« 見出しに見る「勘違い」(その170) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その171) »

2016年4月19日 (火)

ワシントン・ポスト紙の社説,「オバマ大統領が広島を訪問すべき理由」

4月15日付け ‘The Washington Post’電子版が ‘Why Mr. Obama should visit Hiroshima’(オバマ大統領が広島を訪問すべき理由)の見出しで社説を掲載しました。

やや長文ですが転載します。(拙訳御免)

*************************************

IN THE years immediately after World War II, only a true optimist would have predicted that in the following seven decades nuclear weapons would never again be used on an enemy. Despite close calls and dangerous proliferation, the world has managed that feat. If President Obama chooses to become the first sitting U.S. president to visit Hiroshima, his goal should be to note that achievement — and lay out the work remaining to ensure another seven decades of nuclear peace.

第二次世界大戦の直後,よほどの楽天主義者でなければ その後の70年間,二度と核兵器が敵に対して使われることがないとは予想しなかった。
何度かの危機一髪や危険な拡散にも拘らず,その偉業は成し遂げられた。
もし,オバマ大統領が,広島を訪問する初めての現職米国大統領となることを選択するなら,彼のゴールは,その達成に言及することであり,次の70年の核の平和を保証するために残された仕事を提示することになる。

The bombings of Hiroshima on Aug. 6, 1945, and of Nagasaki three days later remain one of the most horrific chapters in the history of warfare, unleashing merciless blasts of heat and radiation. The atomic bombs brought an end to the war with Japan but also ushered in a nuclear age that left all in dread of another mushroom cloud.

1945年8月6日の広島爆撃と,その3日後の長崎爆撃は,容赦のない高熱の爆風と放射線を放ち,戦史の中でも 最も残酷な章の一つであり続ける。
原子爆弾は日本との戦争を終わらせたが,それは又,全てを次のきのこ雲の不安をもたらす核時代の先がけとなった。

Survivors of the attacks, and the Japanese people more broadly, resolved to turn the horror into a warning, and they have borne witness ever since to the uniquely barbaric nature of nuclear arms. It would be fitting for Mr. Obama to pay tribute to their dedication. He can do so without passing judgment on President Truman’s decision to use the bomb, and without interfering in Japan’s internal debate over the proper role for its non-nuclear military establishment in an increasingly dangerous region.

爆撃の生存者,および,より多くの日本人は 恐怖を警告とすることを決意し,それ以後,核兵器の比類のない野蛮な特性を証言してきた。彼らの献身に敬意を払うことが オバマ大統領にふさわしい。
トルーマン大統領の原爆使用の決定での一時的な判断なしに,更に,ますます危険となる地域における,非核軍事組織としての適切な役割に関する日本国内の議論に干渉することなしに,彼は そうすることができる。

After the Soviet Union obtained nuclear weapons, the era of mutually assured destruction — MAD — began. Deterrence worked during a long, tense Cold War, but not without many errors and false alarms, frighteningly overstocked arsenals, proliferation to other nations and the threat of nuclear materials falling into terrorists’ hands. Now it is past time to end some Cold War practices, such as keeping U.S. and Russian intercontinental ballistic missiles on alert, ready to launch in a matter of minutes. The United States is not carrying out nuclear explosive tests, but ratification of the Comprehensive Test Ban Treaty, rejected by the Senate in 1999, deserves another chance in light of advances in computer-powered simulations.

ソ連の核武装後,相互の保証付きの破壊-MAD-の時代が始まった。抑止力は、長く,緊張した冷戦の間,機能したが, 多くのエラー と虚報,驚くべき過剰備蓄,他国家への拡散,およびテロリストの手に落ちる核材料の脅威は存在した。今,いくつかの冷戦時の活動ーすなわち,米露の大陸間弾道弾の警戒,数分内での発射準備を保持することーはとっくに終わっている。
米国は核実験を実行していないが,1999年に上院により拒否された包括的核実験禁止条約の批准は,コンピュータ化されたミュレーションの進歩を考えると別の機会があってよい。

The reality is that nuclear weapons are not going away soon. They are woven into the fabric of the Atlantic alliance and the security umbrella the United States extends to allies Japan and South Korea. But at Hiroshima, Mr. Obama could examine the unfulfilled ambitions of his Prague speech in 2009, a nuclear agenda that brought him the Nobel Peace Prize, and describe how arsenals could be reduced. The agreement to head off Iran’s nuclear program needs to be monitored vigilantly — and matched with respect to North Korea’s rogue program. Russia and the United States possess the largest nuclear arsenals on the planet; verifiable, binding agreements to reduce their size should remain a goal. The Nunn-Lugar program showed it is possible, working together, to lock up stray nuclear materials. Even China, long secretive about its nuclear programs, has been showing new interest in cooperation on nuclear security.

現実的には,核兵器はすぐには撤廃できない。それらは大西洋の同盟と,同盟国の日本と韓国に拡がる安全保障の傘の布地に織り込まれている。しかし,広島で,オバマ大統領は,ノーベル平和賞をもたらした核の課題,2009年のプラハ・スピーチの実現されてない熱望を精査し,どのように兵器が減らされうるかを説明できるだろう。
イランの核プログラムの進行を阻む協定は,用心深く監視される必要があるし,北朝鮮の‘ならずもの’プログラムについても同様である。
ロシアと米国は,地球上で最も多くの核兵器を保有している;この量を減らす,証明可能で,拘束力のある合意が ゴールであり続けるべきである。ナン・ルーガー プログラムは,それが可能であり,散在する核原料を封印するためにいっしょに働くことを示した。
長い間 その核プログラムについて秘密主義であった中国でさえ,核の安全における協力に新しい関心を示している。

Mr. Obama might fear that critics will distort the meaning of a trip to Hiroshima. But his presence and his words would draw attention to the difficult challenges ahead. He also could counter the reckless remarks of Republican presidential candidate Donald Trump, who suggested that Japan and South Korea might consider starting their own nuclear weapons programs. Seven decades without a nuclear weapon being used in combat or terrorism is remarkable; it will take dedication to ensure this record continues.

オバマ大統領は,広島への旅行の意味を批評家が歪めることを恐れているかもしれないが,彼の存在および彼の言葉は,今後の困難な挑戦への注意を引き付けることになるだろう。
彼は 又,共和党の大統領候補,日本と韓国が彼ら自身の核武装プログラムを始めることを考慮することを提案するドナルド・トランプの無謀な意見にも対抗できる。
戦争もしくはテロに核兵器が使われなかったこの70年は注目すべきである;この記録が続くことを確実にすることは献辞に値する。

(転載了)
*************************************

韓国の新聞が 「オバマ大統領が広島を訪問することは,未だ謝罪してないアジアの加害国だという事実を覆い隠す,あるいは ‘日帝免罪符’を与えること。」と,筋違いの,レベルの低い理由で反対しているのと比べると,見識の高さが違います。

(注)‘Nunn-Lugar program’ :1991年に米国議会で成立した旧ソ連向け核兵器解体支援法。ロシア,ウクライナなどの核兵器を配備する国に補助金を振りわけ,兵器解体後の核物質保管用の貯蔵容器,輸送用車両などを供与する。核兵器安全・保安・解体計画とも呼ばれる。

| |

« 見出しに見る「勘違い」(その170) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その171) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その170) | トップページ | 見出しに見る「勘違い」(その171) »