« 「サラミのトルターノ」のサラミが・・・ | トップページ | 「大根」と「蒟蒻」を温めながらー »

2016年3月15日 (火)

見出しに見る「勘違い」(その164)

「【コラム】重力波の検出,資金があれば韓国の研究者でもできた」  2016/2/20 朝鮮日報・日本語版
   李永完 科学専門記者が書いています。そうでしょう。他の国でもそうでしょう。
   このように,科学上の発見・発展に対する敬意を,科学専門記者でさえ持たない国だから 「何故,我が国は ノーベル賞がとれないんだ。」と毎年 言わざるを得ないのも宜なるかな。

「【寄稿】慰安婦,旧日本軍の構造的犯罪」  2016/2/22 中央日報・日本語版
   日本から韓国に帰化した 保坂祐二世宗大教授の寄稿です。
   ‘慰安婦問題をめぐる韓日の合意から1ヶ月半ほど過ぎた。・・・ 日本政府は韓日合意に背く行動をした。「慰安婦強制動員を事実と認定するほどの証拠は発見されなかった」という趣旨の報告書を国際機関に提出したのだ。
   ・・・
  では,彼らが述べた「謝罪と責任」の真意は何か。・・・ 安倍政権が明らかにした「日本政府の責任」とは次の通りだろう。日本政府が軍を監督できなかった責任,日本政府が慰安婦を募集した業者を監督できなかった責任だ。しかし日本政府は監督責任を認めるといっても,当時の日本政府や旧日本軍が慰安婦を強制動員しろと命令した事実はなく,強制動員をしたとすれば業者がしたものだとして手を引く。
   ・・・
ここで看過してはならない事実は,旧日本軍は警察や政府が取り締まって責任を負える存在ではなかったという点だ。旧日本軍は日本政府でなく天皇直属だった。したがって日本政府に対して旧日本軍の責任を追及するのは難しい面がある。それだけではなく当時の日本帝国憲法は「天皇は臣民に対する責任がない」で規定して天皇を神格化したため,結局,旧日本軍に対して責任を負う人や機関が全く存在しなかった。すなわち当時の警察や日本政府は旧日本軍を取り締まれる位置になかった。こうした矛盾した構造が軍部の暴走に免罪符を与えた。
   満州事変や日中戦争が関東軍の暴走だったにもかかわらず,日本政府はそのような関東軍の暴走を抑制する権力自体を持たなかったのだ。結局,独裁機関だった旧日本軍が事実上取り締まりを受けずに犯した犯罪が慰安婦問題という観点が成立する。すなわち日本でナチスドイツに該当する存在は旧日本軍だ。今はもう韓国も資料に立脚した正確で体系的な慰安婦問題糾明と論理構築作業が絶対的に必要な時期になった。 ’
と書いています。
   日本は,日本軍を含めた日本に強制連行などの犯罪行為はなかった,その犯罪の証拠は存在しないとの立場です。
   犯罪とは それが行われた時に存在した法に触れる行為であり,卑しくも大学教授が他国の犯罪を糾弾するのなら 証拠を示す必要があることは当然です。
   今まで 何に基づいて非難していたのか不思議です。

「言葉だけで 『独島は韓国の領土』と叫ばず根拠を教えるべき」  2016/2/23 中央日報・日本語版
   ‘独島(日本名:竹島)が韓国の領土だということを知らせるために全財産を投じて博物館を建てた元教師がいる。江原道寧越のホヤ地理博物館のヤン・ジェリョン館長(69)だ。
    日本の島根県が定めた「竹島の日」(2月22日)を前に博物館を訪ねた記者に,ヤン館長は「独島が韓国の領土である明確な根拠が何か知っているか」と尋ねた。
    返事を明確にできないでいると彼は「韓国の人々の大部分は,独島が韓国の領土である根拠を尋ねてもまともに答えられない」として「なぜ韓国のものなのか明らかな根拠を持って教えることをおろそかにしているから」と語った。彼が独島関連の博物館を建てた理由でもある。
   ・・・
   彼が集めた独島関連の資料は100点余り。そのほか世界各国の地図300点余り,地理の書籍1000点余り,地球儀・岩石など3000点余りが博物館に展示されている。
   ・・・
   ヤン館長は「今年から日本の中学校に配布される歴史教科書8種すべてに 『竹島は日本の領土』 という表現が入る」として 「独島が日本の領土ではない理由を,地図・文書のような明確な根拠を基に教えるなどの独島教育を強化しなければならない」 と話した。’
とのことです。
    問題は 根拠となる資料が他国のものばかりであり,かつて韓国人(朝鮮人)が竹島の存在自体を知っていたことを示す自国の資料(史料)が存在しないことです。

声の大きさが理屈に勝る国であることが良く分ります。

|

« 「サラミのトルターノ」のサラミが・・・ | トップページ | 「大根」と「蒟蒻」を温めながらー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「サラミのトルターノ」のサラミが・・・ | トップページ | 「大根」と「蒟蒻」を温めながらー »