« 昼食を心配しなくていい。 | トップページ | カラー(海芋)が盛り。 »

2016年4月24日 (日)

「国連特別報告者」による 日本の報道自由度は?

「報道の自由」を調査するため,4月12日に来日し,外務省,文部科学省,総務省のほか,非政府組織(NGO)関係者や報道関係者に会って情報収集した,国連人権理事会が「表現の自由」の特別報告者に任命したデービッド・ケイ氏が,4月19日,日本外国特派員協会での会見で 「学校教科書から慰安婦問題の記述が削除された」と指摘し,「政治的な意図が反映されていると感じた」などと述べたそうです。
現在も,慰安婦問題において,国による強制連行の根拠としてしばしば引用されながら,その内容の正確さに疑問があるとされる 「クマラスワミ報告書」を書いたクマラスワミ氏もケイ氏と同じ特別報告者でした。

本件に関し,4月19日付け Bloomberg’電子版は UN Free Speech Expert Sees “Worrying Trends” for Japan Media’(国連 表現の自由特別報告者は 日本のメディアに対し,「憂慮すべき傾向」を目撃)の見出しで 次のように伝えています。

全文転載します。(拙訳御免)

*************************************

UN rights expert visits to assess freedom of expression

国連人権専門家が,「表現の自由」評価のために訪日。

Country faces ‘serious threats’to independence of media

日本は メディアの独立に対する 『重大な脅威』に直面。
(管理者注:ここまでは サブタイトル)

Media companies in Japan are under attack from politicians seeking to silence them, United Nations Special Rapporteur David Kaye said. 

日本の報道機関は,彼らを黙らせようとする政治家からの攻撃に曝されていると,国連特別報告者 デービッド・ケイ氏は語った。

While Kaye praised Japan’s commitment to freedom of expression and opinion as reflected in the nation’s constitution, he expressed concern about ‘worrying trends’ undermining media independence.

ケイ氏は,日本の憲法に反映されている,表現と思想の自由への日本の義務を賞賛する一方,報道の独立を蝕む 『憂慮すべき傾向』 についての懸念を表明した。

“Independence of the press is facing serious threats,” Kaye said at a press briefing in Tokyo Tuesday. Kaye, in town after the government invited him to meet with officials, journalists and others, said there was evidence that ‘government exploitation’ of divisions within the media had worsened the outlook for press freedom.

「報道の独立は重大な脅威に直面している」と,ケイ氏は火曜日の東京での記者会見で述べた。ケイ氏は,政府が要請した公務員,ジャーナリスト,その他の人々との面談後,メディア内部門の government exploitation’(政府宣伝?)が報道の自由の前途を悪化させている証拠であると言った。

Kaye was originally invited by the state to visit last December. That trip was postponed after Japanese authorities weren’t able to coordinate meetings with relevant officials in time.

ケイ氏は,元々,去年の12月に日本政府に招待されていたが,日本当局による関係公務員との面談の調整が間に合わなかったため延期されていた。

“Many journalists who came to me and my team asked for anonymity in our discussions,” said Kaye. “Many claimed to have been sidelined or silenced following indirect pressure from leading politicians.”

「私および私のチームに会った多くのジャーナリストは,議論において匿名を要求した。」と,ケイ氏は語った。「多くは,主要な政治家からの間接的な圧力の後,職を外されたり 黙らされたりしたと主張した。」

The UN human rights expert’s assessment comes amid claims by some that the government has put pressure on media companies that criticize the state. Internal Affairs and Communications Minister Sanae Takaichi told a parliamentary committee in February that the government could order broadcasters to suspend operations if they ignored official warnings to ensure political neutrality. Kaye requested a meeting with Takaichi during his trip but was told her schedule was too busy to accommodate him.

国連人権員会エキスパートの評価は,政府が,政府を批判する報道機関に圧力をかけるという主張が中心になっている。高市早苗総務大臣は,2月に,国会の委員会で,もし政治的な中立を保証するための公式な警告を無視するならば,政府が,放送局に放送を中止するように命じることができると述べた。ケイ氏は訪日中に高市大臣との会合を申し込んだが,彼女は多忙のため,応じることができなかった。

The country has seen a number of veteran TV news anchors and commentators leave their programs after covering topics such as a controversial security bill that passed into law last September. Prior to their departures, Japan’s ruling party leadership criticized these programs and called for “fair and neutral programs.”

日本では,去年の9月,立法化して 議論を呼んだ安保法案などのカバーリング・トピックの後,多くのベテランのテレビニュース・アンカーとコメンテーターが,それらの番組を去った。
彼らが辞める前,日本の与党首脳は これらの番組を批判し,「公正かつ中立な放送」を要求した。

“I, too, do feel that there is a growing atmosphere that I cannot comment freely on the news program these days compared with the past,” anchor Ichiro Furutachi, who led TV Asahi’s popular “Hodo Station” program for 12 years, said in his last appearance on Mar. 31, Asahi says.

「私も,最近は かつてと比べると,ニュース番組において 自由に批判できない雰囲気がしだいに強まってきたように思う。」と,12年間,テレビ朝日の人気番組 「報道ステーション」を引っ張ってきた アンカー 古舘伊知郎は,3月31日,最後の出演で述べた。

Japan ranked 61 out of 180 nations in the 2015 World Press Freedom Index, preceded by South Korea and followed by countries including Guyana and the Dominican Republic.

日本は,2015年の 世界 報道の自由インデックスで,180ヶ国中 61位にランク付けされ(管理者注:2016年は 72位/180ヶ国で更に順位を下げた),韓国の次,その後にガイアナとドミニカ共和国を含む国などが続いた。

(転載了)
*************************************

厳しい評価です。

「報道の自由」に対する評価(世界における相対的評価)に関しては,上記転載文中の ‘Reporters Without Borders(RSF)’による‘World Press Freedom Index’だけでなく,他の組織ー例えば,‘Freedom House’による ‘Freedom of the Press’もあるので 追って 比較,紹介しましょう。

国連人権理事会に関係する組織,報告者による最近の日本に関する報告のDataの正確さや 公正/中立さには 疑問があるので 鵜呑みにできないところもあります。

| |

« 昼食を心配しなくていい。 | トップページ | カラー(海芋)が盛り。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昼食を心配しなくていい。 | トップページ | カラー(海芋)が盛り。 »