« TVでの面白い発言(その15) | トップページ | 手造り ‘Candle Dish Warmer’ »

2016年2月13日 (土)

見出しに見る「勘違い」(その157)

「日本政府,韓国が正式に要請すれば通貨スワップ再び締結」  2015/1/14 中央日報・日本語版
   ‘日本政府が韓国政府の正式な要請があれば昨年2月に終了した韓日通貨スワップ協定を再び締結する方針を固めたと産経新聞が1月14日報道した。
   ・・・
   日本政府は,韓国政府が通貨スワップ協定の再開を要請すれば融通上限額などを協議する予定だ。その後国際会議などを機に開かれることになる韓日財務相会談や首脳会談で調印式を持つ案も検討している。
   ・・・
   韓国と日本は2001年に通貨スワップ協定を締結した。チェンマイ・イニシアチブ(CMI)協約のもと外国為替非常事態が発生する場合,韓国が100億ドル相当の韓国ウォンを預けて日本から米貨幣100億ドルを受けとる方式だ。反対に日本が通貨危機に処すれば韓国が100億ドルに該当する日本円を受けとった後に100億ドルを渡す。
   両国の通貨スワップ融通規模は2011年の欧州債務危機当時は700億ドルまで増えた。しかし2012年の李明博大統領の独島訪問以降,韓日関係が急激に冷え込みながら規模が縮小され,協定期間である昨年2月23日に韓国政府が延長申請をしなかったことから自動的に終了した。
   当時,韓国政府は両国の経済状況などを考慮すれば通貨スワップ協定を延長しなくても大きな問題はないと判断した。韓日関係の悪化にともなう自尊心の対決的な性格も濃厚だった。
   柳一鎬副首相兼企画財政部長官は1月11日,人事聴聞会で「日本との通貨スワップ再開など通貨スワップ拡大を考えてみるに値する」と明らかにした。
   ・・・  ’
とのことです。
   本来の通貨スワップは 互恵関係として調印すべきものですが,日本としては不要であるが韓国のために一肌脱ごうとしています。そのあたり,理解できているのでしょうね。
   1月15日の報道では,柳一鎬 副首相兼企画財政部長官は 「今すぐに韓日通貨スワップを推進しなければならない状況ではない。」,「日本が要請すれば反対する理由はない。」,「韓国が先に要請する段階ではない。」と強気で,李柱烈 韓国銀行総裁は 「今後,金融市場の展開状況に応じて,必要であれば検討する計画」となっています。
    「日本が要請すれば・・・ 」? 状況が分って言っているのか不思議です。

「外国人客数競争,韓国が日本に7年ぶり敗北」  2016/1/20 朝鮮日報・日本語版
   どうしても日本と競争したい,勝ちたい気持ちが隠せません。
   このような感性を持った国とまともな外交ができるか疑問です。
   教育のせいでしょうか。
   日本人としては 鬱陶しいだけです。

「安倍首相の『慰安婦妄言』に抗議しない韓国政府」  2016/1/20 中央日報・日本語版
   ‘安倍晋三首相が1月18日,議会でまた「慰安婦を強制連行した証拠はない」と述べたことに対し,韓国政府は「両国間の慰安婦被害問題解決のための合意履行が重要だ」という立場だけを繰り返し,直接批判を自制した。
    趙俊赫 外交部報道官は1月19日の定例記者会見で,安倍首相の発言に対する立場を尋ねられると,「日本軍慰安婦動員の強制性はいかなる場合にも否定できない歴史的事実であり真実」とし 「これは被害者の証言,連合国の文書などを通じて確認されている」とだけ答えた。
   論点は安倍首相の発言が昨年12月28日の慰安婦関連の両国合意に背くという問題に移った。「日本が合意破棄言動をしているが,具体的な対応策は何か」などの質問が続いた。
   しかし趙報道官は繰り返し 「いま重要なのは合意事項を履行できる雰囲気と環境をつくることだ。これを阻害する言動を控えることが重要だ」と述べ,回答を事実上避けた。 ・・・
   韓日外相は合意内容を発表しながら「日本側が措置を着実に履行するということを前提に慰安婦問題が最終的・不可逆的に解決したことを確認する」と述べた。
   ・・・
   旧日本軍が介入して慰安婦被害者を強制的に動員したという事実を安倍首相が否認したのは合意違反というのが専門家らの指摘だ。中央大社会学科のイ・ナヨン教授(日本軍慰安婦研究会推進委員)は「日本は少女像問題も何度も取り上げるなど合意以前と変わらない妄言を続けているが,政府の対応はあまりにも無気力だ」とし 「政府の消極的な対応のため裏面合意などの疑問が何度も出てくる」と指摘した。’
との報道です。
   日本軍の強制動員を日本政府が認めた合意ではありません。
   そもそも 合意違反と指摘する専門家とは,何の専門家ですか?

メディアが誤った方向に導いてはいけません。

| |

« TVでの面白い発言(その15) | トップページ | 手造り ‘Candle Dish Warmer’ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TVでの面白い発言(その15) | トップページ | 手造り ‘Candle Dish Warmer’ »