« 見出しに見る「勘違い」(その169) | トップページ | 靴下は目立たせない。 »

2016年4月12日 (火)

あなたは国のために戦うか?

去年(2015年)1月,WIN/Gallup が 「自国のために戦うか」についてアンケート調査した結果を ‘WIN/Gallup International’s global survey shows three in five willing to fight for their country’のタイトルで発表していました。(WIN : Worldwide  Independent Network of Market Research) 「3/5 が国のために戦う」です。
さて,日本人は?

以下に転載します。(拙訳御免)

*************************************

A global survey from WIN/Gallup International, the world’s leading association in market research and polling shows that 61% of those polled across 64 countries would be willing to fight for their country, while 27% would not.

WIN/Gallup Internationalによる世界的な調査により,64ヶ国全体で 61% が国のために戦い,27% は戦わないという結果が
示された。

However, there are significant differences by region.  Willingness to fight is highest in the M.E.N.A. region (83%) while it is lowest in Western Europe (25%).
 

しかし,地域による明確な差があり,戦う意志は 西ヨーロッパが最も低い(25%)一方,M.E.N.A.(Mid East & North Africa,「ミーナ」)が最も高い(83%)。

Counry_listA history of those countries in recent conflict provides an interesting comparison.  The Japanese (11%) are the least likely of 64 countries polled to be willing to fight for their country.  Results from Germany are very similar – 13% willing to fight.  By comparison these numbers more than double in the UK (27%) and France (29%).

最近の戦争による各国の歴史の影響は,興味深い対照を示す。
日本人は,64ヶ国の中で,自分の国のために戦うと表明した割合が最も小さく 11% しかない。 ドイツの結果も極めて似かよっていて,戦う意志を持つ人は 13% である。 この2国に比べ,イギリス(27%)とフランス(29%)は2倍以上を示している。

 

A majority (52%) of women surveyed across the globe said they would be willing to fight (vs. 67%) among men. Those aged 18-34 years (66%) are the most willing.  Of the variety of religious denominations covered in the survey we see those Muslims (78%) are most willing to fight for their country.

全世界で調査した 過半数(52%)の女性は,男性(67%)と共に 国のために戦う意志を示している。戦う意志は 18歳~34歳の年代が最も多く 66% である。 宗教による違いも調査されており,イスラム教徒が国のために戦う人が最も多い(78%)ことが分った。

Jean-Marc Leger, President of WIN/Gallup International Association, said: “One hundred years on from the start of the First Great War we find that 61% of the world’s citizens are willing to fight for their country.   However, the true story is in the regional comparison and in a time of such turmoil in the Middle East it is noticeable that willingness to fight is highest in the MENA region.

ジーン=マーク・レジェ〈WIN/ギャラップ国際協会の会長〉は次のように話している:第一次世界大戦の勃発から100年経って,世界の市民の 61%が,自国のために戦う意志があることが示された。 しかし,重要なのは地域による違いであり,今日の中東の混乱の時代故か,MENA地域に,戦う意志が最も強いことが目立っている。

Methodology: 

方法:

The WIN/Gallup International Survey is an annual tradition initiated by and designed under the chairmanship of Dr. George Gallup in 1977. It is conducted every year since then. This year it was carried out by the WIN/Gallup International Association in 64 countries around the world.

WIN/ギャラップ国際調査は,1977年に,ジョージ・ギャラップ博士議長の下に開始され,計画された毎年恒例のものである。それ以来毎年実施されている。今年は,世界 64ヶ国でWIN/ギャラップ国際協会により実行された。

Sample Size and Mode of Field Work:

サンプル・サイズ および 形態:

A total of 62,398 persons were interviewed globally. In each country a representative sample of around 1000 men and women was interviewed either face to face (30 countries; n=32258), via telephone (12 countries; n=9784) or online (22 countries; n=20356). The field work was conducted during September 2014 - December 2014. The margin of error for the survey is between 2.14 and 4.45 +3-5% at 95% confidence level.

世界で,合計 62,398人,個々の国で,約1,000人の男女の代表サンプルにインタビューした。(面接:30ヶ国,32,258人, 電話による聴き取り:12ヶ国,9,784人,Online:22ヶ国,20,356人)
調査は 2014年9月から 2014年12月に実施された。調査のエラー・マージンは,信頼度 95%で 2.14~4.45 +3 -5%である。

The global average has been computed according to the share of the covered adult population of the surveyed countries.

世界平均は,調査国の成人人口により加重平均している。

(中略)

国のために戦う人の割合

Photo_2

(転載了)
*************************************

日本の 「国のために戦う : 11%」 の低さが際立っており,驚きました。
「国のために戦う」ことと 「好戦的」であることに,直接の関係はありません。
「国のために戦う」意志を持つ人が少ないことは平和的であることと同義ではありません。

願わくは,近隣諸国がこの結果を見てないことをー。

安保改正法が必要な理由が分ります。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その169) | トップページ | 靴下は目立たせない。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その169) | トップページ | 靴下は目立たせない。 »