« 慰安婦問題合意に対するホワイト・ハウスの声明 | トップページ | ‘Best Countries for Business’by Forbes »

2016年1月 5日 (火)

見出しに見る「勘違い」(その147)

「韓国外交部 『韓国国民,靖国神社への接近自粛を』 要請」  2015/12/4 中央日報・日本語版
  ‘韓国外交部は最近,日本の靖国神社の爆発音事件に関連して,日本国内の韓国人の身辺安全に留意を求めた。
   韓国外交部は12月4日,「日本に居住していたり訪問したりする予定の国民は,靖国神社や日本の右翼デモの現場への接近を自粛し,不必要な対応を控えるなど身辺安全に最大限留意してほしい」 という案内文を領事コールセンターのホームページや携帯電話の文字メッセージなどで公示した。
   韓国外交部は靖国神社の爆発音事件が韓国人による犯行の可能性があるというマスコミの報道に言及して 「在日韓国大使館が事件の真偽を確認中で日本の右翼団体の特異動向を把握中」と明らかにした。
   これに先立ち11月23日,東京の靖国神社の敷地内にある公衆トイレで爆発音と共に焼けた物体が発見され,複数の日本メディアはCCTVに映った男性が韓国人だと報道した。’
と報道しています。
   示された理由は どうかと思いますが,韓国人が靖国神社に接近しないことには賛成です。
   「日本でテロ行為を慎むように・・・」という公示はないようです。

「【コラム】日本の過去の過ちを中国は踏襲するのか」  2015/12/7 中央日報・日本語版
  ‘・・・
   東アジア文明の「起点」との自負心が強い中国人は,近代に入って日本に追撃され,2回も侵略されたため,被害意識が強い。そのためか,日本と日本人の悪口を言う中国人をよく見る。
   ところが最近,国際法学界で日本人が中国の悪口をよく言うという声が聞こえる。日本の海洋専門家は 「日本軍国主義者が満州事変(1931年)に続いて太平洋戦争(1941年)を起こし,米国の海洋覇権に挑戦して滅びたが,中国が最近,排他的核心利益を前面に出して海洋崛起を叫びながら日本の過去の過ちを踏襲している」 という主張をするという。中国の浮上を深刻な安保脅威と考える日本の認識が反映された論理だ。・・・
   現在の中国を過去の日本軍国主義と同一視するこのような非難を聞けば,中国人は怒るだろう。平和共存と共栄を強調する「中国の道(China's Path)」に進んでいるのに,日本が中国の戦略的意図を悪意的に歪曲していると反論するのは明らかだ。
   しかし中国は言葉でなく行動を示してこそ,周辺国の共感と信頼を得ることができるのではないだろうか。そのような側面で今月中に予告された韓中海洋境界画定会談は韓国だけでなく中国にも機会となる可能性がある。
   排他的経済水域(EEZ)は沿岸国の海岸線から200海里(約370km)までだが,黄海は狭くて400海里にならないため,韓中両国が談判を通じて境界線を引かなければならない。中間線を引くのが最近まで国際社会で通用してきた慣例であり常識だが,中国はその間,大陸棚に基礎とする海岸線の長さや人口を勘案するべきだと固執してきた。このため86年以降,結論を出せなくなっている。
    ・・・ 今はもう韓中関係が本当に良いかどうか黄海で判断してみる時だ。中国が力を前面に出して韓国に対して我を張れば,中国が海洋覇権を追求すると非難する日本の論理に力を与える格好となる。中国が小利のため大利を失うことがないことを願う。’
と書いています。
   中国の無法行為に対する日本の非難を悪口とする感覚は異常です。
   中国が海洋覇権を追求することを非難するのは日本の論理ではなく,世界の論理です。
   この論理に韓国が加わってない,もしくは理解できないからと言って,「日本の論理」とするのは間違いです。
   黄海は,国際法に則った合理的解決に至るでしょうか?

「【コラム】たまに殴ってやりたい奴はいるが…=韓国」  2015/12/8 中央日報・日本語版
   ‘生きていれば,ただつかんで殴ってやりたい人がいる。ぐだぐだと言いながら怒らせておいて,ついに謝らない奴。弱点を掘り起こしてつつきながら法で問い詰めても一言も負けない奴…。
    しかし相手より力が弱かったらどうか。生半可にげんこつで殴られるのが常だ。暴力を行使する口実だけを与える。自分が力を育てても,法で対応するしかない。でなければ,ほかの力強い人の助けを受けなければならない。そうでなくても憎い奴にどうして大義名分まで与えるだろうか。
    韓国は日本に対する時に感情が先んじる。数えきれないほどやられながらも気分にしたがって動く。それで得たものが何だろうか。羽目をはずして名分も実利もすべて譲り渡すのではないのか。力を育てて越えることもできず,法的対応のための準備も足りない。それでもほかの力が強い人の助けを受ける外交的な布石と関係改善の努力もおろそかにしている。
   ・・・ 
    韓国は何を準備してきたのか。うっぷん晴らしではなく,遠い見識で描いた青写真があるのか。靖国神社のトイレに火をつけて何が変わるのか。政治家たちがもっとひどい。金泳三 元大統領は「悪い行儀を直す」といった。李明博 元大統領は天皇の謝罪を要求し,独島に直接行って外交問題を引き起こした。それで気が晴れたのか。国益に及ぼす影響を考えてみたのだろうか。
   ・・・ 韓国の周辺国はどうなのか。また北朝鮮住民はどうなのか。住民投票をしたら新しい軍部政権よりも南側政府を信じて期待するだろうか。何の準備もなしに,かんしゃくだけ起こし,ただで手に入れようと考えているならば,幻想だ。キム・ジングク中央日報論説委員 ’
とのことです。
   これが論説委員の書くコラムなので 韓国一般人の知的レベルが推し量れます。
   日本人を殴りたいことがあるようなので気をつけましょう。
   危険なほどの劣等感に溢れています。

理解できるレベルを超えています。

|

« 慰安婦問題合意に対するホワイト・ハウスの声明 | トップページ | ‘Best Countries for Business’by Forbes »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 慰安婦問題合意に対するホワイト・ハウスの声明 | トップページ | ‘Best Countries for Business’by Forbes »