« 50年以上前の 蜷川幸雄さんの記憶 | トップページ | 市川沙耶さんへの評判は厳しいが・・・ »

2016年5月14日 (土)

体重減と 「コレステロール LH比」

去年の夏の血液検査結果,中性脂肪が 基準値Max.150mg/dL を超えていたので 以降 減量を心掛け,8ヶ月経過時点で,ほぼ ‘ー9kg’ を達成しました。

そして,最近実施した血液検査結果は 体重減の好影響を反映し,全ての項目で基準値内に収まりました。
特に 気にしていた 「中性脂肪」 と 「コレステロール」はー

・中性脂肪 : ほぼ 100mg/dL 減った結果 100mg/dL 以下

・コレステロール :総コレステロールは 200mg/dL 以下(基準値≦220mg/dL
                         かつては 「総コレステロール」のみで判断していましたが,
                         最近は HDLコレステロール と LDLコレステロール の各値を評価し,
                         特に LH比(LDLコレステロール/HDLコレステロール)が重要とされています。
                         今回の LH比 = 1.46
                         去年の夏は 2.04,初めて 1.5 以下になりました。
                         過去 18年間の最小値は 1.72,最大値は 3.96
                         平均的には 3.0 に近い2.5以上だったことを思うと格段の改善です。

                因みに,一般的にはー
                          LH比 ≦ 2.0 :基準値
                          LH比 > 2.0動脈硬化のリスク増大
                          LH比 ≧ 2.5 :心筋梗塞などのリスクが急増

                別の資料では 血管内の状態を次のように示しています。
                          LH比 ≦ 1.5 :きれいで健康な状態
                          LH比 ≧ 2.0 :コレステロールの蓄積があり動脈硬化の疑い
                          LH比 ≧ 2.5 :血栓ができている可能性あり
                                             心筋梗塞のリスクあり

減量と,減量のための 摂取食品の選別が有効だったと思われます。
しかし,過去存在したと思われる動脈硬化リスク あるいは 心筋梗塞リスクが ‘ご破算’になったのかどうかは わかりません。

|

« 50年以上前の 蜷川幸雄さんの記憶 | トップページ | 市川沙耶さんへの評判は厳しいが・・・ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 50年以上前の 蜷川幸雄さんの記憶 | トップページ | 市川沙耶さんへの評判は厳しいが・・・ »