« 「大根」と「蒟蒻」を温めながらー | トップページ | スポーツ・シャツにも加工 »

2016年3月16日 (水)

見出しに見る「勘違い」(その165)

‘日本が独島領有権を放棄か 佐藤元首相の国会答弁’  2016/2/24 聯合ニュース・日本語版
   ‘日本政府が過去に韓日基本条約に関する国会答弁で,独島が韓国の領土であることを事実上認める発言をしていたことが確認された。韓国の独島学会が2月24日,佐藤栄作元首相の独島関連答弁に関する論文の内容を公表し,明らかにした。
   同学会によると,大邱大日本語日本学科のチェ・ジャングン教授は論文「日本の議会議事録から見る日本の独島挑発の虚構性」で,日本政府が韓日基本条約を締結する過程で韓国の独島領有権を認めていると主張した。
    ・・・ 
 また,独島を含めて一括した解決という話をたびたびしたものの,一括では解決できず,独島問題を先送りしたと発言している。佐藤首相は条約に付属した「紛争解決に関する交換公文書」は独島に対して規定したものであり,これを通じて今後、独島問題を解決していくと説明した。
 ・・・ 「韓日基本条約は韓国が独島を実効支配する状況で決定されたものであり,交換公文書にも独島問題を懸案として扱わないという韓国の立場が貫徹されている」とした上で,「日本がいくら独島を紛争地域と主張しても法理的解釈では独島領有権をあきらめたと見るべき」と説明した。・・・  ’
とのことです。
   大学教授にして この程度の認識なので呆れます。
   両国の合意の下に,日韓基本条約成立を,竹島の領土紛争解決に優先し,竹島問題を棚上げしたにも拘らず,合意を無視して,竹島をコンクリートで固め,ヘリポートを作り,警備隊を常駐させた韓国の蛮行に目を瞑って(忘れて)この認識では・・・ 。

「『目玉焼きのサービス』 めぐり押し問答,裁判沙汰に」  2016/2/25 朝鮮日報・日本語版
   ‘地方に住む主婦Kさん(47)姉妹は,子どもたちと一緒にソウルへ出掛け,昼食を取るため江南地区の地下街にある食堂を訪れた。Kさん姉妹はとんかつと豚肉の辛口炒めを、子どもたちはラーメンを注文した。食堂の入り口には 「目玉焼きをサービスします」という文言が書かれていた。
   ところが店主は「ラーメンには目玉焼きのサービスはない」と言い,人数よりも少ない量の目玉焼きを出した。Kさんは「そんなことはあり得ないのでは」と抗議した。店主があらためて拒否すると,Kさんは「食事代を払うわけにいかない」と言い,1時間近く粘った。店主の通報を受け出動した警察は,食堂の営業を妨害した容疑でKさんを送検した。検察はKさんを略式起訴し罰金刑を求めたが,Kさんは「潔白を証明する」として正式裁判を申請した。
   これに対し,ソウル中央地裁刑事21部は,「Kさんの声が大きかったため,ほかの客や食堂の店主が不快に感じたかもしれないが,Kさんが1時間近く食堂にとどまったのは,営業を妨害するのではなく,警察官が来るのを待って事情を説明するためだったと考えられる」として,Kさんに無罪を言い渡した。’
との報道です。
    笑うしかありませんが,大声に慣れている韓国で 「Kさんの声が大きかったため,ほかの客や食堂の店主が不快に感じたかもしれない。」とは ・・・。

「日帝強制占領時も豪州からヒツジ輸入し育てた」  2016/2/27 中央日報・日本語版
   ‘韓国映像資料院は2月25日,ソウル中区のプレスセンターで記者会見を行ってロシアとドイツで発掘・収集した7本の記録映像物を公開した。日帝強制占領時代の生活像や日帝の経済収奪政策を垣間見ることができる記録映像だ。
    ロシアから持ってきた映像は『北鮮のヒツジは語る』(1934)と,題名不詳の黄海道畜産共進会の映像(1924)。それぞれ35ミリプリントの複写本を入手した。日帝の宣伝記録映像の『北鮮のヒツジは語る』は,北朝鮮の雄基港経由で豪州産のヒツジを輸入して咸鏡道慶源の東拓牧場に輸送し,飼育する過程が入っていた。
   日本が主な輸出品だった綿・毛製品の反物生産のために朝鮮北部ではヒツジを飼育し,南部では綿花を栽培していた「南綿北洋政策」の断面を見せており資料的価値が高い。黄海道畜産共進会の映像には黄海道沙里院で畜産物を集めて品評している行事の場面が出てくる。
    ・・・ ’
との報道です。
   どこから 「日帝の経済収奪政策」が垣間見える? 「殖産興業政策」の間違いではないですか?
   貧しかった朝鮮半島に産業を起こそうとした日本に,感謝することはあっても非難するのは筋違いでしょう。

少しは ものの道理がわかる国にならないとー。

|

« 「大根」と「蒟蒻」を温めながらー | トップページ | スポーツ・シャツにも加工 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「大根」と「蒟蒻」を温めながらー | トップページ | スポーツ・シャツにも加工 »