にはけちなことこの上ない。そこには「今の自分とは関係ない」というゆがんだ意識が根底にある。最終的に自分自身も被害者になることさえ理解していないのだ。・・・ 今後もわれわれの子孫たちが長く生活を営むこの地球が,このまま荒廃するのを放置してはならない。誰もが自分の子供や孫のためという意識を持ち,家庭ごみの分別にもっと積極的に取り組んでほしい。’
とのことでした。
   分別以前の問題で,「道にごみを捨てるな」,「ごみ袋を買え」 ということでした。
   「遵法精神」のある国民からなる国に憧れながら,ごみ処理のルールさえ守れてないということのようです。
   地球の荒廃を持ち出すレベルに達していません。

「訪日する韓国人は急増,訪韓する日本人は急減」   2015/10/26 中央日報・日本語版
   ‘ことし日本を訪れた韓国人が過去最多を記録する一方,韓国に入国する日本人は急減した。
   25日,日本政府観光局と韓国観光公社によると,9月に日本を訪問した韓国人は30万1700人で前年同期21万7689人に比べて38.6%増加した。ことし1月から9月まで日本を訪れた韓国人は累計285万5800人で昨年同期(199万5804人)より43.1%増えた。
   ことしに入って9ヶ月が経過したが訪日韓国人が最多だった2007年(260万人)をすでに超えている。
   一方,今年9月末までに韓国に入国した日本人は133万2872人で昨年同期比23.4%減少した。日本国籍の年間韓国入国者は2000年代後半以降,300万人台を維持してきた。だが,2013年(351万8792人)以降,減少が本格化し始めた。このまま行くと年間入国者200万人を割り込んでしまうかもしれない実情だ。’
と報じています。
   原因の分析が欲しいところです。
   政府やメディアがいうほど 韓国民は反日感情を持っていないのではないか,という気になりますが,実態はどうなのでしょう。

「韓国全国経済人連合会会長『韓日通貨スワップ再開検討すべき』」  2015/10/26 中央日報・日本語版
   ‘韓国全国経済人連合会の許昌秀 会長は韓日両国間の関係改善策の一環としてことし2月に終了した韓日通貨スワップの再開を検討すべきだと明らかにした。
   許会長は10月26日,全経連と日本経済団体連合会の主催により東京で開かれた「第25回韓日財界会議」の挨拶を通じてこのように述べた。
   許会長は「ことしが韓日国交正常化50年を迎える年で,両国はこれまで協力を通じて世界が驚くほどの輝かしい経済成長を遂げてきた」としながら 「だが残念なことに,最近,政治的問題により相互に対する世論がそれほど友好的ではない。両国間の交易や投資比重が縮小されるなど,経済協力関係にも懸念の声が大きくなっていきつつある状況」と説明した。
   許会長は 「このような時ほど両国経済界が積極的に出て協力の雰囲気を拡大させるべき。これを機に経済協力をさらに強化して,政治的困難も克服していく動力を提供しなければならない」と伝えた。
   同2団体は11月初めにソウルで開かれる予定の韓日首脳会談開催に対して歓迎の意を表明し,今後両国の政治や外交関係改善のために協力していくことで合意した。’
と報道しています。
   確か 2年前に 「延長の必要なし」と韓国が言ったのを受けて,今年,終了したのでしたね。
   再開の検討を 両国の経済が好調なときに始めるのなら問題はありませんが,「危うくなったので再開」では筋が通らないでしょう。   
   日本は いつまでも韓国の支援国ではありません。

どこまでも 笑わせてくれる国です。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その135) | トップページ | 大型コンテナ船が浮いていた。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その135) | トップページ | 大型コンテナ船が浮いていた。 »