« 6ヶ月 減量計画,5ヶ月の壁。 | トップページ | Jacket購入を止めたつもりだったけれど, ‘Shirt Jacket’をー »

2016年2月21日 (日)

見出しに見る「勘違い」(その159)

「<U-23サッカー>韓国監督 『日本に一度も負けたことない』」   2016/1/28 中央日報・日本語版
   ‘サッカー韓国オリンピック代表チームの申台龍 監督が韓日戦の勝利を確信した。
    韓国は1月30日にカタールで行われるリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU-23 アジア選手権の決勝で日本と対戦する。
    申監督は1月28日,代表チームの宿舎のホテルで韓国の記者団を相手に記者懇談会を開いた。この席で申監督は 「日本戦の覚悟は必要ない。絶対に勝つ。そのような精神で武装している。手段と方法を問わず勝つ」と述べ,勝利への意志を表した。
    ・・・
   当初,申監督は決勝に進出すれば選手が思う存分プレーできるようにすると公言した。しかし考えが変わった。相手が日本であるからだ。申監督は「決勝は選手が負担を感じない試合をしたかったが,韓日戦の特殊性のため多くのことを悩んでいる。競技内容も重要だが,結果を気をしないわけにはいかないのが韓日戦」と話した。
   ・・・ ’
との報道です。
   まともな監督なら 「正々堂々と戦って・・・」と言うところが 「手段と方法を問わず・・・ 」 となって,「韓日戦の特殊性のため・・・」です。
   どのような教育が行われているのか 自ずと分る発言です。

「大韓サッカー協会 『日本は韓国の優勝自販機』」  2016/1/30 朝鮮日報・日本語版
   ‘・・・
     またドーハだ。韓国と日本のサッカー五輪代表チームは1月30日夜11時45分(韓国時間),カタール・ドーハのアブドラ・ビン・カリファ・スタジアムで 2016アジア・サッカー連盟23歳以下選手権(AFC U-23)の決勝戦に臨む。両国とも決勝進出した時点で既にリオデジャネイロ五輪本戦出場を決めているが,韓日戦は負けられない勝負だ。大韓サッカー協会は今回の日本戦での応援スローガンを 「日本は韓国の優勝自販(JAPAN)機」に決めた(訳注:韓国語の自販〈=自動販売機、読み方はジャパン〉と英語で日本を意味するJAPANが同じ発音・表記になることをかけたもの)。
    ・・・ ’
との報道です。
   相手チームへの敬意の無さを,公式スポーツ団体が恥ずかしげもなく示し,それを メディアが無批判に報道しています。
   民族の愚かさ,下品さを露呈して憚らない国です。
   試合後の見出しは 「U-23アジア選手権で韓国準優勝 日本に逆転負け」(聯合ニュース/朝鮮日報)と素直です。

「消防車に進路を譲らなければ過怠金20万ウォン=韓国」  2016/1/30 中央日報・日本語版
   ‘119消防車両が緊急出動した時に進路を譲らない運転手に対する過怠金が車種に関係なく20万ウォン(約2万円)に大幅に上がる。これまでは乗用車5万ウォン,乗合自動車6万ウォンだった。証拠を確保するためにすべての消防車にブラックボックスも設置される。
    国民安全処は1月29日,こうした内容の消防力量強化総合対策を発表した。・・ ’
とのことです。
   「過怠金」とは 「義務を怠ったり,規約に違反した構成員に,組織が制裁として科する金銭罰。」と辞書にあります。国民は国という団体の構成員のようです。
   罰金5000円では 道を譲らないため罰金を 2万円に増額したのでしょう。
   救急車に対してはどうなのでしょう。これが消防力量強化総合対策の一部であることが驚きです。
   この国とは,外交に限らず,民間のあらゆる交渉においても,罰金を科さなければ緊急車両に道を譲らない,バスでさえ譲らないことがある国民性の国であることの充分な認識が必要です。
   遵法意識有無以前の問題です。
   日常的自己都合が,他人の命,財産に優先します。「譲る」ことが尊ばれない社会であることが恥になりません。

日本の常識は通用しません。

|

« 6ヶ月 減量計画,5ヶ月の壁。 | トップページ | Jacket購入を止めたつもりだったけれど, ‘Shirt Jacket’をー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6ヶ月 減量計画,5ヶ月の壁。 | トップページ | Jacket購入を止めたつもりだったけれど, ‘Shirt Jacket’をー »