« 手造り ‘Candle Dish Warmer’ | トップページ | ダイエット中に 「カツ丼」を食す。 »

2016年2月14日 (日)

見出しに見る「勘違い」(その158)

「韓国市民団体,釜山日本領事館前に慰安婦少女像の建立推進」  2016/1/21 中央日報・日本語版
   ‘釜山日本領事館前に平和の少女像を建設しようという動きが本格化している。
    1月20日,韓国メディア「東亜日報」などによると,韓国市民団体「未来世代が建てる平和の少女像推進委員会」は釜山日本領事館裏門で記者会見を行い,新しい少女像の建立を公式提案した。
    ・・・
   推進委員会は「韓日政府が交わした合意は日本の慰安婦強制連行を認めない屈辱的な交渉だった」とし,「日本大使館前の少女像を撤去しようとする試みに断固として反対し,正しい歴史をしっかり建てるという次元で少女像建立を推進する」と明らかにしたと同紙は伝えた。
’との報道です。
   韓国政府が日本に対して,ソウルの日本大使館前の慰安婦像を移転するよう努力すると約束している状況下で これでは法治国家と言えません。
   そもそも 領事館前(大使館前も同様)に私有地があるわけがなく,公道を民間が不法に占有し,ジュネーブ条約に違反するこの計画を放置する国とは?それとも国または地方自治体が認めている?

「韓国,日本・ドイツ抜いて3年連続 『革新指数』 1位だと?」  2016/1/21 朝鮮日報・日本語版
   韓国経済新聞からの転載です。
   ブルームバーグ通信が1月19日に発表した ‘Global Innovation Index’で,韓国が 3年連続で 1位になり,2位:ドイツ,3位:スェーデン,4位:日本となっていることを報道しています。
   見出しの 「・・・ だと?」 というのは 「韓国がドイツ,日本より上位なんて,まさか!ありえない。」 という意味でしょうか。「いくら1位好きでも そこまで自惚れてはないぞ。」と言いたいのでしょうか。
   確かに。

「神風戦闘機 『零戦』 71年ぶりに飛行」  2016/1/28 中央日報・日本語版
  ‘自爆攻撃特攻隊「神風」として悪名高かった第2次世界大戦当時の日本海軍の軽量戦闘機 「零戦」が71年ぶりに再び空を飛んだ。
    毎日新聞は1月27日,日本の海上自衛隊の鹿児島県鹿屋航空基地で零戦の試験飛行が実施されたと報道した。
    飛行した機体は1970年代にパプアニューギニアのジャングルで発見されたものだ。米国人の飛行機収集家が米国産のエンジンをつけて当時設計図どおりに復元後,保管していたのを日本人の事業家が再び買い入れた。
    2014年11月に「零戦里帰りプロジェクト」という名前で日本に戻ってきて,鹿屋基地で修復作業を終えた。この飛行機は2001年にハリウッド映画『パール・ハーバー』にも出てきた。
    ・・・ 三菱重工業が生産して1940年に実戦配備された零戦は優れた機動性を誇ったが,最悪の耐久性と脆弱な防護能力で悪名高かった。’
と書いています。
   日本に関して 良く言ったり,書いたりしてはいけないとの 韓国の教育があるのでしょうか。どの程度 零戦に関する知識があり,評価能力がある記者なのかわかりませんが,とにかく零戦は悪名高いようです。

あくまで韓国です。

|

« 手造り ‘Candle Dish Warmer’ | トップページ | ダイエット中に 「カツ丼」を食す。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手造り ‘Candle Dish Warmer’ | トップページ | ダイエット中に 「カツ丼」を食す。 »